今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

日本語

1匹・2匹・3匹・・・

投稿日:2023年1月25日 更新日:

 「いちひき」「にひき」「さんひき」じゃないよね。

 「いっぴき」「にひき」「さんびき」。1、2、3だけで既に「匹」の読み方が3通りある。

 「よんひき」(しひきじゃない)、「ごひき」、「ろっぴき」(ろくひきじゃない)、「ななひき」、「はっぴき」「きゅうひき」、「じっぴき(じゅっぴきじゃない)」。

 「ひき」だったり、「びき」だったり、「ぴき」だったり。

 数字が「3」だと、「3匹(びき)」「3本(ぼん)」「3杯(ばい)」「3百(びゃく)」と濁る。

 数字が「1」「6」「8」だと、「っぴき」「っぽん」「っぱい」「っぴゃく」となる。

 こういうのを外国の人に教えるのって、難しそうだけど、自分もどうやって覚えたのかまったく覚えていない。きっと耳で覚えてしまっているのだろうなと思う。「さんっぴき」って、そんな言い方しないよねって、まずは耳がおかしいって感じるもの。

 もっとややこしいのが、船の数え方。

 ボートや小型船は、1艘(そう)。タンカーや客船は、1隻(せき)。

 競技用のボートやヨットは、1艇(てい)。そのうちヨットレースの艇は習慣的に「杯(はい)」とか「盃(はい)」で数えるそうな。

 小舟は、詩文では「葉」と数え、軍艦は、「艦」。

 黒船来航の時は「泰平の眠りを覚ます上喜撰(蒸気船)たった四杯で夜も寝られず」 とあって「杯」と数えた。

 丸木舟の小さいのは、「片」とか「本」とか「葦(い)」とか、

 筏になると、「枚」「台」「床」「房」、

 帆かけ舟は、「帆(はん・ほ)」だったりで、

 どれだけあるんだよ!って驚くばかり。

 船がそれだけあるなら、飛行機も多いのかというと、

 飛行機は「機」と「台」の2種類。運行として「便」とあるだけ。

 それだけ、日本の国では、船の歴史が古いってことなのかもしれないな。

-日本語

執筆者:


  1. Aki より:

    ここのつ とう ってあれも大陸から数え方とか、10を一つのくくりにしているのがなぜか不思議…

  2. しんちゃんママ より:

    この前、テレビの動物番組で動物の数え方(匹、頭・・)の違いをやっていました。

    また、お名前は忘れましたが、女性の大学教授の先生が、この研究をされていて、お話がおもしろかった記憶があります。
    想像もつかない時や、おもしろかった時は日記帳にメモ。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       うさぎはどうして1羽、2羽と数えるとか、「頭」はわかるけど、「匹」ってなんだ?って素朴に疑問に思います。そんなことを調べていくと、すぐに時間が溶けていきます。(^_^)

      • しんちゃんママ より:

        先生のお名前は飯田朝子先生でした、
        >調べていくと、すぐに時間が溶けていきます。
         ⇒同感です。
          先生の著書、買おうかな???

        • KURI より:

          しんちゃんママさん
          「ドラえもん はじめての数え方」をチラッと読んだけですが、ドラえもんの漫画で分かりやすいし、すごく面白かったです。(^_^)
          「日本の助数詞に親しむ―数える言葉の奥深さ―」も読んでみたい!
          どれも面白そうですよね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あんた心臓やな!

 今は亡き義母さんが使っていた言葉で面白いのがあるので二つほど覚え書きとして書いておく。  「あんた心臓やな」  さて、どんな意味でしょう?  こんな風に使う。  「家の前にど〜んと車おいてる人がおっ …

1+1=2

 これを証明することってかなり難しいらしい。「ペアノの公理」を使うらしいが、その解説を読んでもまったく理解できない。  まずは「1とは何か?」「足すとか何か?」「イコールとは何か?」「2とは何か?」か …

寿司というもの

 先日、新規開店の回転寿司に行ったことを書いた。  ほぼ店員さんと接することなく、着席し、寿司を食べて、会計まで済ませられた。  私の中の寿司のイメージは、ハレの料理で滅多に食べられるもんじゃない高級 …

よっこいしょ

 自分は言わないようにしようと思っていても、気がついたらつい口から出ている。  「どっこいしょ」「よっこいしょ」「ん〜〜〜〜とこしょ」、ケースバイケースでいろんな意味のよくわからない言葉を発する。   …

「人は皆」

「人は皆」と検索窓に打ち込んだら、次のような候補が出てきた。  なるほど、なるほどと思いながら見ていた。 「人は皆平等」「人は皆平等ではない」。  どれも世の中には反対の言葉がある。  「人は皆孤独で …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲