今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事 散歩

鳩クックー

投稿日:

  鳩(ハト)という漢字は、どうして「九」と「鳥」なのか?


 「九」はハトとどういう関係があるのだろう?

 

「クックー」って鳴くからって。
 

 ええ! 本当?

 なんと他にもある。

 鴉(カラス)は、「ガーガー」鳴くから、「牙(ガ)」に「鳥」。

 蚊(か)は、「ブーン」って飛ぶから、「文」と「虫」。

 猫は、「ミャオ」って鳴くから、「獣偏」に「苗」(苗は中国ではミャオと読む)。

 ホントに本当か?


 そういうことで漢字を作ってしまったのか?


 まぁそんなもんなのかな。


 ネタかと思ったらどうやらそういう説があるらしい。

 しかも、鳩がなぜ「ハト」と呼ばれるかといえば、


 「パタパタ」と飛び立つ音が由来とも言うらしい。


 ホントかよ!? って笑うしかない。

 近くで鳩を見ると、結構怖い顔をしていて、


 「鳩恐怖症」の人が言うには、


 「目が狂ってる」と。


 確かに顔を近づけてみると、そう見えなくもない。

 それでも平和の象徴でもある鳩は、


 スペイン語でパロマ(ガス器具メーカー)、英語でピジョン(ベビー用品メーカー)、同じく英語でDove ダヴ(ケア製品ブランド)にも使われているし、イトーヨーカ堂や、滋賀で有名な平和堂のシンボルマークにもなっていて大人気だ。

 鳩でもう少しの蘊蓄を書けば、


 「鳩尾」が挙げられる。


 読み方は「きゅうび」。


 経穴の一つで、肋骨の下。


 へその上5cmくらいのところ。


 そう、そこが「鳩尾」。いわゆる「みぞおち」。


 「みぞおちが痛い」と言うあの「みぞおち」。


 そして「鳩尾」は「みぞおち」とも読む。


 試しにパソコンで「みぞおち」と打てば「鳩尾」と変換されると思う。

 そのツボは、精神的疲労によるイライラや不眠に効くらしいので、


 両手の人差し指、中指、薬指で、ゆっくり息を吐きながら、ゆっくり押すと良いらしい。

 そう言って、実際相手に押させて「ポルッポゥ」っていうネタじゃない。


 本当にそういうツボです。

-ひとりごと, 出来事, 散歩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

転出届

 色々あって「長女」がやっと転職。  一方、「末っ子」はドキドキしながら初出勤。  そんなふたりが部屋を見つけて一緒に住むことになった。  「長女」は今までの涙を、前の家に置いての再出発。  「末っ子 …

椿や山茶花

 山科駅から毘沙門堂の裏を抜けて大文字山へ入ろうとした道に、  花首から落ちた椿がぼとりと落ちていた。  まだそのまま飾りたいくらいの美しさが残っているのに、  「私の美しさはもう終わり。少しずつ衰え …

ひとつ持ったらひとつ忘れる

 いつもと違うものをひとつ持ったら、  いつも持つべきものをひとつ忘れる。  腕時計とカギとスマホと帽子と鉄道系ICカード。  「今日は、これが必要なんだよね」と  修理に出しておいた別の腕時計の引換 …

マナカナちゃん

 NHK朝ドラ「ふたりっ子」でデビューし、一躍有名になった可愛い双子ちゃん。  どっちがどっちだか区別が難しいほどそっくり。  いつも素敵な笑顔でとても癒される大好きなタレントさんだ。  どうしてこの …

うれしいような悔しいような

 「あ、それ触らないでね。お父さんやっておくし!」  今まで子供たちにそんなセリフを言ったように思う。  子供が大きくなってきたら、 「悪いけど、これやっておいてくれる?」と言うセリフも多くなってきた …