今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活

芝犬を見ると

投稿日:

 5年前までシバ犬を飼っていた。

 14年とちょっと生きた。

 死んでしまった時に、その存在の大きさを知った。

 室内犬ではなく、玄関の外で飼っていた。

 雨の日も、風の日も、雪の日も、嵐の日でも、外だった。

 家の中にいたのは、買ってきて1週間ほどだったか。

 玄関の中に入れただけで、座敷には上げていない。

  寒い日は、震えて凍えていた。

  暑い日は、舌を大きく出して息をしていた。

  嵐の日は、小屋の中で丸まっていた。

  花火大会の日は、大きな音に怯えて震えていた。

 死ぬ数ヶ月前までまったく病気はしなかった。

 好き嫌いもなかった。食べるものはいつも残飯。

 それと、安いドッグフード。

 年に数回だけ肉の缶詰。

 その時の喜びようはすごかった。

 いよいよ死期が近づいた時には、子供たちに召集をかけた。

 みんな次々と集まってくれた。

 そして、みんなで泣いた。

 あぁ、この犬は家族だったんだって思った。

 みんな、この犬に悩みを聞いてもらっていた。

 全部、黙って聞いてくれた。

 そして、顔を舐めて慰めてくれた。

 今でも、近所で散歩しているシバ犬を見ると目を細めてしまう。

 でも、もうシバ犬を飼うことはないかな。

 今から飼っても、ちゃんと最後まで面倒をみられる自信もない。

 子供たちの誰かが犬を飼った時に、その犬を愛でるくらいにしておこう。

 そう思っている。

 



-生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「あつまれどうぶつの森」をはじめてみた

 久しぶりに任天堂スイッチのゲームソフトを買った。  いま話題の「あつまれどうぶつの森」  私の「どうぶつの森」歴は、  一番最初はNintendo64だったかな?「どうぶつの森」 次にゲームキューブ …

小説「ムーンライトシャドウ」

 「キッチン」は読んだはずなのに、キッチンを含む三編の短編小説のうちの最後の一つが記憶から消えていた。  やはり読んでいなかったかもしれない。  でも、キッチンを読んだのはもう思い出せないくらい昔のこ …

50代からの自尊心

 50過ぎまで生きてくると、ほんの少しの成功話と数多くの失敗話を酒を飲みながら語れるようになってくる。そして、それを気持ちよく後輩に話しては鬱陶しがられるのも悲しい現実であったりする。  自分の数少な …

ひとりの夜とホワイトノイズ

結婚をして子供が生まれてから、 家でひとりで寝たことがあっただろうか。 妻が、第一子を里帰り出産のために家を離れていた時、 妻が、第二子を里帰り出産のために家を離れたいた時、 それが最後かもしれない。 …

還暦前オヤジのためのNintendoSwitch

 私がNintendo Switchを購入したのも、このゲームのためと言い切ってもいい。  このゲームだけあればいいって言うくらい大好きなゲーム。  ノーマルでやって、追加コンテンツもやって、強敵モー …