今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

飽きないこと

投稿日:

小麦粉って、使っているようで使っていないけど、使っていないようで使っている、

パンやケーキを頻繁に焼いていた時は、毎週薄力粉を買っていたが、今はあまり買っていない。

パンもほぼ食べないし、お好み焼きやたこ焼きも滅多に作らない。

 今は、市販の茹でうどん、スイトン、ホワイトソース、そして揚げ物で使うくらい。

 そう、天ぷらで使うことが一番多いかもしれない。それも近頃は天ぷら粉を使うから、今使っている薄力粉はもう2ヶ月ほど前に買ったものだ。

 それに引き換え、ご飯の消費は相変わらず多い。米作りの農家さんから30kg単位で購入している。

 1日3食のうち3食ともご飯という日がほとんどで、休日の昼に麺が出るくらい。それくらいご飯ばかり食べている。

 それでも太ることもなく、元気に体重は維持している。麺は好きだが、そればかり食べていると太る傾向にある。食べる量の問題かもしれないが、気がつけば麺が続くと体重が増えている。

 今は糖質制限やらで比較的嫌われ者になっているが、我が家はいつもと変わらず、炭水化物大好きであり、脂肪分も大好き。肉もよく食べるし、嗜好品などの甘いモノも多い。

 白砂糖も多い方だろうと思う。コーヒーも毎朝飲むし、アルコールも少々嗜んでいる。

 どれもいつもより多ければ制限するし、足りない感じがすると多くとるし、ある程度のボックスの中での変化で生きている気がする。日々体重計に乗って、排泄物の調子をみて、ウォーキングや山歩きの感じで体調を測る。

 きっと病気になる時は、そうやっていつもの生活していてもなる時にはなってしまうのだろう。ある程度年齢を重ねれば仕方ない。

 50代半ばを過ぎたら、これが体に悪い、これが体に良い、という情報はあまり追うことはなくなってきた。自分の体の調子を見て試行錯誤するだけ。

 買い物に行っても、いつも決まった食材ばかり買う。季節によって変わるが、基本的に似たようなものばかり。あとは同じ食材を使ってどのようにそれをアレンジするか。

 飽きないように工夫する。

 なんとなく「飽きないように」は大切なことだったんだなって思う。

 工夫することは進歩のためとか、効率とか合理性とか思っていたけど、

 究極は「飽きないようにするため」かもしれないな。

-ひとりごと

執筆者:


  1. Aki より:

    小さなゴハン茶碗を使ってると、納豆とかのせるためには少し食べて減らす必要があるので、しばらく大き目な御茶碗に変えてみたら見事に太りました。大きいほうが使いやすいせいもあるのでしょうね、痩せたい方はお茶碗変えるのって結構有効かも♪

    • KURI より:

      Akiさん
       お茶碗の大きさはおっしゃる通り。私もお茶碗を小さくしました。納豆は、納豆パックの方にご飯をちょこっと入れて、パックで食べています。納豆のついた茶碗を洗うのが面倒なんですよねぇ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

木曾義仲・今井兼平・巴御前

 後白河法皇の信頼を失い、宇治川の戦いにも破れ、  範頼・義経軍に追い込まれた木曾義仲は、  今井兼平、巴御前と他2騎を従えて琵琶湖畔の粟津の松原にたどり着いた。  琵琶湖に流れ込むこの細い篠津川のほ …

怒ってもよかったのか

 信号のない横断歩道を軽く手を上げて渡る。  そこへクラクションを鳴らしながら、車が目の前を走り抜ける。  「わぁ、びっくりしたぁ〜。クラクション鳴らすことないのにぃ。」  ということがあったと家族に …

毎日発見して、毎日忘れる

 記憶ってものは、蓄積するものも少しはあるだろうけど、  毎日「そうだったのか!」って発見し、そしてその多くはその日のうちに忘れ、そして昨日までの記憶も日々忘れ去られていくものじゃないかと思う。  口 …

つまみおにぎり

 子供が小さい頃に、面倒な離乳食も適当に切り上げて、  ご飯を食べさせようとしたときに作ったのがコレ。  小さい長方形に切った焼きのりで摘んだ白いごはん。  ただそれだけ。  つまんではテーブルに置い …

「寝れば治る」

 妻の口癖。  子供たちも、「お母さんは、いつもそればっかり!」とあきれている。  しかし、私もその「寝れば治る」には大方賛成だ。  ほぼほぼの体調不良は、  睡眠不良と食べ過ぎからくることが多い。 …