今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

自分って

投稿日:

 自分には性格的にいろいろな面がある。

多分みんなもそう。

やさしいところもあるし、厳しいところもある。

ある男が人質をとって銀行に立て籠もった。警察が説得するが投降しないしない。お母さんが呼び出されていう。

 「あの子は根はやさしい子なんです!」

どんな人にもやさしいところがり、冷血なところもあり、穏やかな面も、せっかちな面も持ち合わせている。

小学校の同級生からは、「グループの中心的な存在でいつもみんなを笑わせていた」という人が、職場での評判では「誰とも喋らず孤立していた」という話もある。

 どれが「本当の自分」なのだろう?

「本当の自分」なんて、自分でもよく判らない。判らないから「自分探しの旅」に出かける。それでも判らない。

60年弱生きて来てもまだ自分が判らない。

「やさしそう、臆病で怖がり、心配性、器用貧乏」

これがよく言われる私のイメージ。

「臆病で怖がりで心配性」は自分でもそう思っている。

「やさしそう」は、きっと臆病による「嫌われるのが怖い」からくるものだろうと自己分析している。

「嫌われる勇気」を読んで、一時は勇気をもらったが、やはり「嫌われる勇気」はまだ持てていない。

いつも最悪の事態を想定して、そうならないように万全を期すことを心がける。準備周到なのは心だけで実際に行動をするのはそれほどでもない。

要は、無駄な心配だけ人一倍しているというだけだ。

これを過剰防衛ともいうかもしれないが、やめられない。これで最悪の事態は避けられて来たとも思っているからだ。

みんな小さい頃からいろいろな経験を積んできている。

楽しい思い出もいっぱいだが、嫌な思いをしたこと、もう2度とあんな経験はしたくないということも多いだろう。

その2度とあんな経験はしたくない、経験しないようにどうするかということに多くの時間を費やして来た気がする。それが不安に思い心配すること。

心配しても「なるようにしかならない」というのも真実である。だからケセラセラで吹っ切れた人と、それでも悩み続ける人。

吹き入れた人の方が合理的であるような気がする。その方が人生楽しいと思う。

「心配性の人は、悩むことを楽しんでいるんだよ」とも言う。

う〜ん、確かにそうなのかもしれない。

心配するのをやめたら、一体何を考えていればいいのだろう?と思ってしまうのは、やはり相当重症なのかもしれない。

な!なんだ、このコーヒー!?

-ライフシフト, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

寝つき

 物心がついた頃からずっと寝付きが悪かった。  布団に入ってからも、あれこれ不安になって寝られない。  ちょっとした物音で目が覚める。家鳴りが気になるし、時計の音も気になる。  明日のことが気になる。 …

何をやってもうまくいかない

やることなすことすべてがうまくいかない 良かれと思ってやったことが裏目に出る どうにでもなれ!とやったことが、これまた最悪の結果となる イライラして当り散らせば、人は遠ざかる やさしくしてもらいたいの …

花を振り向けば

 花を振り向けば  いつも見送る目がある  花を振り向けば  いつもやさしい言葉がある 「いってらっしゃい!」の手を振る笑顔  どれほど大切なことか  これが今生の別れとなるかも知れぬ  不機嫌で別れ …

庭の鉢植えは花盛り

 雨の日の昨日まではこんな感じの蕾だと思っていたのに  今朝、水やりに行ったら  一斉に開いていて驚いた  なんという名の花なのかわからなかったが  花の写真をもとに調べてみると「これかな?」というの …

クリームシチューとご飯をスマートに食べたい

クリームシチューをご飯にかけますか?  クリームシチューをご飯にかけて食べること  妻がそれをやり出して、子供たちもそれを真似して  気がつけば、わける派は私だけになってしまった。 「あ、お父さんはか …