今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

結局のところ

投稿日:

 「結局のところ、人生ってさぁ・・・」とか、

 「簡単にいうと、仕事ってものは・・・」と、あるところでまとめようとしちゃうところがある。

 自分もそんなところがあった。ある時点でひとつの心配事が解決した時にその総括として、「結局今回のことは自分にとって〇〇だったんだな」と。その各論ひとつのことで総論を予想して語ってしまう。これは今までの経験上、そこで結論付けてしまったことで後に起こる事象に対してかなり偏った思い込みを植えつけてしまう危険性をはらんでいる。

 前回の失敗や成功が、次の時も同様な条件で起こる確率なんてゼロに等しいからだ。似たようなことは起こるだろうが、ほぼ同じ条件なんてことはあり得ない。

 これは株をやっていて学んだことであるが、「絶対に勝つという法則はないが、負けを管理することはできる。」ということだ。勝てる可能性が高いというのがわかってくると、「自分はほぼ負けなくなった」と過信して9割勝っていたのに残りの1割で大きく損失を出して結果的に収支がマイナスになったということが必ず起こる。

 その大きな損失さえなければコンスタントに収益が得られるのに。大きく勝つことに拘らず、大きく負けないことだけ拘るようになると収支はプラスになっていく。

 自分である程度のところで結論づけをしてしまうと、その先の進展がなくなる。

 「人の死についてはもう語り尽くされたところがあるからね」なんてしたり顔でうっかり言ってしまうとそのあとで大きく後悔することになるだろう。

 何もかも酸いも甘いも経験した人が、「自分なんてまだまだ何もわかっていない子供みたいなもんだ」という方が説得力がある。

 「絶対」というものも、「確実」とか「永遠」なんてものもただの幻想なのだ。



-ひとりごと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

黄砂と空気清浄機

 中国の西に広がる、ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠から、  遠路遥々、偏西風に乗ってやってきた黄砂は、  令和3年3月29日の午後から西の空にやってきた。  その日の日中はさほど感じなかったが、夕方の西の …

臆病と鬱

 気が小さいとか、ビビリだとか、小心者、臆病って自分でそう思っている。これは生まれ持った性格と、今までの体験の積み重ねだとかいろいろと考えてみたりする。  いつも吐き気がするくらい悩んで考えているつも …

クシャクシャ!ポイ!

 毎日毎日こうやってブログを書いていて、楽しくてどんどん文章が出てくる時もあれば、まったくかけない時もある。  仕事じゃないし、何も責任もないし、気分が乗らないからと書かなくてもいいわけで、何がこうや …

楽しいことを見つける

 自分は何をしている時が楽しいのか。  ギターを弾いている時、  ピアノの鍵盤を叩いている時、  適当なイラストを描いている時、  好きな音楽を流しながら文章を書いている時、  湖岸を走っている時、 …

お墓

 まだ夫婦で結論が出ない。  自分たちのお墓をどうするかだ。夫婦ともに「お墓は要らない」って思っている。死んで骨になったらそれをどうするか。自分としては「どこでも処分してくれたらいい」と思っているが、 …