今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ライフシフト 生活

絵画

投稿日:

 絵は好きでよく展覧会などに観に行く。

 著名な画家さんの作品はもちろんのこと、子供の絵も素晴らしいのでよく観させてもらう。

 娘が芸大に通っていたこともあり、学生さんの絵も大好きだ。

 上手い下手というよりも、上手く言えないが「心地いい」か「何も感じない」か「不快か」。「感心する」か「何も感じない」か「どうでもいいか」。

 街を歩く人を見ていても、目を引く人、背景に溶け込んでしまっている人、まったく存在を気がつかない人がいるが、それと似ているかもしれない。

 ひとつの展覧会に行っても、何も感動する絵がなかったということも多いし、一つ二つ「おぉ!」というのがあったり、すべて自分には合わないというのこともある。

 元気になって会場から出てくる時もあれば、ドッと疲れてしまうこともある。

 何ヶ月、何年もかけて描き上げた大作でも、「ふ〜ん」で終わっちゃう時もあれば、サラサラって描いたようなラフなデッサンでもドキュンとハートを掴まれてしまう作品もある。

 写真の変な絵は、ニョロニョロって描いたガネーシャ。なんだか自分で描いて気に入ったので額に入れてみた。自分でもよくわからないがちょっと気に入っていて部屋に飾っている。

 その時その時で、ピンと来た絵や写真を額に入れては部屋に飾っている。しばらくすると「今はこれじゃないな」ってまた違う絵に取り替えたりする。

 そんな具合に、心模様と共に、着る服、身に付けるもの、スマホのケースもキーホルダーも、靴下の色も、帽子も、色々と変えてみる。

 自分はいつも同じじゃない。



-ライフシフト, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

 50代男性にとっての涙とは

いつからこんなに涙もろくなったのだろう?  そう感じた同輩は多いと思う。50歳を過ぎた頃からだろうか?  映画を観ては泣き、本を読んでは泣き、懐メロを聴いては泣き、それを思い出しては泣き、NHKのど自 …

結局いつものところにたどり着く

 岡目八目という言葉がある。囲碁の用語だ。  当事者よりも第三者が客観的に見た方が、全体の情勢や利害得失なのがよく見えて判断がし易いと言うこと。  感情論抜きに情勢が見えるのが素晴らしい。  どうして …

日焼けした濃紺ジャケットをダイロンで黒染めしてみました

 日焼けして肩のあたりが白っぽくなってしまったお気に入りのジャケット。着心地もいいし、デザインも好き、破けもないので捨てるのももったない。それでは染めてみてはどうかと思いました。 肩のあたりが日焼けで …

うちの嫁

どうも近頃テレビを見ていても、 いや、関西で暮らし始めてから特に感じるのが、 「うちの嫁」という言い方。 特にお笑い芸人さんが自分の配偶者を呼ぶ時にはほぼ「うちの嫁が」って言う。  「嫁」は、自分の& …

花は咲かせられたかい?

この時代のどこか片隅にでもいい 居場所を見つけられることができたら それだけであなたの人生は 成功である そんなに長いこと居座る必要もない 用がなくなりゃ次の場所へ移ればいい 花を咲かせることにこだわ …