今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと ライフシフト

臆病と鬱

投稿日:

 気が小さいとか、ビビリだとか、小心者、臆病って自分でそう思っている。これは生まれ持った性格と、今までの体験の積み重ねだとかいろいろと考えてみたりする。

 いつも吐き気がするくらい悩んで考えているつもりだが、それがちゃんとうまく機能していない気がする。毎回同じようなことで悩んでいるし、以前に導き出した結論によって行動を起こし、うまく乗り越えられたことがあっても、再び同じようなことが起こればまた前回と同じようなことで悩んでいる。

 日記を読み返しているとそれを目の当たりにする。数年前の同じ日時に同じことを悩んでいた。その時に自分の行動を参考にしてみたりするが、その時とは微妙に状況が違うからと受け入れない。結局自分はいつも何に悩んで何に迷っているのだろう?

 そんな症状を鍼灸の先生に申し上げると、首の付け根に何本か鍼を打ってくれる。そうするとあら不思議。悩んでいたことが雲散霧消してしまうのだ。どうしたらいいのかという結論が出るわけじゃなくて、こだわっていたことが「どうでもよくなる」のだ。

 こんな簡単に人の悩みが消えてくれるとなると、これは元々の性格とか今までの経験とか関係ないのではないか?とさえ思ってしまうのだ。

 ただ単純な「機能障害」。

 「そうやって後ろ向きに考えるのではなくて、何事も前向きに考えてみよう」とか「どうにかなるさと思うことにしよう」とか、そんな解決策はなんだったのだろうって思う。

 解熱鎮痛剤で解消してしまう時もあれば、寝て治ることもあるし、散歩してきたらマシになったとかもよくあること。

 いざ回復してしまえば日常悩むことは少ないが、行動に慎重であることは変わりがない。やはり悩みは減っても臆病なのは変わらないのかもしれない。慎重なのは自分では嫌いじゃない。今までそれで大きな失敗をせずに生きてこられたのもそのおかげだと思っている。守るべきものがある時にハイリスク・ハイリターンは避けてきた。きっとこれからも避けていくだろう。

 鍼灸で鬱症状が一時的に消えても、やはり時間と共に再びふつふつと鬱は蘇ってくる。そしてある出来事をきっかけにまた大暴れする。また頭を抱えて身を伏せて嵐の過ぎ去るのをじっと待つのだ。

 いつの日か、悩みから解放される日が来るのだろうか?それが解脱ということなのかもしれないが、そんな日が来るのだろうか?

 先日から読んでいる本。「デイトレード 」という株のトレードの本。そこにこんなことが書いてあった。

 確実を達成することができれば、精神は明白になり、落ち着きを得られるものと信じられている。しかし、逆説的ではあるが、確実を達成することが出来ないと認識した時に、精神は落ち着きを得られるのである。確実は決して達成することができない作り話である。明日を「予見」することは不可能である。

 確実を追い求めれば、失敗と失望と落胆に満ちた未来が待っている。確実ではなく、高い確率を模索すべきである。

「デイトレード 」オリバー・ベレス/グレッグ・カプラ著

 株のトレードの本なのだが、哲学書のようなことが書いてあったのには驚いた。さすが「名著」と呼ばれ、トレーダーはこれを読まないといけないとさえ言われている本だ。

 何事も長年かけてその道をある程度極めると、ある場所に到達できるということ。どの専門書であっても真髄は同じものになるのかもしれない。そんな気がした1冊だった。

 「確実」を得ても心の平穏を得られないのであれば、確率を高めるために模索する。失敗は必ずある確率で起こるべきものであり、問題はその失敗による損失をコントロールするということ。失敗は仕方ない。失敗した時にその影響をいかに最小限にするか。そのコントロールが出来れば心の平穏に近づけるのかもしれない。そんな希望の光を見たような気がした。



-ひとりごと, ライフシフト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

身を委ねる

 今日の朝ドラ「エール」の中のセリフが琴線に触れた。 「以前はボクも理想の音楽を追い求めていました。でも今は音楽に身を委ねています。」   細かい言い回しは不確かかもしれないが、こんな感じ。  若い頃 …

ひとりの夜とホワイトノイズ

結婚をして子供が生まれてから、 家でひとりで寝たことがあっただろうか。 妻が、第一子を里帰り出産のために家を離れていた時、 妻が、第二子を里帰り出産のために家を離れたいた時、 それが最後かもしれない。 …

タバコ・思い出してみれば

 役場に行けばタバコの煙でもうもうとしていた。  小学校の職員室だってタバコの煙。  電車の中もモクモク。  建物のロビーではみんなタバコを吸っていた。  我が家は父は吸っていなかったが、どこの家でも …

もしもこの宇宙が一つの滴だったら

そんなこと考えたことないだろうか?  この広い大宇宙が、実はある世界の一雫の中であったなら。  自分がこの体の中に住む一つの常在菌だとしたら、この体は一つの膜らしきものに被われた大宇宙であり、それこそ …

心に爪楊枝

歯の隙間にものが挟まると気になって仕方がない、 そこを避けようとして食べると 食べ方まで変わって口の中あちこちに支障を来たすようになってしまう。 歳と共に、そんな隙間が多くなってきたように思う。 心も …