今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

料理

鹿肉でカレー

投稿日:

 娘が鹿肉をいただいてきた。

 脂肪のほとんどない赤身肉、およそ300g。

 今まで鹿肉を調理したことがない。

 匂いを嗅いでみてもとりあえず臭くない。

 上手に処理されていると感じた。

 とりあえず、薄切りにして塩コショウして焼いてみた。

 たったこれくらい。軽く塩と粗挽き黒胡椒をふってフライパンで表裏を焼いた。

中火で1〜2分。

 思った通りの見た目。

 食べてみると、

 臭みはまったくない。味はとても美味しくて、鹿独特の味というのも、いうほど感じない。

 ただ、肉の繊維がしっかりしていて、しばらく噛んでいないと飲み込めない。

 噛めば噛むほど美味しいと言えばそうとも言えるのだが。

 こういうお肉は妻は苦手なので、柔らかくいただこうと思って、

 無難な選択として、圧力鍋で煮込んでカレーにしてみた。

 やや小さめに切って、塩コショウして、

玉ねぎと炒めてから圧力鍋へ。

 圧力は15分。その後は放冷。

 バーモントカレー 「中辛」のルーを入れて出来上がり。具材は茹でたじゃがいもとコーン缶はすべて煮終わった後に入れた。

 鹿肉の少ないスジや脂肪のところはトロッとして柔らかいのだが、赤身の部分の歯応えは相変わらずでなかなか噛み甲斐がある。顎が疲れるほどではないが、妻は「もう少し柔らかい方がありがたいかな」って感想。

 味は美味しい。臭みもまったく感じない。

 カレー自体に鹿肉の味や香りが出ているかというと、おそらく言われなきゃわからないと思う。1番の違いは肉の噛みごたえかな?

 もっと他に美味しい食べ方はないのかな?と食べ終わってから調べたが、

 どうやら高温で焼くと硬くなりやすいとのこと。ありゃ食べ方間違ったか?

 もしまた機会があったら、もう少し下調べしてからやってみよう。

-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …

ご飯でぼたもち

 今年もお彼岸には子供たちがみんな集まってくれた。  朝からぼたもちを作ってみた。  餅米は使わずに、いつものご飯2合に、片栗粉を大匙2ほど混ぜ合わせてレンジで5分チンしてからまた混ぜ合わせた。  食 …

豚バラとモヤシのロール春キャベツ

 春キャベツが美味しそうだったので、ロールキャベツを作ろうとしたが、ひき肉と玉ねぎがなかったので、刻んだ豚バラとモヤシを包んでみた。  刻んだ豚バラには、卵、片栗粉、塩、黒胡椒、オイスターソース、ケチ …

その日の朝食とボケ

   ・切り干し大根煮 ・ポテサラ ・菜の花おひたし ・スナップエンドウ ・納豆 ・具沢山の味噌汁   常備菜を並べただけなのだが、   朝からこれだけ並ぶと幸せな気持ちになる。 庭木の水やりに行くと …

チャーハンで中華丼

 中華丼は、野菜あんかけの下には白いご飯だが、  その白いご飯をチャーハンにしてみた。  するとどうでしょう!  格段に美味しくなる。  チャーハンを作っているときに、 妻に「今夜は、チャーハン? ワ …