今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

結局のところ

投稿日:

 「結局のところ、人生ってさぁ・・・」とか、

 「簡単にいうと、仕事ってものは・・・」と、あるところでまとめようとしちゃうところがある。

 自分もそんなところがあった。ある時点でひとつの心配事が解決した時にその総括として、「結局今回のことは自分にとって〇〇だったんだな」と。その各論ひとつのことで総論を予想して語ってしまう。これは今までの経験上、そこで結論付けてしまったことで後に起こる事象に対してかなり偏った思い込みを植えつけてしまう危険性をはらんでいる。

 前回の失敗や成功が、次の時も同様な条件で起こる確率なんてゼロに等しいからだ。似たようなことは起こるだろうが、ほぼ同じ条件なんてことはあり得ない。

 これは株をやっていて学んだことであるが、「絶対に勝つという法則はないが、負けを管理することはできる。」ということだ。勝てる可能性が高いというのがわかってくると、「自分はほぼ負けなくなった」と過信して9割勝っていたのに残りの1割で大きく損失を出して結果的に収支がマイナスになったということが必ず起こる。

 その大きな損失さえなければコンスタントに収益が得られるのに。大きく勝つことに拘らず、大きく負けないことだけ拘るようになると収支はプラスになっていく。

 自分である程度のところで結論づけをしてしまうと、その先の進展がなくなる。

 「人の死についてはもう語り尽くされたところがあるからね」なんてしたり顔でうっかり言ってしまうとそのあとで大きく後悔することになるだろう。

 何もかも酸いも甘いも経験した人が、「自分なんてまだまだ何もわかっていない子供みたいなもんだ」という方が説得力がある。

 「絶対」というものも、「確実」とか「永遠」なんてものもただの幻想なのだ。



-ひとりごと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

出来ていたことが出来なくなること

 「寝返りしました」  「ハイハイができるようになりました」  「今日は積み木を積むことができるようになりました。」  毎日のように出来ることが増えていく時は素晴らしいことだ。  子供が生まれてから、 …

方眼紙で遊ぶ2

 今度の正三角形は、ちゃんとコンパスを使って描いてみた。  今回は正三角形が2つ。  それぞれの正三角形の内側に2つの正三角形を描く。  前に見せる部分と、後ろに隠す部分と考えながら、消しゴムで線を消 …

似ているところと似ていないところと

 子供たちもみんな成人して、それぞれが自分の仕事に悩みながらもどうにかこうにかやっている。  卒業してすぐに働き出しそのまま働き続けている子もいれば、すでに何度か転職している子もいる。色々だ。  それ …

コンパスがガタついてきた

 さすがに経年劣化なのか、久しぶりに酷使したせいか、コンパスがカタカタと動いてしまってしっかりとした円が描けなくなってしまった。二重線になってしまう。  よくよく調べてみると、  おそらく下の写真の赤 …

「横断歩道」と「止まれ」

 横断歩道の縦線っていつから無くなったのだろう?確か昔は縦線があったと思うのだけど。  横断歩道のイラストって、ハシゴみたいに描くこともあるが、今では道路をみてもそんな横断歩道は見当たらない。  ↑こ …