今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事 散歩

雨雲データマップ

投稿日:

 午後7時過ぎから湖岸へウォーキング。

 「雨雲データマップ」の雨雲の動きの予想では、これから歩く場所は微妙に外れてくれそうなので出発してみた。

 しかし、急に冷たい風が吹いてくるし、遠くに聞こえていた雷鳴も徐々に近づいてくる。

 比叡山の上で閃光が輝き、湖面全体が白色に変わった。

 いつもの折り返し地点まで、雨にも降られず、遠くで雷が光っている程度だったが、冷たく強い風は街路樹を大きく揺らすほどになってきた。

 8割ほど歩いた時点で、ポツポツ雨が降り出してしまって、

 あと8分で家に着くという場所で、バケツをひっくり返したような豪雨になってしまった。

 コンサートホールの軒下を借りて15分ほど雨宿り。

 その時点で「雨雲データマップ」を確認すると、

 「え?出かける前に見たのと全然違う動きじゃないか!?」

 これは良くあることなので、今更なのだけど、

 一番信用出来るのは、家を出る時に、

 玄関を出て空を見上げた時の雲の雰囲気と、肌を通り過ぎる風の感じを信じるべきだったと反省するばかり。

 15分ほど雨宿りすると小降りになったので、走って帰宅し、すぐにシャワーを浴びた。

 外した帽子のつばからは、ポタポタと水が垂れてきていた。

 涼しくて心地よかったが、広い場所での雷は怖い。

-ひとりごと, 出来事, 散歩

執筆者:


  1. Aki より:

    雨雲レーダーって、以前のほうが正確だったような…、近頃あてになりません

    • KURI より:

      Akiさん
      ここのところ、1時間以内の予報が微妙にずれることが多いのは、それだけ予想が難しいってことなのかなぁって思います。
      それだけに「近頃あてになりません」はおっしゃる通り。

  2. しんちゃんママ より:

    >家に着くという場所で、バケツをひっくり返したような豪雨
    ⇒あるある。
      駅でバスに乗る時は晴れ。
      走行中、歩いている人たちが傘をさし始め、
      バス停に着くとどしゃぶり。
      傘を持っていない人はコンビニの軒下で雨宿り。

      さっき、雲行きがあやしかったので、近くのコンビニに行く時に、  
      折りたたみ傘を持って行きました。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       突然の雨が多いですよね。それも半端ない雨量。出先のトイレの心配と共に、雨宿りの心配もしないといけません。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Fellows Tree(幸福の木)に花?

 歌手のASKAさんのライブに行った時に購入したグッズ。  「フェローズツリー」幸福の木(ドラセナ)。「Fellows」はASKAさんのファンクラブの名称。  最初は10cmほどのゴボウだったのに。 …

明日も自分でいられますように

 長いこと日記を書いていると、  「あの頃の自分はこんなことを考えていたのか」と思うことが多い。  「いいこと言うじゃん」と思ったり、  「バカだなこいつ」と思ったり、  「そんなことで悩んでいたんだ …

大阪中之島美術館「Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり―」

 雲もひとつない青空の下、大きな変なネコに迎えられた。  まだ開館したばかりの「大阪中之島美術館」。そのオープニングとなるこの「Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99 …

あなたのために言っているの

 お金で苦労した人は、「お金は大切よ」と教える。  学歴で苦労した人は、「なんだかんだで学歴がすべてだ」と教える。  就職で苦労した人は、「何か一つでも手に職を持っておいた方がいい」と言い、  パソコ …

3回投げて全部はずれ

 コタツで寝っ転がった状態から  ティッシュを丸めてゴミ箱に投げる。  「あぁもう!」  フチに当たって外れた。  カラダを伸ばして落ちたティッシュをとって、  ちょっと無理な格好でもう一度試みるが、 …