今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

料理 鶏むね肉

酢鶏

投稿日:

 鶏むね肉が常備してあるものだから、酢豚よりも酢鶏を作ることが多い。

 甘酢あんを甘い目にすると、甘党の家族も喜ぶのでよく作るメニュー。

 緑色は通常ピーマンを使うのだろうが、私が乾癬でナス科の食材を極力減らそうと小松菜にしてある。

 塩コショウで下味つけた鶏むね肉に、片栗粉をまぶして油で揚げる。今回は薄く切ってフライパンで表裏焼いた。

 揚げたら一度取り出しておく

 別の鍋ではニンジンを茹でておく。禁じ手かもしれないが、面倒なので茹で卵も一緒に作ってしまっている。(卵はよくよく洗ってあります。)

 竹輪も余っていたので、片栗粉をまぶして焼いておいた。

 新玉ねぎも一口サイズに切っておく

 具材が揃ったら、ごま油で炒めて、油が回ったら450mlほどの水を入れて、蓋をしてしばらくグツグツ

 味付けはいつもいい加減だけど、およそ

  • 顆粒中華だし 大さじ1
  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • ケチャップ 大さじ2
  • 酢 大さじ2

水が多めに入れたので、味見しながら少し何か追加したかも。

 小松菜は最後に入れてちょっとかき混ぜる程度

 あんかけって意外とお手軽なので、よく作ります。ご飯にのせて丼にしちゃってもいいし、翌日に何か具材を追加して別の料理にしてもいいし。

 けっこうお腹いっぱいになったなぁ。

 食べすぎたかと思って、食後は走りに行った。





-料理, 鶏むね肉
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

春菊の昆布茶焼きうどん

安い茹でうどんを使った一品。 春菊と竹輪と油揚げ。  作り方を説明するまでもないが、レンジで軽く温めておいた茹でうどんと、竹輪と油揚げをサラダ油で炒める。  味付けは、昆布茶(添付のスプーン1杯)、塩 …

むね肉は、これが一番簡単かも!

 「鶏ハム」とか「鶏天」とか「唐揚げ」「フライ」、むね肉料理はいろいろ作ってきましたが、一番簡単なのはなんだかんだでこの茹でたむね肉が一番簡単かもしれません。  大きめの鍋に水を沸かして、醤油と日本酒 …

山盛りの炒め物

 末娘が帰省して4日目。  今夜も山盛りのおかず。  豚バラ、ニンニク、キャベツ、にんじん、厚揚げ、スナップエンドウ、小松菜、ぶなしめじ、  そしてカサ増しのためにビーフンを入れようと物入れを探したが …

5月7日の常備菜

 野菜直売所に行った  絹さや、スナップエンドウ、エンドウ豆がいっぱい  なかったのは、キャベツや大根  スーパーに行ったらキャベツは1玉 500円で売っていた  ということで、今回の常備菜は4種類 …

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …