今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

良いものもある、悪いものもある

投稿日:

 昔、スネークマンショーという桑原茂一氏と小林克也氏でスタートしたコント。

 その中のネタのひとつで、

 音楽評論家A:「ま~、僕の場合はね、レコードを向こうから取り寄せてるんだけど~
今のロックはさ~、なんちゅ~の?
こう…良いものもある、だけど、悪いものもあるよね。」

音楽評論家B:「ん~僕の場合はね、ちょっとキミとは違うんだけどね。
あの、ミュージシャンの友達がLAとかNYにいるんだけどね~、いつもレコード送ってくれるんだけど、よく聴くと、ま~あの、良いものもある、悪いものもある。」

 こんな感じで延々と同じような話が繰り返されていく。

 それがおかしくて仕方ないのだが、

 これと同じようなことが世間では溢れかえっている。

 もっともらしいことを言っているようでも、

 よ〜く聞いてみると、まったく内容の無いことを延々と喋っている。

 だから聞いている方もその内容をまったく覚えていない。

 一度、あるテレビでのあるコメントを文字起こししてみたら、

 結局、何言っているのかさっぱりわからなかった。

 言ってみれば、

 「明日の天気は、曇り時々晴、ところによりにわか雨が降る可能性もあり、帰りの遅くなる人は折り畳み傘を持って出た方が良いでしょう」みたいな、

 どんな天気になっても大丈夫な天気予報のコメント。

 適当な専門用語を散りばめつつ、決して断言はせずに、語尾をあやふやにする。

 その話術たるやある意味職人技でもある。

 20代、30代の頃は意気揚々と、自分のファンを作る!とか、いかに自分の魅力をアピールできるか!とか、  そんな本を読んだりした時もあった。

 30代後半から40代では、「自分」から「みんな」に変わり、

 50代までには、「ファンを作る」とか「好かれるように」とか、そんなおこがましいことは考えず、

 「嫌われないように」「迷惑かけないように」と、

 走り高跳びのバーの高さを下げていった。

 「嫌われる勇気」を読んでも、

 やっぱりそんな風に考えを変えることは難しかった。

 自分が思うように、自分が気が楽であるように生きるしか出来ない。

 なるようになるしかないってところに行き着くのかな?って思うばかり。

 そしてそれを、「これでいいんだ」と自分で自分に納得させるしかないんだなって。

 きっとまたもうしばらくしたら、次のステージにいくかもしれないけど。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

思えば遠くへ来たもんだな

 こうやって毎日ブログを書いていて、  つくづく「世の中知らないことだらけだ」と思わされる。  忘れないようにと覚書のようにブログに書いていても、  以前の自分の文章を読み返して「ほおほお、そうなのか …

お盆の不思議な出来事

 散歩中、  遊歩道に桜の木の枝が垂れ下がっていた。  その太い枝の根元を見ると、  こんな場所で折れていた。  この大雨で根元から折れてしまったのだろうか?  元々腐っていたのだと思うが、それにして …

特別警報

 「特別警報」という警報が初めて発令されたのが2013年の9月。  ちょうど私の住んでいる地域に出たので写真まで撮影していた。  その時は「紫色」だった。  今回(2021年夏)の特別警報では、  「 …

クロースアップ

「人生はクロースアップで見ると悲劇だが、ロングショットで見ると喜劇だ」  とチャップリンの言葉。  「クロースアップ」じゃなくて「クローズアップ」じゃないの?って思った。    お店が閉店した時の「C …

今年の抱負と目標

 年初において「今年の目標」とか「この一年の抱負」とかを決めたことがない。  何かの勉強会において、「毎年目標を決めてそれに向かって邁進していきましょう」と言われて、その場で書かされた記憶があるが、そ …