今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

酔った自分は自分なのか?

投稿日:

 「自分」というものは誠に掴みどころがなくてよくわからない。

 自分の性格がどうのという話ではなくて、「自分」というものの定義がよくわからないのだ。

 自分の意識が考える「他者」と明らかに区別するもの。

 意識としての自分と、肉体としての自分と、別々に考えたとしてもそれは同じで、

 分子の淀みである肉体も、どこからどこまでが自分の肉体なのかもその線引きがはっきりしない。肉体に関しては、免疫系が判断してくれるところが大きいので、ある面においてはその免疫系の判断に委ねている部分が大きいだろう。

 しかし、自分のツバが口の中でクチュクチュしている間は汚いと感じないのに、一度それを手のひらに出して瞬間にそれは汚いものへと姿を変える。一度手のひらに吐き出したツバを再び口に戻してクチュクチュするのはなかなか抵抗がある。

 犬は平気で自身が吐瀉したものを食べたりする。人は口の中で噛み砕いて食塊にしたものを一度出したら、それを再び食べ直すことはとても抵抗がある。なぜだろう?今、直前まで口の中にあって飲み込もうとしていたものなのに。

 それでいて、皮膚を傷つけて出た血液は平気で舐めることが出来る。

 本を読んでいて、指が乾いてページがめくれないときに指を舐めて湿らせることは平気だし、もう一度その指も舐められる。

 視覚的な問題なのだろうか?

 まぁおよそこの辺りまでかな?ってところで自分なりに線引きしているのだろうが、その線の引き方は人それぞれ違う。そこでまた諍いが起きてくる。

 意識としての自分もそうだ。どこまでが自分でどこからが他者なのか。

 酔った時に恥ずかしい行動をとってしまった時に、「あの時は酔っていたから」と言い訳をする。酔った時の自分は自分とはまた違った人格なのだろか? 酔ってしまって本来の自分がいなくなっているのか?となると、その本来の自分とはなんなのだろう?考えれば考えるほどわからなくなってくる。

 それの本質が分かったからと言ってどうなることもないだろう。考えている時間が楽しいなら、それもいいだろうけど、そうでもないなら考えなくてもいいことだ。そう考えると、何事に関してもそう言える。

 私の好きな歴史に関してのことも、勉強している時間が楽しいならそれでいい。そうでもないなら他のことをやればいいのだ。歴史の勉強をしなかったからと言ってどうなることでもないのだ。

 「そんなことを考えている暇があるのなら人の役に立つことをやるべき」ということだって同じことだ。正直「大きなお世話だ」。あなたは人の役に立つことが楽しくてやりがいのあることだと思っているからやっているだろうが、それをそうと思うかどうかは人それぞれなのである。

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

なに食べる?

 「なに食べる?」  「なにがある?」  「なに食べたい?」  「何ができる?」  「何か食べたいのないの?」  「なんでもいいよ」   晩ごはん、何にしようかな?  ネタに困ると妻や娘に聞くのだが、 …

美術展

 同じ日本に住んでいて、  東京・大阪・京都では、頻繁にこのような大規模な美術展が開催されて、  気軽に名画の本物に観ることが出来るというのはズルいと思っていた。  以前住んでいた場所でこの美術展を観 …

今の自分を10代の自分に見せたら

「50年後、自分がどうなっているか知りたいか?」  もしも、そう聞かれたら迷うだろうな。知りたいような、知りたくないような。  知りたいけど、やっぱり聞かないでおこうって答えるかな?  その時に、「教 …

だけども、問題は

 世界情勢はなんだか大変そう。  だけども、問題は、  今夜作るカレーに入れる玉ねぎが高いこと。いつも2個入れるところを1個にしようかと思ってしまった。いつもなら1袋3個100円で売っていたのが、近頃 …

運がいいんだか悪いんだか

 ラッキーが2つ続いたけど、  最後は大外れ。  ラッキー2つとアンラッキー1つで「運がいい!」と判定。  ラッキーの数が多くても、最後にダメなら全部ダメと考えるべきなのか?  それを1ヶ月後で判断す …