今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

結局のところ

投稿日:

 「結局のところ、人生ってさぁ・・・」とか、

 「簡単にいうと、仕事ってものは・・・」と、あるところでまとめようとしちゃうところがある。

 自分もそんなところがあった。ある時点でひとつの心配事が解決した時にその総括として、「結局今回のことは自分にとって〇〇だったんだな」と。その各論ひとつのことで総論を予想して語ってしまう。これは今までの経験上、そこで結論付けてしまったことで後に起こる事象に対してかなり偏った思い込みを植えつけてしまう危険性をはらんでいる。

 前回の失敗や成功が、次の時も同様な条件で起こる確率なんてゼロに等しいからだ。似たようなことは起こるだろうが、ほぼ同じ条件なんてことはあり得ない。

 これは株をやっていて学んだことであるが、「絶対に勝つという法則はないが、負けを管理することはできる。」ということだ。勝てる可能性が高いというのがわかってくると、「自分はほぼ負けなくなった」と過信して9割勝っていたのに残りの1割で大きく損失を出して結果的に収支がマイナスになったということが必ず起こる。

 その大きな損失さえなければコンスタントに収益が得られるのに。大きく勝つことに拘らず、大きく負けないことだけ拘るようになると収支はプラスになっていく。

 自分である程度のところで結論づけをしてしまうと、その先の進展がなくなる。

 「人の死についてはもう語り尽くされたところがあるからね」なんてしたり顔でうっかり言ってしまうとそのあとで大きく後悔することになるだろう。

 何もかも酸いも甘いも経験した人が、「自分なんてまだまだ何もわかっていない子供みたいなもんだ」という方が説得力がある。

 「絶対」というものも、「確実」とか「永遠」なんてものもただの幻想なのだ。



-ひとりごと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

イライラしていたのは

  都合の良い台本を書いては、その通りにいかないとイラつく脚本家みたいなもんなのかな?  なんとなく現在わかる諸条件で行けば、きっとこんな感じになるかもね。  でも、結果はいつも違う形になる。  それ …

踏んでしまいそうに

 日常あえて殺生をすることはないのだが、  害虫に関しては別。 蚊やGなど自分や家族に害を及ぼすものには容赦はしない。    山を歩いている時に、足元を見ながら歩くと、様々な生き物を踏みそうになる。出 …

テレビ

 地上波を見るのは、定時のニュースと天気予報。NHK朝ドラと大河ドラマ。NHK「サラメシ」「うたコン」「のど自慢」。  それくらいになった。  だからテレビのリモコンは、「電源」ボタンしか使わない。 …

グラデーション

 グラデーションの中の、今の自分の立ち位置はどこなんだろう?  その位置をあえて決めなくても良いのだが、  人と会話していると、相手に比べて自分はもう少し右とか前とか思ったりする。  3人集まれば、他 …

小さな指のスマホ

 まだ会話もできない1歳数ヶ月の幼児。  大人のスマホを取り上げては画面に指を這わせて遊んでいる。  1歳頃までは、ただトントンと言う風に軽く叩くだけだったのが、 近頃は、「指先を画面にトンと置いてか …