今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

料理 麺類

鍋焼きうどん

投稿日:

 寒い日は鍋焼きうどんがいい。

 小鍋でグツグツ煮込んでから器に盛り付けてもいいのだが、やっぱり一人前の土鍋で作るのがいい。

 冬の寒い日や、ちょっと風邪気味でパワーが欲しい時に作る。

 学生時代に、松本空港のあたりに「富久」というお店があって、注文は「おじや」か「うどん」のどちらかを選ぶ。その味噌煮込みのおじや&うどんが格別に美味かった。今はネットで調べてもヒットしないのでもう締めてしまわれたのだろうか。

 そんな思い出のある鍋焼きうどんは、季節を問わず作っては食べている。どこかのお店で食べることはない。自分で作るのだ。

 土鍋に400mlの水と麺つゆを入れ火をつけて、冷蔵庫にあるものを次から次へと入れていく。

 この日の鍋焼きうどんの具材は

  • 長ネギ
  • 型抜きニンジン
  • 小松菜
  • 春菊
  • 竹輪
  • 丸餅
  • 天かす
  • ぶなしめじ
  • 玉子

もう豪華すぎ!

体もぽかぽか! 元気いっぱい!

 茹でうどんも、今は一人前20円〜40円くらいで買えるので、とってもリーズナブル。土鍋もダイソーとか400円で売っているし、マイ土鍋を一つ持っていてもいいかも。



-料理, 麺類

執筆者:


  1. Aki より:

    よく名前覚えてますねぇ~、500円だったけかな?
    手打ち麺でなんかホウトウぽかった記憶があるけどどうだったか…
    蓋は割れたけど学生時代の小さな土鍋は今も健在、40年近く愛用です♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鶏胸肉の中華あんかけ竜田揚げ

鶏胸肉の中華あんかけ竜田揚げ 使った材料 鶏胸肉 大1枚(3人分)塩胡椒 (胸肉下味用)片栗粉 (衣用とあんかけ用)顆粒中華だし(あんかけ用)砂糖 (あんかけ用)醤油 (あんかけ用)コチュジャン (あ …

朝の時間 朝食の時間

 「ぬか漬け」と「昆布の佃煮」と「納豆」  炊きたてご飯と熱々の味噌汁  デザートには「スイカ」  暑い夏の朝食  自分で作っておいて  なんだかこれ最高じゃない?って思っちゃった。    朝からご飯 …

ねじれそばと竹割そば

 「三度の飯より〇〇が好き」  ご飯を食べるのも忘れてしまうほど何かに熱中してしまうことだが、  ご飯も好きだけど、蕎麦の方がもっと好きと言う意味で  三度の飯より蕎麦が好きって言っています。  蕎麦 …

納豆依存症

 ひどい時には1日3回食べる時もある  それくらい「好き」  と言うか、体が欲しがるから「依存症」なのかもしれない  必要だから欲しがるのだったらいい  毎食摂取する事によって、何かいい結果が出ている …

春菊とツナの和物

 ・春菊 一把 ・シーチキン 1缶 ・創味のつゆ 小さじ1 ・マヨネーズ 大さじ2 ・粗挽き黒コショウ 少々 春菊は沸騰した湯で1分間茹でる。  あとは和えるだけ。  5分で出来る副菜。