今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

結局のところ

投稿日:

 「結局のところ、人生ってさぁ・・・」とか、

 「簡単にいうと、仕事ってものは・・・」と、あるところでまとめようとしちゃうところがある。

 自分もそんなところがあった。ある時点でひとつの心配事が解決した時にその総括として、「結局今回のことは自分にとって〇〇だったんだな」と。その各論ひとつのことで総論を予想して語ってしまう。これは今までの経験上、そこで結論付けてしまったことで後に起こる事象に対してかなり偏った思い込みを植えつけてしまう危険性をはらんでいる。

 前回の失敗や成功が、次の時も同様な条件で起こる確率なんてゼロに等しいからだ。似たようなことは起こるだろうが、ほぼ同じ条件なんてことはあり得ない。

 これは株をやっていて学んだことであるが、「絶対に勝つという法則はないが、負けを管理することはできる。」ということだ。勝てる可能性が高いというのがわかってくると、「自分はほぼ負けなくなった」と過信して9割勝っていたのに残りの1割で大きく損失を出して結果的に収支がマイナスになったということが必ず起こる。

 その大きな損失さえなければコンスタントに収益が得られるのに。大きく勝つことに拘らず、大きく負けないことだけ拘るようになると収支はプラスになっていく。

 自分である程度のところで結論づけをしてしまうと、その先の進展がなくなる。

 「人の死についてはもう語り尽くされたところがあるからね」なんてしたり顔でうっかり言ってしまうとそのあとで大きく後悔することになるだろう。

 何もかも酸いも甘いも経験した人が、「自分なんてまだまだ何もわかっていない子供みたいなもんだ」という方が説得力がある。

 「絶対」というものも、「確実」とか「永遠」なんてものもただの幻想なのだ。



-ひとりごと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分が自分である証明

「私は日本人です!」  と、 ここ日本であっても証明するのは意外と難しい。   外国でパスポートを持っていれば簡単かもしれないが、日本にいて自分が日本人であることを証明するのは難しい。  何が必要かと …

美術展

 同じ日本に住んでいて、  東京・大阪・京都では、頻繁にこのような大規模な美術展が開催されて、  気軽に名画の本物に観ることが出来るというのはズルいと思っていた。  以前住んでいた場所でこの美術展を観 …

キライがある

 こうやって文字に書くとちょっと意味がわからないところもあるが、  「考えすぎる嫌いがある」  と書けば「あぁ」って思うかもしれない。  「それってそう書くの?」って思った。  どちらかと言うと好まし …

とんかつ屋にて

 「え? なんて? そうそう、そうなんよ。あれには参ったわ。」  妻とトンカツ屋に入って、隣の席から聞こえて来る少し大きめの声。  「それでな、そいつのかあちゃんはまだ出てこうへんねん。おかしいやろ? …

もう一つの世界で

 山を歩いてみたいと思っても、  最初はどこから入るのかさえ、全くわからなかった。  でも、見えている近くの山でいいから歩いてみたいなって思っていたら、  不思議なことに、「一緒に歩きませんか?」と言 …