今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 散歩

追い風

投稿日:

 高校時代。


 冬の猛烈な季節風の下、40分間の自転車通学。


 追い風の時は、帆をあげたい気分だったが、


 向かい風の時は、ペダルにのせた足の先に全体重をかけても、


 1mmも前へ進まなかったことを覚えている

 バンドをやっている時で、


 背中にギターを背負って、後ろの荷台にはギターアンプを括り付けて走ったこともあった。


 荒れた海に放り出された帆掛舟みたいなものだった。


 向かい風の時は、その風を恨めしく思ったものだ。

 しかし、いざその風が、


 穏やかな追い風の時は、その風の存在さえ気付かないことも多い。


 今日のペダルが軽いのは、自分の実力だと思っていた。

 思い返せば、


 今までの人生でもそんな追い風に気づかずに、


 自分の実力だと思っていたことがあった。


 今になってわかることだけど、


 あの風はきっと気まぐれなものだったのだろうと思う。

 それを自分の力と思ってしまった。


 向かい風は穏やかでも気がつく。


 でも、穏やかな追い風は気付かないものだ。

 すれ違いざまにふと顔に当たる向かい風。


 そして、通り過ぎるとあとからくる香りと追い風。


 人と会う一瞬にも、


 短いドラマがある。

-ひとりごと, 散歩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

インプット

 30年前、私の情報入手先は、新聞とテレビニュースとFMラジオとパソコン通信だった。  今は、インターネットとポッドキャスト。そして、嗜みとしてNHKニュース。  老眼が進行してからは、あれだけ好きだ …

焚火がしたい

 子供の頃は毎週のように「火燃し(ひもし)」をしていた。  毎週当たり前にやっていたことで、  日曜日の午前中にラジオを聴きながら楽しんでいた。  西田敏行さんと松崎しげるさんの名コンビの番組が楽しみ …

美術展

 同じ日本に住んでいて、  東京・大阪・京都では、頻繁にこのような大規模な美術展が開催されて、  気軽に名画の本物に観ることが出来るというのはズルいと思っていた。  以前住んでいた場所でこの美術展を観 …

つまみおにぎり

 子供が小さい頃に、面倒な離乳食も適当に切り上げて、  ご飯を食べさせようとしたときに作ったのがコレ。  小さい長方形に切った焼きのりで摘んだ白いごはん。  ただそれだけ。  つまんではテーブルに置い …

世界を変えるのと、自分を変えるのと

 日本のシステムを変えようと思っても、なかなか一朝一夕に変えられるもんじゃない。中学高校大学の生徒会や文化祭実行委員会、保護者になってからのPTA、そして自治会の集まりに参加してきても、その構図はどこ …