今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

運がいいんだか悪いんだか

投稿日:

 ラッキーが2つ続いたけど、

 最後は大外れ。

 ラッキー2つとアンラッキー1つで「運がいい!」と判定。

 ラッキーの数が多くても、最後にダメなら全部ダメと考えるべきなのか?

 それを1ヶ月後で判断するのか?

 はたまた一年後に判断するべきか?

 それとも自分にとっての「ガッカリ度」で決めるのか?

 運がいいとか悪いとか、自分で決めるのも、人からそう言われるのも、

 いい加減なもので、  「だからなんだ?」ってことだ。

 そこで「キミがこれだけ運が悪いのは、何かあるんだよ。お祓いにでも行ったほうがいいんじゃないか?」

 と、「運が悪い人」という烙印を押して、「運が悪い人コースでお願いしま〜す!」ってレールに乗せちゃうのはどうかと思う。

 誤って指を切っちゃても、

 「あぁ指だけでよかった。指が身代わりになってくれたのね。」とポジティブと捉える人もいるだろうし、

 「このケガは何か悪事の予兆だ。」と、祈祷をお願いしたりする人もいるかもしれない。

 悪いことはなぜか続く傾向があるような気がするし、

 良いことが続きすぎると、それはそれでまた不安になる時もある。

 あらかじめ、

 「これからの人生、いいことも悪いことも起こるけど、トータルしてプラマイゼロになってるんで。あんまり気にし過ぎないように。」

 と言っておいてもらったら、少しは気が楽なのかもしれない。

 でも、どんな出来事でも受け取り方次第のところがあるから、

 高額宝くじが当選することは「幸福」なのか「不幸」なのか、意見の分かれるところであるし、

 それこそ「結婚」だって「幸福」とは限らない。

 待ち人も来たほうがいいのか悪いんだか。

 大願も成就したほうがいいんだかどうなんだか。

 だから運がいいのか悪いのかってことも、

 結局のところ「自分次第」ってことになっちゃうのかもしれない。

 いつものことながら、結論なんてどこにもない。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴソゴソと遊んで捨てる

 仕事で忙しいと「大変だね」とか「忙しくて何より」って言われたりするけど、  遊びで忙しくてもあまり同情してもらえない。  これもそんな遊びに分類されるような作業。  古いタンスを「大型ゴミ」で行政に …

湖岸の冬散歩

 この日は日中から比較的気温も上がって暖かい日になったので、  のんびりと一人で湖岸を散歩してきた。  いつもよりゆっくりしたペースで、何か絵になる風景はないかな?と  運動を意識するウォーキングでは …

「老いるショック」

 最初にみうらじゅん氏がこの言葉を生み出したのかもよく知らないが、この単語で検索するとみうらじゅん氏の名前が出てくる。  老いを日々実感することでのショックは、心もじわじわと傷つくところもあるが、その …

爽やかだけど清々しい

 初夏を思わせるような気持ちの良い日。  頬を通り過ぎる風も気持ちよく爽やかな季節。  ここで間違いをひとつ。  「爽やか」ではなく、初夏では「清々しい」を使うらしい。  では「爽やか」はいつ使うかと …

これからのペット

 7年前までシバ犬を飼っていた。  そのシバ犬は15年生きた。  3万円ほどで購入した血統書付きの立派なシバ犬。今では考えられない安さだ。  外に犬小屋を置いて、一度も家の中に入れることはなかった。 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲