今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

山歩き 料理

腹八分目には

投稿日:

 山歩きに行くときには、自分でお弁当を詰めていくのだが

 どうしても普段食べている量よりも多くご飯を詰めてしまう。

 「今日のコースだと弁当を食べられるのが午後1時くらいになってしまいそうだ」

 と考えると、それだけで1.5倍ほどのご飯を詰めたくなってくる。

以前に、頑張って歩いてやっと弁当が食べられるってなったときに、そんなときに限ってご飯の量が少なくてとてもがっかりした記憶があるからだ。

 食べ終わった瞬間は、もっと食べたいなと思っても、そのすぐ後には足りなさは感じられずに、その後の行動も問題なかったのに、

 その「残念な感覚」を味わいたくないがために多く入れてしまう。

 満腹になるとその一瞬は満足するのだが、歩き始めると体が重い。

「ちょっと食べ過ぎたなぁ」って感じる。

 どちらがそのご快適かといえば、ちょっと足りないくらいの方が調子がいいのだ。

 なのになぜ「足りなくてガッカリ」と「食べ過ぎて体が重い」を天秤にかけて「食べ過ぎて体が重い」の方を選んでしまうのだろうか?

 これはやはり動物の本能にある飢餓の恐怖なのだろうか?

 自宅にいるときなら、いつでも冷蔵庫を開ければ何かしら食べることができるが、山で食材を確保するのは大変だ。それだから山に置くときには多めに持っていくのか?

 登る山に食べ物が売っている売店がある時は確かにご飯の量をそこまで多く入れないかもしれない。ちょっとハードな山で、途中や山頂に食べるところがないと思うとたくさんご飯を詰めていく傾向にあるかもしれない。

 私の場合は、冬の雪山にテントを担いで何日も歩くような登山はやらないので、ちょっとハードな山と言っても鼻で笑われる程度なのだが、私の中の定規では立派なハードな山という感覚なのだ。

 腹八分目ができるのは、私の場合は条件が限られる。

  • 自宅であること
  • ご飯だけは自分でよそわずに誰かによそってもらう
  • ダイエット中で、そのようなモチベーションであること
  • 足りなかったらいつでも追加で食べられる状況であること
  • そもそもそれほどお腹が空いていない時

となると、山に行くときに腹八分目はあり得ない事になる。

いつも通りだと、山で弁当を腹いっぱい食べて、

帰宅後に饅頭やら甘いものとお茶を飲んでから昼寝。

 晩ご飯もこってり食べて、

 風呂に入ってビールをカーッと飲んで寝る。

 そして、いつも山に行った日は体重が増えているのだ。

これじゃ健康にいいのかどうかよくわからない。

 そもそも健康のために山に行っているわけではなく、

 なんというか鬱のための作業療法とでもいうのだろうか?

 精神の解放のために行っているところがあるから、食べることに我慢してどうするとも思う。そもそも痩せるために山を歩いているわけではないのだ。

 それならその時の気持ちよさを追求していいのでないか?

 ということで、次の山歩きの弁当も大盛りになるだろう。

 今日はそんな話。

 

 先ほど、ご飯を「よそう」と書いたが、「よそる」だったか?「盛る」が正解か?と考えてしまった。

 ちょっとググったら、「よそる」は群馬・栃木の方言だった。小さい頃に使っていた気がする。今は「よそう」と言っている。

 どこで言われたか覚えていないが「ご飯おつけしましょうか?」と言われたなぁ。信州の温泉旅館だったろうか? 京都のお店でも言われたような?よく覚えていない。

 小さい頃母に、「ご飯よそろうか?」って言われたかも。今は家族には「ご飯よそおうか?」だ。

「つぐ」や「入れる」は聞いたことない。大盛りにしてほしい時に「たくさん盛って!」とは言ったことあるけど。

 なんだか話が違う方向に来てしまった。また、これについては改めて調べて書いてみたいな。



-山歩き, 料理
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

豚キムチ

 豚キムチという料理をどこかのお店で食べたことがないので、実際はどういうものなのかをはっきりと知らない。  ということで、自分なりに豚肉とキムチを合わせて炒めてみた。  豚肉は、冷凍庫にストックしてあ …

10月の常備菜

道の駅で買ったかぼちゃ。250円。 まずはこれを甘煮に。 お醤油とお砂糖と日本酒。適当にジョボジョボって入れたから分量は適当。  いつもこんな感じで仕上がる。 きんぴらごぼうは、ニンジンとぶなしめじ …

ドライみかん

 2020年5月1日に「山で食べたドライオレンジ」 が気に入って  楽天で1kg入っていて1,080円のドライみかんを注文してみた ちょうどゴールデンウイーク前だったこともあり、届いたのは5月12日 …

酢の物としての冷しゃぶ

 最初は、長芋を使った酢の物を作ろうと思っていたが、  作っているうちに、冷やしゃぶもキュウリの塩もみもすべて混ぜることになってしまった。  そんな一品。 作り方  長芋は細い短冊切り  キュウリは薄 …

わらび餅に抹茶アイス

 3人分  まずはわらび餅。  小鍋に以下の材料を入れて火にかける。横には氷水を用意しておく。 水 400ml片栗粉 50g砂糖  50g  沸騰直前になると急激に固まるので、最初からずっとスプーンな …