今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

自分から出力することの大切さ

投稿日:

 今の気持ちをタイピングしたり、ペンで書いたり。

 心の内を独白したり、聞いてもらったり。

 心のもやもやを絵に描いてみたり、描き殴ってみたり。

 叫んでみたり、怒鳴ってみたり。

 口ずさんでみたり、歌ってみたり。

 リズムに合わせて、体を揺らしてみたり、踊ってみたり。

 歩いたり、スキップしたり、走ってみたり。



 大きくステップアップして、

 次は、誰かとやってみると、世界が変わるのだろうなと思う。


 共感すること、共有すること、


 一緒に魂が振動すること。




 そう言うのがもっと必要なのかなって思う。


 自分には何か足りないのだろうか?

 それとも何かが多すぎるのだろうか?

 前すぎるのか、うしろ過ぎるのか?


 真ん中ってどこなのだろう?

 中心がいいのだろうか?


 これでいいのか?

 ここでいいのか?

 今が一番いいのか?



 こうやって、どうでもいいことを書き綴っていると、

 少しずつ頭が整理されていく。

 独りカウンセリング。


 とりあえず、出してみる、並べてみる。



 小学生の時に、担任の先生が教えてくれた。



 「頭が痛い時には、体じゅうから出せるものを全部出すのよ。そうすれば頭の痛いのがなくなるから。」


 正しいかもしれない。



 鼻水や便などだけではなく、自分の中で消化されていないもの、腑に落ちていない物を出すのだ。


 少しだけ何かが変わるかもしれない。

-ライフシフト, 生活
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「子供が死んでも舞台に立つ覚悟」

 昨日と今日の朝ドラ「エール」で、そんなセリフが出てきた。  俳優さんやテレビや舞台に出ておられる方で言われているイメージがある  「親の葬儀に参列せずに舞台に立ちました、舞台に穴はあけられませんから …

散歩の楽しみ

日常的に散歩をしている私にとって、散歩の何が楽しいかというと、なんでも受け止めてくれる懐の深さだ。と書くと大袈裟だけど。 何事も飽きっぽい私が続けていられるのは、私のマイブームにいつでも付き合ってくれ …

あと何回一緒に見られるだろう?

妻に誘われていつもの桜に会いに行った。 引っ越してきてからいつもいつも挨拶を交わしてきて桜。 その年によっては、そろそろ満開か?という頃に、 雨、雨、風、雨で、一番いい時を逃したこともあった。 今年は …

自分から動けと言われても

 「言われていなかったのでやりませんでした」  「自分から行動を起こさないとダメだろう!」  「誰かの指示を待たずに、自分から動け!」  (でも『誰がそんなことやれって言った!』『勝手なことしやがって …

還暦前のジョギングとウォーキング

 50代後半男性である私が、40代半ばから10年ほど歩いたり走ったり登ったりした個人的な見解で書きます。   前提として私は元々がインドア派で今まで運動やスポーツはあまりやってきませんでした。通知表の …