今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと パスタ 料理 日本語

1+1=2

投稿日:

 これを証明することってかなり難しいらしい。「ペアノの公理」を使うらしいが、その解説を読んでもまったく理解できない。

 まずは「1とは何か?」「足すとか何か?」「イコールとは何か?」「2とは何か?」から考えていかないといけない。

 これは「幸せになるために」を考えるにあたって「幸せとは何か?」から考えることと似ているのか?

 「敵の敵は味方」みたいな論法で「幸せ」を定義されても困るけど、わかり易く数学的に「幸せとは」というものを証明することはできるのだろうか?

 いや、そもそもそれを証明したところで何になる?とも言える。「幸せを証明する意義」を見極めてからスタートするべきなのか?

 「何になる?」なんてことを考えていたら、ほぼ全てのことが無駄に思えてくる。

 朝ドラでペペロンチーノを作っていた。ニンニクと鷹の爪とオリーブオイルだけで作るシンプルな料理だけに、作るたびに食感が変わる。オリーブオイルとスパゲティの茹で汁とを合わせて乳化させてクリーミーにさせる。これは「1+1=2」とはまた違う感覚だ。

 シンプルなものほど、それを極めるのは難しい。「極めるってなんだ?」「美味しいとは?」と考えると面倒なことになるが、食べる直前にシークワァーサーの皮をすり下ろしたのは美味しそうだった。

 人と人が出会うと、「1+1が3にも4にもなる」というのもよく聞く例え。

 「2人が出逢って結婚して子供が2人生まれて4人家族になった」という考え方もできるし、「2人の知恵を出し合ったら、ひとりで考えている時よりも3倍のアイデアが出せた」とか「2人で作業した方が3倍の荷物を運ぶことができた」とか、どうにでも言える。逆に「お前さえいなければ・・」なんてことも想定されるが、この場合そういう意味では使われない。

 昨日の「鈴木敏夫とジブリ展」の中でも、こんな言葉と出逢った。

人は人との関係で何かをやると思っている。映画だろうが、漫画だろうが、音楽だろうが、必ず誰かが介在する。やっぱりその中で生まれるもの。人間の世界っていうのはね、1+1が3になったり、10になったりする。逆に、マイナスになることもあるけどね

 でも”当たり前のことを疑ってかからないといけない”とも語っている。

「1+1=2」を証明することでさえ、たくさんの前提を作り、定義を決めることで成り立つことであるということを考えないといけない。かと言って、日常的にそんなことは考えていられない。

 その時に縁のあった人と、前提や定義が似ている人であるととても話がスムーズに進む。その人がどんな本を読んできたのか、どんなものを食べてきたのか、どんな金銭感覚で暮らしてきたのか。価値観が似ている人と一緒にいる方が楽ではある。ただ刺激がないとも言える。

 「そういう見方があったのか!」という斬新なアイデアも刺激になる。逆に、「どうしてあなたはいつもそういう見方しか出来ないわけ?」と喧嘩ばかりになって先に進まない時もある。

 兎角「そんなこともわからないのか!」という「1+1」も、それを証明することは思いの外むずかしいことであり、「そんなこともわからないのか?」と怒鳴る人に、「それじゃどうして1+1が2になるのか説明してください!」と言っても、余計面倒なことになるのは間違いない。

1+1とは、そんな面倒なものでもあるということだ。

あれこれ考えていると、般若心経で言うところの「空」と呼ばれるものなのだろうなって思うばかり。

-ひとりごと, パスタ, 料理, 日本語

執筆者:


  1. Aki より:

    ペペロンチーノって味付けは塩だけが基本だと思ってたけど、
    クックパッド見るとベーコンを入れるとか、味の素二振りとかって、
    やっぱりうま味が無いとサビシイよねぇ
    写真のはほんとにゆで汁だけなの?

    • KURI より:

      Akiさん
       この写真の時は、塩も茹で汁の塩だけ、あと粗挽きこしょう入れました。うまみ系は入れていませんでしたねぇ。
      でも、多くはベーコンとか市販のパンチェッタとかキノコとか入れることが多いですね。ペペロンチーノが好きなのは末娘だけなので、作るのは彼女が帰省した時だけです。

  2. 一般人 より:

    単位が無い足し算は不毛な気がします。

  3. しんちゃんママ より:

    きょう、人間関係1+1+1+1+1+1=超うれしかった。コロナで2年以上、会わなくても、パイプオルガンの先生と門下生の絆はしっかりつながっていました。

  4. カラス より:

    1+1=2 ですか。考えたことないですが 考えてみれば
    大昔、食料を分配する人間の行為が起源になっているのではないだろうか。
    人間が2人であれば、1つの獲物を2つに分ける。
    3人なら、3つに分ける、という感じで、現在の足し算というより、人数分に分けるところが起源で、そこから段々と、大人と子供を区別するとか、獲物によっても分け方が違うなど、様々な理屈が出てきたのではないか。。。 
    あぁ、頭が混乱したので終わります。お騒がせしました。

    • KURI より:

      カラスさん
      なるほど、獲物の分配から計算というものが始まったという考え方、面白いです。
      終わり方も最高です。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

本音ってなんだ?

 ギターで言う「元の音」と言うのも難しい。  アコスティックギターの弦を張り替えたばかりで、チューニング合わせて「ジャーン」と鳴らした音がそのギター本来の音なのか? ギターの弦だっていろいろ種類があっ …

ひとつ持ったらひとつ忘れる

 いつもと違うものをひとつ持ったら、  いつも持つべきものをひとつ忘れる。  腕時計とカギとスマホと帽子と鉄道系ICカード。  「今日は、これが必要なんだよね」と  修理に出しておいた別の腕時計の引換 …

考えるための持久力

 若い時ほど悩めなくなった気がする。  それは良いことであって、それを嘆くことでもなく、まして悩むことでもないとも思う。  「私、むずかしいこと考えていると眠くなってくるのよねー」  そういう妻をうら …

ナスとピーマン

 スーパーに行ってその時に安くて新鮮な野菜を買ってくるのだが、この時期だとなんと言ってもナスとピーマンとトマト。  そこへ、他の野菜が高い時でも価格が安定しているキノコ類やモヤシを加えて調理することが …

期日前投票と黒蜜寒天

 朝から暑い日だった。朝から家中に掃除機をかけて、水やりやメダカの世話も済ませてから、あちこちの用事を済ませてから妻と期日前投票に出かけた。  市役所で投票を済ませてから炎天下を15分ほど歩いて、イオ …