今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

シャトルシェフ 料理 魚料理

鯛のアラ煮大根

投稿日:

 鯛のアラが1匹分で、見切り品として50円で売っていたので2匹分(100円)で購入。

 濃い味で煮るのも好きだが、今回は出汁昆布と塩と生姜だけで煮てみた。

 鯛アラは熱湯で流して、

 大根は皮剥き、面取りをした上で、水と酒で5分ほど下茹でした。

 水、生姜、出汁昆布(10cm)と塩だけ入れて、10分間鯛アラと大根を沸騰させてからシャトルシェフへ。

 そのまま90分放置して出来上がり。

 アラは臭みがなくふっくらと仕上がり、大根もスッと箸が通る柔らかさ。

 自家製味噌をのせていただいた。

 アラの小骨を取りながら、窩の奥の方の身を穿り出したり、こそぎとったりしながら食べるのが楽しい。

 しかし、家族はそれが面倒なようで「骨のない魚がいいな」と言う。

 この溝は永遠に埋まらないだろうな。

-シャトルシェフ, 料理, 魚料理
-

執筆者:


  1. Aki より:

    タイとかブリのかぶと煮って時々無性に食べたくなります、なんででしょう。
    伊豆方面の温泉旅館に泊まると出てくるイセエビやアワビの船盛より、金目の姿煮が美味しいんだなぁ

    • KURI より:

      わかる〜!
      キンメの姿煮。食べたい!

      「イセエビやアワビの船盛」と聞いて、ほぼ食べたことないなぁって思いました。海へ観光に行ったことが本当に数えるくらいしかなんだなぁって実感しました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

酢鶏

 鶏むね肉が常備してあるものだから、酢豚よりも酢鶏を作ることが多い。  甘酢あんを甘い目にすると、甘党の家族も喜ぶのでよく作るメニュー。  緑色は通常ピーマンを使うのだろうが、私が乾癬でナス科の食材を …

白菜の煮浸し(にびたし)

 亡き母がよく作ってくれたレシピ。そして、直接作り方を教えてもらったもの。  作り方と言っても至って簡単で、  ざく切りにした白菜とニンジンを中火でじっくり炒めていく。  次第に水分が出てくるので、そ …

ぶり大根(シャトルシェフ)

 夕方に急な用事が入って出かけなくては行けなくなった。  2時間半後には晩ごはんだ。それまでに煮物を作りたい。  そんな時にシャトルシェフ。  ティファールでお湯を沸かしている間に、大根の皮を剥いて一 …

きのこと新玉ねぎのソテー

 大層な名前をつけたけど、冷蔵庫を覗いて適当に作った料理だった。  シイタケ、エリンギを切ってボウルに入れて、  塩と料理酒、そして小麦粉をまぶす。  フライパンで焼いて、砂糖醤油と水。  そして最後 …

久しぶりのビール

 タイトルが微妙に違うかもしれない。  久しぶりに第3のビールじゃなくて、発泡酒でもなくて、ビールをいただいた。 最近いつも飲んでいるのは、これ。  ちょっと前までは、「のどごし生」だった。  第3の …