今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

繰り返し観てしまう映画

投稿日:

「繰り返し観てしまう映画」

 みんなどんな映画を選ぶのだろう?と、ググってみると、意外と自分の選んだ映画は思ったほど多くなかった。

 確かにそれらの映画は名作が揃っていて、「なるほど、そうなのねぇ」と納得する。

 どちらかというと洋画が多いだろうか?いや、断然洋画が多い。

 私の選んだのはすべて日本映画。

 多くの人と重なったのは、次の2本。

「南極料理人」と「アヒルと鴨のコインロッカー」。この2本はマストで、納得の2本。

これも入っていたかな?

「かもめ食堂」。3本のうち2本が料理モノ。

 同じ小林聡美の「パンとスープとネコ日和」もドラマだがよく観る。

まったく候補に入っていなかったのはこれかな?

「風が強く吹いている」 箱根駅伝の映画なのだが、なぜか大好きでよく観る。特にジョギングに燃えていた時によく観ていた。今は少し頻度が減ったかも。

昨日も観てしまった「キセキ あの日のソビト」。これも何度見ても泣ける。Greeeenの結成のお話。

男二人兄弟でなんとなく環境も似ているので、共感できちゃうのかも。

これも大好きな映画。「ラヂオの時間」。

ラヂオドラマのドタバタ劇なのだが、三谷幸喜監督のテンポの良さは絶品だ。

そして、最初観た時に「こんなにも面白い映画があるのか!?」と思った映画がこれ。

「キサラギ」。 B級アイドルが死んで、それが自殺か他殺か事故か?ということを熱狂的なファンが1周忌で集まった時に議論する。最高に面白い!

そして、毎月観ているのではないか?と思うくらい観ているのは、これ。

 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 何度観ても泣ける。最初のオープニングから泣いている。

 観るたびに泣けるシーンが増えていく。

 「なんで?」って聞かれるが、わからないけど泣けてくる。

 誰しもそんな映画があるのでないのかな?

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「容疑者Xの献身」

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。 …

映画「ロボコップ」

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒットSFアクション。近未来のデトロイト。多発する犯罪に対処するため、警察の経営権は民間の巨大企業オムニ社にたくされ、オム …

映画「あなたへ」

 高倉健さんの遺作となった作品。大滝秀治さんの遺作でもある。  脇役さんが、気合の入った演技していると言う印象。  やはり健さんの人徳なのか。 人生は長いようで短く、短いようで長い。  自分はこの人生 …

映画「紙の月」

「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。宮沢りえが7年 …

アニメ映画「時をかける少女」

過去にもテレビドラマや映画で映像化されてきた筒井康隆の名作小説を、初めてアニメ化。ひょんなことから過去へ飛べる「タイムリープ」の力を手にした女子高生の真琴が、過去を何度もやり直していくうちに、人生のか …