今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひき肉 料理

肉入りハンバーグ

投稿日:

 「肉入り野菜炒め」や「肉入りコロッケ」はあっても、


 ハンバーグに肉が入っているのは当たり前。


 でも、今回作ったハンバーグは、これでハンバーグと言っていいのだろうか?と思った。

 牛豚合挽き肉が180gしかなくて、食べる人は4人。


 「何か食べたいのある?」って聞いたら、


 珍しく「ハンバーグ!」という返事。


 一人前45gのひき肉でジャンボハンバーグを作れという方が無理だが、


 とりあえずやってみた。

 何でかさ増しするか?


 まずは「木綿豆腐」。取り出して重石を乗せて水切り。


 あとは大量のキャベツ、玉ねぎ、ゴボウ、ニンジンをフードプロセッサーでみじん切りにして、


 水分をギューっと絞る。


 香辛料は、塩、粗挽き黒コショウ、ナツメグ、砂糖、クミン。


 牛乳とパン粉。

 問題はつなぎ。


 今回は玉子と片栗粉でやってみた。


 捏ねて丸めて広げて、大体私の手のひらの大きさだから、そこそこ大きい。

 フライパンで表裏焼いて、ピザ用チーズを乗せてさらに蒸し焼き。


 ソースは、トンカツソースとケチャップと麺つゆとバターと砂糖。


 洋酒もちょこっと入れた。

 最初に2枚焼いたが、つなぎが弱くて1枚は形が崩れた。


 もう2枚は、片栗粉と玉子を更に追加して、これで完璧。

 こんな形のものを焼いて、こんなソースをかけて食べれば、そりゃもうハンバーグですよ。


 「このハンバーグ、半分くらいはキャベツとか野菜なんだよね」って言ったら、


 「ソースとマヨネーズと青のりと削り節かけたら、ひき肉入りのチーズお好み焼きじゃん!」


 「まぁ、そうとも言う」

 見た目がハンバーグで、ソースがこんなソースならハンバーグとして成立しちゃう。

 だから、肉入りハンバーグ。


 きっと、こんな感じで騙されている料理って多いと思う。

-ひき肉, 料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鶏むねしっとりネギ塩

 一口サイズの鶏むね肉  下味は、塩と黒胡椒、みじん切りのニンニク、砂糖少々入れてモミモミ。  片栗粉をまぶしてからフライパンで両面焼く。  パリッと焼き上がったら、塩タレを投入。  塩タレ: 鶏ガラ …

蕗の炒め煮

4月に入ったらスーパーにもフキが並ぶようになりました。 大きな葉がついたものもありますが、今回は茎だけのもの。  葉は茹でてアク抜きして、濃いめに醤油と砂糖で味付けして佃煮にすると美味しい。  今回は …

なに食べる?

 「なに食べる?」  「なにがある?」  「なに食べたい?」  「何ができる?」  「何か食べたいのないの?」  「なんでもいいよ」   晩ごはん、何にしようかな?  ネタに困ると妻や娘に聞くのだが、 …

豚切り落としで2種

 500gの豚切り落としを使って、娘と250gずつで2種類作ってみました。 ネギ塩炒めおろしポン酢  切り落とし肉に下味を付けます。 みじん切りニンニク塩大根おろしの汁すりおろした玉ねぎ フライパンで …

一周まわって普通のカレー

 今までいろいろなカレーを作ってきた。  各社のルーを試したり、それをブレンドしたり、隠し味を入れたり、その隠し味をブレンドしたり。  市販のルーを使わずに香辛料を調合してオリジナルカレー粉を作ったり …