今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

花は咲かせられたかい?

投稿日:2020年4月23日 更新日:

この時代のどこか片隅にでもいい

居場所を見つけられることができたら

それだけであなたの人生は

成功である

そんなに長いこと居座る必要もない

用がなくなりゃ次の場所へ移ればいい

花を咲かせることにこだわっているうちは

まだまだだよ

根を張ることに懸命にならなくてもいいんだ

葉をたくさん茂らせることもそうだ

しばらくそこにいて呼吸をしていればいい

それだけで何かの役に立っているってことさ

道端に咲くスミレの花が

何か深く考えて花を咲かせていると思うかい?

それでいいんだよ

気持ちの赴くままに動けばいい

その衝動はなかなか止められないものだよ

動き出したら止まらない

動くべき時には放っておいても動くんだ

いろいろ考えちゃうと動けなくなる

もっともっと考えちゃうと

どんどん沈んでいく

いつか底を蹴って上がる時がくるさ

その繰り返し

それでいいんだ

みんなそうなんだから



-ライフシフト, 生活
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

話上手はテクニック・聞き上手は人徳

 人前で何かを喋ることというのは、緊張するものだ。  30代半ばまでは、もうホントに大嫌いで逃げ回っていた。  学生時代、授業中に先生に指されることが怖くて身を低くしていたし、授業参観の時などは消えて …

流されるときは

心が穏やかな時と イライラしている時と 寂しい時と うれしい時と 悲しい時と 恥ずかしい時と 怒っている時と 愛している時 きっと、その時に自ら発しているものが 言葉になり 艶になり 歌になり 表情に …

ひとりの夜とホワイトノイズ

結婚をして子供が生まれてから、 家でひとりで寝たことがあっただろうか。 妻が、第一子を里帰り出産のために家を離れていた時、 妻が、第二子を里帰り出産のために家を離れたいた時、 それが最後かもしれない。 …

手紙のありがたみ

長いこと手紙を書いてきた 遠く離れた母へそして、叔父や叔母たちへ仲人さん従姉妹にも書いたそして、親友にも 故郷を離れたから書けたのだと思う生まれ故郷に住んでいたら書いていなかっただろう しかし、母も亡 …

今朝の巻積雲

  毎日のように見上げる雲。   連休最後の朝、物干し台から見上げた雲は   細かい「巻積雲」。  ここから30分後になると次のような雲に 刻々と変化していく雲に 見惚れてしまうが、 いつもいつもこう …