今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

美術展

投稿日:

 同じ日本に住んでいて、

 東京・大阪・京都では、頻繁にこのような大規模な美術展が開催されて、

 気軽に名画の本物に観ることが出来るというのはズルいと思っていた。

 以前住んでいた場所でこの美術展を観るためにはかなりハードルが高い。

 そこまでして観に行くか? という感じでもある。

 音楽のライブでもそうだ。有名な外国人ミュージシャンが地方のホールになんて来てくれない。

 大都市のドームツアーをやって終わり。

 本物のゴッホ 、本物のフェルメール、本物のルノアール、

 実際に見ると、今まで写真や映像で見ていたものとまったくというくらいイメージが違う。

 「実物のチューリップ」と「チューリップの写真」以上に違う。

 写真ではどうしても本物の色が出せないのだろう。

 写真や印刷の限界をどうしても感じる。

 でもこれから、かなり解像度の高いVRが出来たなら。もしかするとかなり本物を再現できるのではないかと期待している。

 自分の目もよく見えなくなってきた。

 大型家電屋さんで4K、8Kテレビの映像を見た時に、実際にそのものを見ているよりも綺麗だと感じた。

 いかにピントが合わないか。

 美術展に行って実際に本物の絵画を見ても、近視用メガネでも老眼鏡でもどちらでも見え方が中途半端で、以前のように見えない。

 これは4K・8Kの映像でピントがバッチリでテレビで観られたら、もしかしたら実物を美術展で見るよりもきれいに見えるのではないかと思った。

 そして、8KのVRで見ることができたら、もしかしたら実際に見るよりも、いや実物以上にきれいに見えるのではないかと思ったりする。

 その時に、本物の絵画が今と同じだけの価値を維持できるのだろうか?そんな心配さえしてしまう。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

仏壇

 義母がひとりで仏壇のお世話をしてきたが、  その義母が亡くなってからはこちらが受け継ぐことになった。元々妻の実家のことであるから、宗派も異なるしやり方が全くわからない。  お彼岸だとか盆や正月では、 …

あやしい世界

今日はエヴァンゲリオンの切手の発売日でした。 家内は大津市中央局に行ってシートで買ってきました。ここまではまだ普通なんです。 以前から持っていたエヴァンゲリオンの絵はがきを取り出して、そこにその時に買 …

黄砂と空気清浄機

 中国の西に広がる、ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠から、  遠路遥々、偏西風に乗ってやってきた黄砂は、  令和3年3月29日の午後から西の空にやってきた。  その日の日中はさほど感じなかったが、夕方の西の …

タバコ・思い出してみれば

 役場に行けばタバコの煙でもうもうとしていた。  小学校の職員室だってタバコの煙。  電車の中もモクモク。  建物のロビーではみんなタバコを吸っていた。  我が家は父は吸っていなかったが、どこの家でも …

不老長寿

 「不老長寿」というのはいかがなもんなのでしょう?  「人生100年時代」なんて言葉を聞くようになったが、まったくうれしいと思わない。それどころか恐ろしい時代になったもんだと思うばかりだ。  老化する …