今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

料理

野沢菜漬けと旨味調味料

投稿日:

学生時代に初めて出会った、信州の「野沢菜漬け」。

 最初はどこで食べただろう?スキー場だったか?それとも部活の合宿の宿だったか?そこまでは覚えていない。

 ただ、どこへ行っても出てきた。

 「これをかけるとうまいよ」って、旨味調味料をたっぷりかけて食べた。いわゆる「味の素」だ。

 だから、野沢菜漬けは「味の素」の味というイメージだ。味の素をかけないと物足りないとさえ感じてしまう。

 食べ方も教えてもらった。

 爪楊枝を右手の親指、人差し指、中指の3本の中央に挟み、爪楊枝の尖った部分が出るか出ないかくらいまで深く持つ。その状態で、親指と人差し指・中指で摘んで「ほいっ」と口に運ぶ。

 爪楊枝は必要なのか?と思うほど、役に立っていない気がする。ほぼ指で摘んでいるし。

 食べだすとやめられない。お茶受けにもいいし、もちろん白いご飯も進む。

 信州を離れてから食べる機会は激減したが、時折食べたくなる。

 行きつけのスーパーのお漬物コーナーにも常備してあるので食べようと思えばいつでも買える。

 しかし、「化学調味料、合成保存料、合成着色料無添加」と書いてあるのもあるくらいだから、ほとんどの商品にはそれらが入っているのだろう。

 無添加の野沢菜漬けを買っても結局味の素をかけて食べてしまう。最初に覚えた味というのはなかなか離れられない。

 自分が漬けたぬか漬けでも、漬かり具合が浅い時は味の素をかけてしまう。そして、それをかけると家族が「今日のお漬物、美味しいね」という。

 複雑な気持ちだ。

 日本人はみんな「味の素」が大好きなんだろうな。ラーメンやチャーハンも、これでもかというほど旨味調味料を入れると「美味しいね!」って言ってもらえる。

 仕方ないのだろうな。



-料理
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

シャトルシェフで煮豚

 友人にいただいた中古のシャトルシェフはこの冬大活躍だ。  今回は煮豚に挑戦。  フライパンで豚肩ロースの塊の表面に焦げ目を入れてからシャトルシェフに移す。  シャトルシェフには、  醤油 1カップ  …

キノコのマヨキムチ焼きうどん

 この手のいい加減なメニューは作っていて楽しい。  「麺つゆで絡めて、大根おろしと生姜に九条ネギたっぷり」とか、  「味ぽんとマヨと削り節ドバーっとのせ」とか  「納豆高菜漬けと温玉」とか、  いくら …

6月最初の常備菜

 6月最初の常備菜はやや少なめ。 鶏むね肉とゴボウの甘辛炒め  むね肉は、醤油、日本酒、砂糖、おろし生姜で揉んでおく。ゴボウは千切りしてアク抜き。  ごま油で炒めて、火が通ったら醤油と砂糖少々ずつで味 …

納豆キムチ蕎麦

 いつもの蕎麦を茹でて、  いつもの麺つゆで、  上に納豆と市販のキムチをのせただけだが、  これがうまい。  蕎麦にキムチなんて邪道だろう!  と言われそうだが、  カレー蕎麦が美味しいように  こ …

6月2週目の常備菜

左上:ねじりこんにゃくの甘辛煮 右上:鶏むね肉と蒸し大豆の炒り煮 下:ポテトサラダ ねじりこんにゃくの甘辛煮  ねじりこんにゃくは、熱湯で軽く下茹でしておく。  フライパンにごま油をしいて、ねじりこん …