今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

シャトルシェフ 小豆 料理

近頃のあんこ作り

投稿日:

 またまたあんこの作り方を変えている。

 ・小豆を開封して、たっぷりの水に16時間浸けておく。

 ・その水のまま鍋に入れて沸騰させて煮こぼす。

 ・圧力鍋に新しい水と小豆を入れて加圧。「200gの小豆に750mlの水」。

 ・30分加圧して冷えるまで放置。

 ・圧が抜けたのを確認してから蓋を開けて、砂糖200gと塩少々入れてそのまましばらく放置。

 ・火をつけて加熱して焦げ付かない様にかき混ぜる。

 ・最後に水飴をお玉1杯(適当)くらい入れてさらに練り上げる。

 ・バットに流して冷めたら出来上がり。

 シャトルシェフで作ると簡単なのだが、小豆の皮がもう少し柔らかくなるといいなと思っていた。それを解決するには、シャトルシェフに入れる前に煮る時間を増やせばいいのだが、そこまで時間かけて煮るなら、同じ時間圧力をかけた方がさらに柔らかくなるし手間は一緒だなと考えた。

 結果的には、圧力鍋の方が手間と時間が掛からず、あんこの仕上がりも良い気がする。シャトルシェフ は相変わらず他の煮物作りには大活躍してもらっている。



-シャトルシェフ, 小豆, 料理
-,

執筆者:


  1. Aki より:

    なんか楽しそう、先日作ってみたけど、もっと水分を飛ばせとかカミさんには言われ放題、あちらのストレス発散には役立ってます♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …

タンカンの皮でピール

美味しいタンカンを友人にいただいた。 「皮は捨てずに残しておいて、ピールにしてね」と言われたので、その通りにしてみた。  皮をキレイに洗って、5mm幅に切って、熱湯でサッと茹でる。  冷水にとってしば …

きのこと卵のスープ

 最近、きのこ類と卵のスープをよく作る  一度作って美味しかったので、いろいろなきのこで作っている  最初が、ひらたけ。  次が、舞茸とぶなしめじ。  椎茸やらエリンギやら、安いきのこはいろいろ売って …

4月上旬の常備菜

ゴマサバの味噌煮ブロッコリー(茹で)菜花のお浸し春菊の胡麻ポン酢和えポテトサラダゴボウのサラダきんぴらごぼう(ブロッコリーの皮入り) 息子夫婦に渡す分として。  サバの味噌煮  街の老舗のお惣菜屋さん …

春菊とツナの和物

 ・春菊 一把 ・シーチキン 1缶 ・創味のつゆ 小さじ1 ・マヨネーズ 大さじ2 ・粗挽き黒コショウ 少々 春菊は沸騰した湯で1分間茹でる。  あとは和えるだけ。  5分で出来る副菜。