今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

繰り返し観てしまう映画

投稿日:

「繰り返し観てしまう映画」

 みんなどんな映画を選ぶのだろう?と、ググってみると、意外と自分の選んだ映画は思ったほど多くなかった。

 確かにそれらの映画は名作が揃っていて、「なるほど、そうなのねぇ」と納得する。

 どちらかというと洋画が多いだろうか?いや、断然洋画が多い。

 私の選んだのはすべて日本映画。

 多くの人と重なったのは、次の2本。

「南極料理人」と「アヒルと鴨のコインロッカー」。この2本はマストで、納得の2本。

これも入っていたかな?

「かもめ食堂」。3本のうち2本が料理モノ。

 同じ小林聡美の「パンとスープとネコ日和」もドラマだがよく観る。

まったく候補に入っていなかったのはこれかな?

「風が強く吹いている」 箱根駅伝の映画なのだが、なぜか大好きでよく観る。特にジョギングに燃えていた時によく観ていた。今は少し頻度が減ったかも。

昨日も観てしまった「キセキ あの日のソビト」。これも何度見ても泣ける。Greeeenの結成のお話。

男二人兄弟でなんとなく環境も似ているので、共感できちゃうのかも。

これも大好きな映画。「ラヂオの時間」。

ラヂオドラマのドタバタ劇なのだが、三谷幸喜監督のテンポの良さは絶品だ。

そして、最初観た時に「こんなにも面白い映画があるのか!?」と思った映画がこれ。

「キサラギ」。 B級アイドルが死んで、それが自殺か他殺か事故か?ということを熱狂的なファンが1周忌で集まった時に議論する。最高に面白い!

そして、毎月観ているのではないか?と思うくらい観ているのは、これ。

 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 何度観ても泣ける。最初のオープニングから泣いている。

 観るたびに泣けるシーンが増えていく。

 「なんで?」って聞かれるが、わからないけど泣けてくる。

 誰しもそんな映画があるのでないのかな?

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「シン・ウルトラマン」

話題の作品であり、待ちに待った作品。 大変面白く楽しく鑑賞できた。 ウルトラマンの曲線が美しい! 国宝の弥勒菩薩半跏思惟像のようだった。 美しい仏像を鑑賞するように観ていた。 予告映像以外の予備知識な …

映画「3D彼女 リアルガール」

リア充美少女と恋愛経験ゼロのオタク男子の純愛を描いた那波マオ原作の同名人気コミックを、中条あやみ&佐野勇斗主演で実写映画化。ある日、リア充女・五十嵐色葉からなぜか猛烈なアプローチをされたオタク高校生・ …

映画「ブラックホーク ダウン」

1993年に米軍が失敗したソマリアの将軍の捕獲作戦を、ノンフィクション小説を原作にリドリー・スコット監督が映画化。撮影は、クシシュトフ・キエシロフスキー監督とのコンビで知られるスワボミール・イジャック …

映画「1944 独ソ・エストニア戦線」

ドイツ武装親衛隊に属する、エストニア人のカール・タミクの両親と妹は、ソ連赤軍によって極寒のシベリアに追放された。1940年から始まったソ連による弾圧は、多くのエストニア人が悪評高きナチス・ドイツに身を …

ドラマ「そして誰もいなくなった」

 1939年8月のイギリス、デヴォン州。オーエン夫妻から招待を受け“兵隊島”の邸宅を訪れた男女8人は、執事のロジャーズ夫妻に迎えられる。邸宅の各部屋にはわらべ歌「10人の兵隊」の歌詞が飾られ、食卓には …