今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひき肉 料理

肉入りハンバーグ

投稿日:

 「肉入り野菜炒め」や「肉入りコロッケ」はあっても、


 ハンバーグに肉が入っているのは当たり前。


 でも、今回作ったハンバーグは、これでハンバーグと言っていいのだろうか?と思った。

 牛豚合挽き肉が180gしかなくて、食べる人は4人。


 「何か食べたいのある?」って聞いたら、


 珍しく「ハンバーグ!」という返事。


 一人前45gのひき肉でジャンボハンバーグを作れという方が無理だが、


 とりあえずやってみた。

 何でかさ増しするか?


 まずは「木綿豆腐」。取り出して重石を乗せて水切り。


 あとは大量のキャベツ、玉ねぎ、ゴボウ、ニンジンをフードプロセッサーでみじん切りにして、


 水分をギューっと絞る。


 香辛料は、塩、粗挽き黒コショウ、ナツメグ、砂糖、クミン。


 牛乳とパン粉。

 問題はつなぎ。


 今回は玉子と片栗粉でやってみた。


 捏ねて丸めて広げて、大体私の手のひらの大きさだから、そこそこ大きい。

 フライパンで表裏焼いて、ピザ用チーズを乗せてさらに蒸し焼き。


 ソースは、トンカツソースとケチャップと麺つゆとバターと砂糖。


 洋酒もちょこっと入れた。

 最初に2枚焼いたが、つなぎが弱くて1枚は形が崩れた。


 もう2枚は、片栗粉と玉子を更に追加して、これで完璧。

 こんな形のものを焼いて、こんなソースをかけて食べれば、そりゃもうハンバーグですよ。


 「このハンバーグ、半分くらいはキャベツとか野菜なんだよね」って言ったら、


 「ソースとマヨネーズと青のりと削り節かけたら、ひき肉入りのチーズお好み焼きじゃん!」


 「まぁ、そうとも言う」

 見た目がハンバーグで、ソースがこんなソースならハンバーグとして成立しちゃう。

 だから、肉入りハンバーグ。


 きっと、こんな感じで騙されている料理って多いと思う。

-ひき肉, 料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サイゼ呑み

 久しぶりのサイゼ呑み  季節限定のジェノベーゼが想像以上に美味しかった。どうしてこの値段で提供できるのだろう?いつも感心する。  辛味チキン、エスカルゴ、フォッカチオ、青豆温サラダ  そして、白ワイ …

豚薄切り肉と春キャベツのネギ塩炒め

 豚ロース薄切りは一口サイズに切り、  下記の材料で下味。  ・塩 ・黒コショウ ・おろし玉ねぎ ・おろしニンニク ・日本酒  肉と玉ねぎを炒めて、火が通ったら  春キャベツを入れてしんなりするまで炒 …

気がつけば、みんなと会えてた

 長女と末娘が新しい環境になることで、「スマホを買い換えたい!」と言うことでアドバイザー(かっこいい)としてお呼びがかかった。  曇り空の京都駅。最新のスマホは高いので、ちょっと前のスマホの中古を探す …

ブロッコリーは醤油をかけておひたしで!

醤油だけでいいじゃない?  北関東で生まれ育った私は「カキナ」という菜の花のおひたしが好きで仕方がない。でも春先しか食べられない。しかも、関西に引っ越してからはそのカキナも食べられなくなってしまった。 …

鶏レバー煮を作ってみよう!

  鉄分補給、ビタミンB群、葉酸など栄養豊富で美味しい鶏レバー煮を作ってみます。常備菜にもなるので週末に作っておけば日々のお酒のおつまみやおかずの脇に2粒ほど添えてもオツです。 これが完成形 買ってき …