今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

揚げ物 料理 豚肉 鶏むね肉

10代の娘が帰ってくると

投稿日:

 春休みで10代の末娘が帰省すると、

 作るおかずがガラリと変わる。

 「何食べたい?」

 「肉!肉!肉!肉!」と言う状態。

 「煮物か揚げモノ、どっちが・・・」

 「揚げ物!!!」

 

 こちらも50代終盤になって、三女も偏食あるし、日常は煮物が増えてきたなぁって思っていた。

 しかし、あともう少しで「さよなら10代」になる末娘は食欲旺盛な肉食系。

 見ていて気持ちいいくらいよく食べる。

 この日の晩ごはんも、鳥天と豚天。

 とり天は、鶏胸肉に塩胡椒とタイムで下味をつけて、天ぷら粉で180度の油で揚げる。

 今回の豚天は、豚薄切りとみじん切りの玉ねぎを、塩胡椒、醤油、砂糖、ニンニクと片栗粉、料理酒とで混ぜてから揚げた。

 食べる前に、レモンをたくさん絞って振りかけた。

 これだけ揚げたら、いつもの3人なら二日間くらい食べられるかなって思う量だが、一食で食べ切った。

 一人でご飯3杯も食べるし。

 いつもの私たちは、お茶碗に軽く1杯ずつだから、米の消費量だけでもいつもの2倍炊いている。

 まぁ、作り甲斐もあるし、見ていて気持ちい良い食べっぷりなのでいいのだが、

 再び学校に帰っていくと、寂しい反面少しホッとするところもある。

 大量のおかずを作らなくて済むと言うことからの解放とでも言うのかな?

 今はせっせと毎食彼女をお腹いっぱいにさせることだけを考えながら生きている。



-揚げ物, 料理, 豚肉, 鶏むね肉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

豚丼

 今更という感じがあるが、豚丼を作ってみた。  正確な作り方はわからないが、基本は醤油と砂糖と生姜。  豚薄切り肉と玉ねぎを炒めて、砂糖とお醤油を同量、そして、すり下ろした生姜。  みりんも少し入れた …

クリームシチューとご飯をスマートに食べたい

クリームシチューをご飯にかけますか?  クリームシチューをご飯にかけて食べること  妻がそれをやり出して、子供たちもそれを真似して  気がつけば、わける派は私だけになってしまった。 「あ、お父さんはか …

シンプルな蒸しパン

 一番基本的な蒸しパン  材料: 小さい蒸しパン8個分 玉子 1個薄力粉 100g砂糖 40gベーキングパウダー 小さじ1牛乳 50mlサラダ油  混ぜ合わせる前に、蒸し器(今回はフライパン)に2cm …

赤魚と厚揚げの煮付け

見切り品の赤魚の切り身。 これまた見切り品の厚揚げと一緒に濃い目に煮つけてみた。 煮汁は簡単に、麺つゆと砂糖だけ。 春菊とエノキダケも入れてみた。 濃いめの味なのでご飯がすすむ。 彩りもよく簡単ですぐ …

厚揚げネギシーチキン

 厚揚げはグリルで7分両面焼き。  刻んだ白ネギとシーチキンをごま油で炒めて麺つゆで味付けしたものをのせるだけ。  焦げた厚揚げの香りと、炒めたネギとシーチキンの独特な味わいがなかなかそそられる。   …