今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

良いものもある、悪いものもある

投稿日:

 昔、スネークマンショーという桑原茂一氏と小林克也氏でスタートしたコント。

 その中のネタのひとつで、

 音楽評論家A:「ま~、僕の場合はね、レコードを向こうから取り寄せてるんだけど~
今のロックはさ~、なんちゅ~の?
こう…良いものもある、だけど、悪いものもあるよね。」

音楽評論家B:「ん~僕の場合はね、ちょっとキミとは違うんだけどね。
あの、ミュージシャンの友達がLAとかNYにいるんだけどね~、いつもレコード送ってくれるんだけど、よく聴くと、ま~あの、良いものもある、悪いものもある。」

 こんな感じで延々と同じような話が繰り返されていく。

 それがおかしくて仕方ないのだが、

 これと同じようなことが世間では溢れかえっている。

 もっともらしいことを言っているようでも、

 よ〜く聞いてみると、まったく内容の無いことを延々と喋っている。

 だから聞いている方もその内容をまったく覚えていない。

 一度、あるテレビでのあるコメントを文字起こししてみたら、

 結局、何言っているのかさっぱりわからなかった。

 言ってみれば、

 「明日の天気は、曇り時々晴、ところによりにわか雨が降る可能性もあり、帰りの遅くなる人は折り畳み傘を持って出た方が良いでしょう」みたいな、

 どんな天気になっても大丈夫な天気予報のコメント。

 適当な専門用語を散りばめつつ、決して断言はせずに、語尾をあやふやにする。

 その話術たるやある意味職人技でもある。

 20代、30代の頃は意気揚々と、自分のファンを作る!とか、いかに自分の魅力をアピールできるか!とか、  そんな本を読んだりした時もあった。

 30代後半から40代では、「自分」から「みんな」に変わり、

 50代までには、「ファンを作る」とか「好かれるように」とか、そんなおこがましいことは考えず、

 「嫌われないように」「迷惑かけないように」と、

 走り高跳びのバーの高さを下げていった。

 「嫌われる勇気」を読んでも、

 やっぱりそんな風に考えを変えることは難しかった。

 自分が思うように、自分が気が楽であるように生きるしか出来ない。

 なるようになるしかないってところに行き着くのかな?って思うばかり。

 そしてそれを、「これでいいんだ」と自分で自分に納得させるしかないんだなって。

 きっとまたもうしばらくしたら、次のステージにいくかもしれないけど。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

雨雲データマップ

 午後7時過ぎから湖岸へウォーキング。  「雨雲データマップ」の雨雲の動きの予想では、これから歩く場所は微妙に外れてくれそうなので出発してみた。  しかし、急に冷たい風が吹いてくるし、遠くに聞こえてい …

そういえばトランペット

 朝ドラ「カムカムエブリバディー」を見ていて思い出した。  そういえばトランペット吹いていたなぁ、って。  それも小学生の頃。  「鼓笛隊(これも死語か?)」とは別に金管楽器隊を編成することになって、 …

寿司というもの

 先日、新規開店の回転寿司に行ったことを書いた。  ほぼ店員さんと接することなく、着席し、寿司を食べて、会計まで済ませられた。  私の中の寿司のイメージは、ハレの料理で滅多に食べられるもんじゃない高級 …

ぽっぽしてええの?

妻が聞いて聞いてきた。 「”ぽっぽしてええの?”って意味わかる?」 「こそっと懐に入れるってこと?」 「そうそう、そんな感じ。あ、通じるんだね。こっちの方言かと思ってた。」 親が使っていたかどうか覚え …

ドラマ「ちょこっと京都に住んでみた。」

東京から出たことのない主人公の江東佳奈(27)は、人間関係のストレスから会社を辞めた。そんな佳奈が京都の町家に住む母方の大伯父、大賀(70)が怪我をしたことで 数日間、面倒を見に行くことに。京都に長く …