今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

自分って

投稿日:

 自分には性格的にいろいろな面がある。

多分みんなもそう。

やさしいところもあるし、厳しいところもある。

ある男が人質をとって銀行に立て籠もった。警察が説得するが投降しないしない。お母さんが呼び出されていう。

 「あの子は根はやさしい子なんです!」

どんな人にもやさしいところがり、冷血なところもあり、穏やかな面も、せっかちな面も持ち合わせている。

小学校の同級生からは、「グループの中心的な存在でいつもみんなを笑わせていた」という人が、職場での評判では「誰とも喋らず孤立していた」という話もある。

 どれが「本当の自分」なのだろう?

「本当の自分」なんて、自分でもよく判らない。判らないから「自分探しの旅」に出かける。それでも判らない。

60年弱生きて来てもまだ自分が判らない。

「やさしそう、臆病で怖がり、心配性、器用貧乏」

これがよく言われる私のイメージ。

「臆病で怖がりで心配性」は自分でもそう思っている。

「やさしそう」は、きっと臆病による「嫌われるのが怖い」からくるものだろうと自己分析している。

「嫌われる勇気」を読んで、一時は勇気をもらったが、やはり「嫌われる勇気」はまだ持てていない。

いつも最悪の事態を想定して、そうならないように万全を期すことを心がける。準備周到なのは心だけで実際に行動をするのはそれほどでもない。

要は、無駄な心配だけ人一倍しているというだけだ。

これを過剰防衛ともいうかもしれないが、やめられない。これで最悪の事態は避けられて来たとも思っているからだ。

みんな小さい頃からいろいろな経験を積んできている。

楽しい思い出もいっぱいだが、嫌な思いをしたこと、もう2度とあんな経験はしたくないということも多いだろう。

その2度とあんな経験はしたくない、経験しないようにどうするかということに多くの時間を費やして来た気がする。それが不安に思い心配すること。

心配しても「なるようにしかならない」というのも真実である。だからケセラセラで吹っ切れた人と、それでも悩み続ける人。

吹き入れた人の方が合理的であるような気がする。その方が人生楽しいと思う。

「心配性の人は、悩むことを楽しんでいるんだよ」とも言う。

う〜ん、確かにそうなのかもしれない。

心配するのをやめたら、一体何を考えていればいいのだろう?と思ってしまうのは、やはり相当重症なのかもしれない。

な!なんだ、このコーヒー!?

-ライフシフト, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

デジタル化におびえる

 私はどちらかと言えば同世代の中では早くからパソコンを使っていたし、インターネットというものが拡まる前からパソコン通信でコミュニケーションをとり、インターネットが開始されたらすぐに自分のホームページを …

50代後半の死生観

 ちょっと時間ができたので、書き留めておこうと思った。  死についてのことだが、今は「死」というものが怖くない。うーん、「怖くない」という言葉は違うような気がするが、それに怯えていないという方が近いか …

娘が買ってきてくれたおつまみは

 「どこで買ってきたの?」  と、言いたくなるようなおつまみ各種。  右端の「イカ足 甘醤油味」は、美味しかったのだが、なかなか顎が疲れる一品。  「骨せんべい」はパリパリっと食べやすくて美味しい。い …

 50代男性にとっての涙とは

いつからこんなに涙もろくなったのだろう?  そう感じた同輩は多いと思う。50歳を過ぎた頃からだろうか?  映画を観ては泣き、本を読んでは泣き、懐メロを聴いては泣き、それを思い出しては泣き、NHKのど自 …

 帰省した時に母が出してくれた料理は・・・

 30代  結婚して、子供ができて、その子供たちも小中学生になり、大勢で実家へ押しかけ帰省した  楽しみに待っていてくれた両親。 満面の笑みで迎えてくれた。前日から人数分の布団を干したり、食器も出して …