今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事 散歩

鳩クックー

投稿日:

  鳩(ハト)という漢字は、どうして「九」と「鳥」なのか?


 「九」はハトとどういう関係があるのだろう?

 

「クックー」って鳴くからって。
 

 ええ! 本当?

 なんと他にもある。

 鴉(カラス)は、「ガーガー」鳴くから、「牙(ガ)」に「鳥」。

 蚊(か)は、「ブーン」って飛ぶから、「文」と「虫」。

 猫は、「ミャオ」って鳴くから、「獣偏」に「苗」(苗は中国ではミャオと読む)。

 ホントに本当か?


 そういうことで漢字を作ってしまったのか?


 まぁそんなもんなのかな。


 ネタかと思ったらどうやらそういう説があるらしい。

 しかも、鳩がなぜ「ハト」と呼ばれるかといえば、


 「パタパタ」と飛び立つ音が由来とも言うらしい。


 ホントかよ!? って笑うしかない。

 近くで鳩を見ると、結構怖い顔をしていて、


 「鳩恐怖症」の人が言うには、


 「目が狂ってる」と。


 確かに顔を近づけてみると、そう見えなくもない。

 それでも平和の象徴でもある鳩は、


 スペイン語でパロマ(ガス器具メーカー)、英語でピジョン(ベビー用品メーカー)、同じく英語でDove ダヴ(ケア製品ブランド)にも使われているし、イトーヨーカ堂や、滋賀で有名な平和堂のシンボルマークにもなっていて大人気だ。

 鳩でもう少しの蘊蓄を書けば、


 「鳩尾」が挙げられる。


 読み方は「きゅうび」。


 経穴の一つで、肋骨の下。


 へその上5cmくらいのところ。


 そう、そこが「鳩尾」。いわゆる「みぞおち」。


 「みぞおちが痛い」と言うあの「みぞおち」。


 そして「鳩尾」は「みぞおち」とも読む。


 試しにパソコンで「みぞおち」と打てば「鳩尾」と変換されると思う。

 そのツボは、精神的疲労によるイライラや不眠に効くらしいので、


 両手の人差し指、中指、薬指で、ゆっくり息を吐きながら、ゆっくり押すと良いらしい。

 そう言って、実際相手に押させて「ポルッポゥ」っていうネタじゃない。


 本当にそういうツボです。

-ひとりごと, 出来事, 散歩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブログを統一

みなさん、こんにちは。 今まではyahooで2つ、mixiでひとつ、合計3つのブログを不定期に書いてきましたが、今度はそれをひとつにまとめてみました。 書き込む内容は、日々の散歩のこと、釣りのこと、家 …

no image

ボート

昨日の散歩の時に、湖岸にある大学のボート部のボートを撮影させてもらいました。 当たり前なのかもしれませんが、「舵」が付いているんですね! 2人乗りの手漕ぎボートと一緒で、曲がる時にはオールだけで回転す …

だけども、問題は

 世界情勢はなんだか大変そう。  だけども、問題は、  今夜作るカレーに入れる玉ねぎが高いこと。いつも2個入れるところを1個にしようかと思ってしまった。いつもなら1袋3個100円で売っていたのが、近頃 …

人間が生きられる場所って

 宇宙飛行士の野口聡一さんの言葉。 「宇宙は基本的には死の世界。生きていることは奇跡だと感じた」  よくよく考えてみたらその通り。  この広い宇宙の中で極々僅かな空間でしか生きられない稀少生物。  こ …

no image

新しいパソコンデスク

今日は近くのホームセンターでパソコンデスクが安売りしていたので買ってきました。これで4980円です。 上からエプソンプリンタPM-G700と外付けHDD、中段にiMac、両脇にBOSEのスピーカー、前 …