今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

追悼:エディ・ヴァン・ヘイレン

投稿日:

 エディ・ヴァン・ヘイレンの訃報に心が沈んでいるが、

 そんな時に昔のバンド仲間から

「うわぁ、エディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなったぁ!」というLINEのメッセージ。

 一緒に音楽をやっていた人とその悲しみを共有出来ることに、ありがたいなと感じた。

 ヴァンヘイレンは、衝撃的なバンドだった。

 彼らのデビューは、ディープパープル、レッドツェッペリン、エリッククラプトンの時代から、大きな転換期だったような気がする。

 少なくとも私にとっては間違いなくロック史に残る偉大なギタリストのひとりだ。

 ロックを聴き始めたら、そこにはリッチーがいて、ジェフベックがいて、ジミーペイジがいた。

 ひたすらにそのギターをコピーした。

 毎日毎日何度も何度も聞いて弾いていた。

 カセットテープを巻き戻しては、再生、巻き戻しては再生。

 これはどうやって弾いているんだ?

 音楽理論なんてわからないし、楽譜もロクに読めないから、耳を頼りにギターの指板でポジションを探す。

 ハードロックのギターは大抵それで弾けるようになったが、

 エディのギターは真似できない。

 どうしてもたどり着けない場所にいる神だった。

 最初に演奏している映像を見た時も衝撃だった。

 これだけ練習して弾けないのは、きっと合成して作った音じゃないのか?実際には弾けないんじゃないか?とも思った。

 しかし、ライブ映像を見るとなんとも軽々と笑顔でどうにも弾けないギターソロを簡単そうに弾いている。

 あのマイケルジャクソンのBeat it ! のギターソロも、アドリブの即興だと聞く。どうしてあのようなフレーズがアドリブで弾けるのだろう?

 昔、多くの作曲家がモーツァルト の才能を妬んだように、その妬みの気持ちが生まれて、次第にそれは憧れへと変わっていった。

 一時、効かなくなった時期もあったが、ここ10年くらいはまた初期のものから聴きなおしている時だった。

 ギターも弾きたいフレーズがたくさんあったので、弾ける部分だけでも必死に練習してみた。

 どうにか弾けるようになったときの喜びは、学生時代の比ではない。

 今はただただ「ありがとう」と言いたい。

 たくさんの刺激、興奮、感動をありがとう。

 ご冥福をお祈りします。

ps.初代のヴァンヘイレンのベーシスト・マーク・ストーン氏がエディがなくなるほんの11日前に亡くなっていたことを知った。同じく癌だったという。

 合掌



-ライフシフト, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

卵や小魚

 子供の頃は、タラコやイクラ、そしてチリメンジャコなど  「これを育てたら大きくなるのに、なんでこんな小さいうちに食べちゃうのだろう?もったいない。」って思っていた。  実際は、それを大きく育てるため …

生八ツ橋

 娘がリニューアルした京都水族館へ行っていた。  買ってきてくれたお土産がまさかの生八ツ橋。  ここに住んでいると、いつでも買えるものではあるが、わざわざ買わない。  それだけに新鮮だった。  いつも …

視界に小さな花があるだけで

百均でお手軽に潤いの生活 用意するもの 百均で売っているガラスの容器ビー玉挿すお花と観葉植物など こんな感じのものならなんでも  習慣になってしまえばなんてことないのですが、最初がなかなか腰が上がらな …

流されるときは

心が穏やかな時と イライラしている時と 寂しい時と うれしい時と 悲しい時と 恥ずかしい時と 怒っている時と 愛している時 きっと、その時に自ら発しているものが 言葉になり 艶になり 歌になり 表情に …

人の体っていうのは

 人間の体っていうのは、お母さんのお腹の中にいる時は、体重の90%が水分らしい。子供ではおよそ70%、大人でもおよそ60%。  60兆個の細胞で出来ている。  その細胞は分子で出来ており、  連絡網で …