今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 健康 出来事 草花

金の成る木とぎっくり腰

投稿日:

 連休中にぎっくり腰になった。

 出来ないこと
・洗面台で顔を洗うこと。(前屈みが無理)
・しゃがんだ状態から手を使わずに立ち上がること。

 頑張れば出来ること
・靴下を履くこと(椅子に座って靴下の持ち方、足の曲げ方を工夫すればどうにか履ける)
・パンツやズボンを履くこと(靴下同様、工夫すればどうにか履ける)
・寝返りが出来る(これは問題なく出来る。以前は寝返りさえ出来ない時があった)
・歩ける(一旦起きあがれば普通に歩ける。しばらく腰がひけているけど。)

 ということで、どうにか大丈夫。酷かった時は、起き上がれないし、寝返り打てないし、トイレ行くのも冷や汗流しながらスキーのストック使ってなんとか移動していた。

 その日の朝はストレッチからのウォーキング&ジョギングしていたのに。

 午前中も電車で出かけて買い物したのに。昼寝から起きたら「あれ?」って感じで動けなくなって、あれよあれよという間に悪化していった。どうにか歩けるもんだから、ひとりで歩いて鍼灸院へ行ってきたが、いつものことながらすぐによくなるわけでもなく、それからは布団の上でごろごろ。

 次の日もやはりまだ痛くて布団の上でごろごろ。

 3日目でやっと少しマシになって仕事もどうにか。もう何回目だろうというくらい「いつものやつ」という感じだが、今回のは比較的軽くて良かった。

 何が原因だったろうかと思い返してみると、「植木鉢の移動」だったかと思う。

 ↑ 「金の成る木」大きい鉢を2つ。

 右が亡き義母が育てていたもので、左が我が家のものなのだが、昨年の秋、最低気温が氷点下になる前に家の中に入れてあげようと運んだ時に、落としてしまった。植木鉢は落としていないのだが、植木鉢を傾けた時に植木と土だけがコロリと下に落ちてしまったのだ。枝もいくつか折れてしまった。

 そんなことがあったので、今回はそうならないように植木鉢を水平に保つということを意識しすぎたのでそれが腰への負担になったような気がする。その時に痛みはなかったのに2日後に来るとは、これも歳のせいか?運んでいる時も「これは腰にきそうだ」って思っていた。2鉢目は台車を使って運ぼうかと思ったくらいだった。でも痛みもなく終えられたので良かったと思っていたのに、まぁこんなもんなのだろうな。次からは同じ轍は踏まないようにしようと思う。

-ひとりごと, 健康, 出来事, 草花

執筆者:


  1. Aki より:

    鍼灸院に掛かったのなら安心ですけど大変ですねぇ
    重いものはもちろん気を付けないとだけど、個人的に一番の恐怖はクシャミ、
    慢性鼻炎なのでいつ出るかわからず、中途半端な姿勢ですると一発で腰が逝きます。まあ仕事量が以前の数分の一なので、ここ1年以上は鍼灸院には行ってないけど、トドメが入りそうなことは何回もあり、超音波治療器で凌いでます、仲良くやっていくしかないですね・・

    • KURI より:

      Akiさん
       クシャミですか。確かにぎっくり腰が今回の場所よりもう少し上の時はそうでした。いきなり来るから恐怖ですよね。
      今回は1日ごとによくなって来ているので、少し安心です。

  2. アプリ より:

    ぎっくり腰はたいへんでしたね。軽く済んでよかったです。

    私は、もう10年以上前に寒い冬になりました。どちらも何か重いものを持ったとかの覚えはなくて朝起きようとして駄目でした。1度目はとても電車通勤はできないから何日がは休み、2度目はちょうど失業していて、どちらもしばらく行きつけの整体に通いました。
    思えば、今のように体を動かす仕事ではなかったから、冷えからきたのかと。
    それでも、ちょうど楽しみしていたコンサートがあって電車では行けずでタクシーに乗って行ったのを覚えてます。

    • KURI より:

      アプリさん
      身に覚えのないぎっくり腰というのも困りますよね。「冷え」と「座りっぱなし」は確かに危険。今は夏樹静子氏の本じゃないですけど「椅子がこわい」です。
      楽しみにしていたコンサートだったら、私もタクシーで行くかも。(^_^)

  3. しんちゃんママ より:

    ギックリ腰、いかかですか?
    本当につらいですよね。帯状疱疹の次に痛かった。
    20数年前、父のお墓参りの帰り、京成線の中でギックリ腰になり、
    座席から、立ち上がれない。
    新津田沼駅で新京成線に必死で乗りかえ、終点の松戸へ・・・。

    帰宅して、本院(神奈川)にいらした鍼の先生に応急処置を聞き、
    翌日、分院(都内)で受診。
    それ以来、「何か、変!ギックリ腰?」と思ったら、
    先生から教えてもらった方法で対処し、受診。
    下にある物をとる時は、膝を折っててからとるようにしています。

    お大事に!!

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      ありがとうございます。帯状疱疹はぎっくり腰よりも上なんですね。あぁ、絶対に帯状疱疹になりたくない・・・。結石も痛いと言いますし、痛いのはなんでもイヤです。
      出先でのぎっくり腰も恐怖ですねー。
      >下にある物をとる時は、膝を折って
       現在、その状態です。
       明日はきっと今日よりいい日になりそうな予感です。(^_^)

  4. しんちゃんママ より:

    結石
     「しんちゃんは尿路結石、しんちゃんパパは胆石。」を病院に連れて行きました。
      二人とも悶絶していました。
      しんちゃんは受診前に、病院のトイレで石が出てきて、
      けろっとしていました。
      初めて診ていただいた先生に、
     「痛かったね。僕も経験あるから、よくわかるよ!」と言われました。
      
     

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       お二人とも大変な思いをされて頑張りましたね。見守られるママさんと大変だったことと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブルーラグーンと皇帝円舞曲

きっとこのCMを見てエレキギターをはじめた人も多いはず。 バンド仲間が集まって、1週間泊まり込みの練習。  昨夜は遅くまでデモのレコーディングをしていた。  遅く起きた軽井沢の朝。  メンバーはまだ寝 …

明け方の豪雨

 枕につける左耳からのドドドドッという重低音で目が覚めた。  地鳴りか?地震か?  次の瞬間、しっかりと雨戸が閉めてあるにもかかわらず、真っ白になった寝室。  それと同時にガス爆発でも起きたかと思うよ …

映画「Mr.ノーバディ Nobody」

一見してごく普通の中年男が、世の中の理不尽に怒りを爆発させて大暴れし、やがて武装集団やマフィアを相手に激しい戦いを繰り広げる姿を描いた痛快ハードボイルドアクション。「ジョン・ウィック」の脚本家デレク・ …

夕暮れさんぽ

 腰を痛めて思うように歩けなかったとか、  雨が続いて家の中で悶々としていたとか。  忙しくて自分の時間が取れなかったとか。  そんな後に、どこも痛いところもなくスタスタと時間を気にせずに、行きたいと …

南部鉄瓶

 遺品の中から見つかったボロボロに赤錆のついた鉄瓶。  取っ手も片方はずれていて、持つことも出来ない。  「これはもうダメだよね? ちょうど明日の朝、金属回収が来るみたいだから出しちゃおうか?」  「 …