今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

身を委ねる

投稿日:

 今日の朝ドラ「エール」の中のセリフが琴線に触れた。

「以前はボクも理想の音楽を追い求めていました。でも今は音楽に身を委ねています。」 

 細かい言い回しは不確かかもしれないが、こんな感じ。

 若い頃はみんなここで苦しむ。理想を追求する。それこそ生きる目的。とまで思っていた時もあった。

 そこから挫折挫折の連続。思うようにならず、自分の薄っぺらいプライドもズタズタにされてボロボロになって。

 みんな多かれ少なかれそんな経験があるのだと思う。

「時の流れに身をまかせ」「川の流れのように」

 年を重ねるとそういう歌が身にしみる。

 人生いつまでも挑戦し続ける! それもまったく否定しない。ただ、挑戦は「流れに逆らう」とか「何かをぶっ壊す」というのではなくて、「創造する」という意味での挑戦はしたいと思う。

 たとえ若い頃にこのセリフに出会えたとしても、おそらく聞き流していただろう。一年後の私も聞き流しているかもしれない。

 人も言葉も本も映画も、自分にとって最高のタイミングで目の前に現れると思っている。

 いや、ある時からそう思うようにしている。

 今、この映画は自分に何を訴えようとしているのか、このセリフは何を教えてくれているのだろう?この人を紹介してもらったのはどういう意味があるのだろう?

 「何も意味なんてない」というのも真理だろう。「人生そのものだって何も意味がない。だって、今お前が足で踏みつけて殺したアリの生涯に、なんの意味を見出せるのだ?」と言われてしまえば返事に困る。

 「お前もオレも、その踏みつけられたアリと一緒なんだよ。そこに山積みになっている落ち葉の1枚と一緒なんだよ。」それも一つの真理だ。

 でも何か意味を見い出さないと、この人生やっていられないという気持ちもある。ただ、この人生をやり過ごすだけでいいのだろうか?

 そう、必死にもがいて、足掻いていても、なるようにしかならないのが人生。

上手にその人生に身を委ねて、その中でも日々懸命に生きていく。

 そんなことを考えながら生きていくうちに、いつしか人生は終盤へと向かっていくのだ。

 

  



-ライフシフト, 生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

花を振り向けば

 花を振り向けば  いつも見送る目がある  花を振り向けば  いつもやさしい言葉がある 「いってらっしゃい!」の手を振る笑顔  どれほど大切なことか  これが今生の別れとなるかも知れぬ  不機嫌で別れ …

冬の琵琶湖疏水

 年末あたりからだろうか?琵琶湖疏水は水を抜く。  琵琶湖疏水は2経路あり、こちらは主に灌漑用でほぼ暗渠にはなっていない。  琵琶湖からの取水が止められた疏水の壁面には、  乾いた水草が張り付いており …

娘が買ってきてくれたおつまみは

 「どこで買ってきたの?」  と、言いたくなるようなおつまみ各種。  右端の「イカ足 甘醤油味」は、美味しかったのだが、なかなか顎が疲れる一品。  「骨せんべい」はパリパリっと食べやすくて美味しい。い …

50代後半の死生観

 ちょっと時間ができたので、書き留めておこうと思った。  死についてのことだが、今は「死」というものが怖くない。うーん、「怖くない」という言葉は違うような気がするが、それに怯えていないという方が近いか …

日記

パソコンに日記を書き始めてもう6年になる。  最初はスマホの1日3行ほどの日記だったが、そこからEvernoteに書くようになり、そして現在のApple純正アプリの「メモ」に移行した。  途中半年くら …