今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

絵画

投稿日:

 絵は好きでよく展覧会などに観に行く。

 著名な画家さんの作品はもちろんのこと、子供の絵も素晴らしいのでよく観させてもらう。

 娘が芸大に通っていたこともあり、学生さんの絵も大好きだ。

 上手い下手というよりも、上手く言えないが「心地いい」か「何も感じない」か「不快か」。「感心する」か「何も感じない」か「どうでもいいか」。

 街を歩く人を見ていても、目を引く人、背景に溶け込んでしまっている人、まったく存在を気がつかない人がいるが、それと似ているかもしれない。

 ひとつの展覧会に行っても、何も感動する絵がなかったということも多いし、一つ二つ「おぉ!」というのがあったり、すべて自分には合わないというのこともある。

 元気になって会場から出てくる時もあれば、ドッと疲れてしまうこともある。

 何ヶ月、何年もかけて描き上げた大作でも、「ふ〜ん」で終わっちゃう時もあれば、サラサラって描いたようなラフなデッサンでもドキュンとハートを掴まれてしまう作品もある。

 写真の変な絵は、ニョロニョロって描いたガネーシャ。なんだか自分で描いて気に入ったので額に入れてみた。自分でもよくわからないがちょっと気に入っていて部屋に飾っている。

 その時その時で、ピンと来た絵や写真を額に入れては部屋に飾っている。しばらくすると「今はこれじゃないな」ってまた違う絵に取り替えたりする。

 そんな具合に、心模様と共に、着る服、身に付けるもの、スマホのケースもキーホルダーも、靴下の色も、帽子も、色々と変えてみる。

 自分はいつも同じじゃない。



-ライフシフト, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「子供が死んでも舞台に立つ覚悟」

 昨日と今日の朝ドラ「エール」で、そんなセリフが出てきた。  俳優さんやテレビや舞台に出ておられる方で言われているイメージがある  「親の葬儀に参列せずに舞台に立ちました、舞台に穴はあけられませんから …

神はいるのか?

 いつも行く低山の谷を下っていた  左側には10mの渓谷  道幅1.5mほど  左手に持つストックがなぜか空振りして 「あっ!」と思った瞬間に体が左に斜め前方に受け身を取るような格好で1回転して  気 …

還暦前オヤジのためのNintendoSwitch

 私がNintendo Switchを購入したのも、このゲームのためと言い切ってもいい。  このゲームだけあればいいって言うくらい大好きなゲーム。  ノーマルでやって、追加コンテンツもやって、強敵モー …

昔よくやったゲームで

 学生時代にやり込んだゲームのひとつに「ドンキーコングJr.」がある  もう全ステージを目をつぶってもできるのではないか?というほどやり込んだ。  今から38年?ほど前のゲームだ。  38年と書いて、 …

人の体っていうのは

 人間の体っていうのは、お母さんのお腹の中にいる時は、体重の90%が水分らしい。子供ではおよそ70%、大人でもおよそ60%。  60兆個の細胞で出来ている。  その細胞は分子で出来ており、  連絡網で …