今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

芸術の秋

投稿日:

今まで芸術に触れて身動き取れないほど衝撃を受けたのは数回ある。

 どれも絵画だ。

 ゴッホの「ひまわり」、ゴッホの「オーヴェールの家々」、ゴッホの「自画像」、そして葛飾北斎の「白拍子」という静御前を描いた肉筆画。

 どれもネットで画像検索すればすぐに出てくると思う。

 しかし、その画像をみても身動きが取れなくなるほど衝撃を受けることはないだろう。

 私もその絵画を鑑賞する前に、パンフレットや美術の教科書、百科事典などで何回も見たことある絵だったのだから。

 実物を目の前にしたときに、

 いや「目にする」ではなくて、肌で感じるに近いかもしれない。

 その絵に当たった光が反射して自分の視神経を刺激して感動したとは思えない。

 指で触れたわけでもないし、香りがあったわけでも、音がした訳でもない。

 なのにあの衝撃はなんだったのだろう?と今でも不思議に思う。

 あの絵画からは何が出ていたのだろう?

 芸術というもの、とりわけ「美」というものは言語化することは難しい。

 どれだけそれが素晴らしかったのか、それを言語で表すことは難しい。

 どれだけ美味しいものを食べても、それが如何に美味しかったかを言葉で伝えるのが難しいのと一緒だ。

 天上の音楽でも、如何にそれが心を躍らせる音であったかを言葉で伝えるのは難しい。

 身振り手振りで、声を大きく言葉多く語っても、それを理解してもらうことは困難だ。

 今まで、人は感動したことをどのように他の人に伝えてきたのだろう?

 どれだけ大変だったか、どれだけうれしかったか、どれだけ悲しかったのか。

 それをどのように伝えて共感を得ようとしてきたのだろう?

 VRであっても、4DXでも、あのゴッホの絵をみて身動きできなくなるほどの感動を再現できるとは思えない。

 たとえ精巧に複製が作ることができたとして、同じような感動が得られるのだろうか?

山に登り、山頂から見下ろす絶景に息を呑むことはある。

 美しい夕焼けに涙することも、思わず手を合わせたくなるほどの御来光もあった。

 それはまた自然のものとして感動的なものであるが、

 人間が作り出したもの、言ってしまえば色のついた画材を筆で紙の上に置いたものだ。

 それが感動に震えてしまうとは。

 あそこから出ているものはなんだったのだろう。

 今でも不思議でならない。

 そんなことをふと思った「芸術の秋」。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

いざ無くなってみると思い出せない

 久しぶりの比叡山の山頂付近。大比叡の手前に広い空き地があった。  「あれ?ここは以前なにがあったっけ?」  こんなに広いのに、思い出せない。  確か、テレビ中継塔があったな。それが無くなったのかな? …

結局のところ

 「結局のところ、人生ってさぁ・・・」とか、  「簡単にいうと、仕事ってものは・・・」と、あるところでまとめようとしちゃうところがある。  自分もそんなところがあった。ある時点でひとつの心配事が解決し …

クロースアップ

「人生はクロースアップで見ると悲劇だが、ロングショットで見ると喜劇だ」  とチャップリンの言葉。  「クロースアップ」じゃなくて「クローズアップ」じゃないの?って思った。    お店が閉店した時の「C …

テレビ

 地上波を見るのは、定時のニュースと天気予報。NHK朝ドラと大河ドラマ。NHK「サラメシ」「うたコン」「のど自慢」。  それくらいになった。  だからテレビのリモコンは、「電源」ボタンしか使わない。 …

幸せそうに見えるのも

 全身花粉まみれになって蜜を吸っている。  こう言う姿をみると、虫もいいなぁって思ったりするが、  虫の世界もなかなかワイルドライフなので、「それならいつでも代わってやるよ」って言われそうだ。  鳥に …