今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

揚げ物 料理 豚肉 鶏むね肉

10代の娘が帰ってくると

投稿日:

 春休みで10代の末娘が帰省すると、

 作るおかずがガラリと変わる。

 「何食べたい?」

 「肉!肉!肉!肉!」と言う状態。

 「煮物か揚げモノ、どっちが・・・」

 「揚げ物!!!」

 

 こちらも50代終盤になって、三女も偏食あるし、日常は煮物が増えてきたなぁって思っていた。

 しかし、あともう少しで「さよなら10代」になる末娘は食欲旺盛な肉食系。

 見ていて気持ちいいくらいよく食べる。

 この日の晩ごはんも、鳥天と豚天。

 とり天は、鶏胸肉に塩胡椒とタイムで下味をつけて、天ぷら粉で180度の油で揚げる。

 今回の豚天は、豚薄切りとみじん切りの玉ねぎを、塩胡椒、醤油、砂糖、ニンニクと片栗粉、料理酒とで混ぜてから揚げた。

 食べる前に、レモンをたくさん絞って振りかけた。

 これだけ揚げたら、いつもの3人なら二日間くらい食べられるかなって思う量だが、一食で食べ切った。

 一人でご飯3杯も食べるし。

 いつもの私たちは、お茶碗に軽く1杯ずつだから、米の消費量だけでもいつもの2倍炊いている。

 まぁ、作り甲斐もあるし、見ていて気持ちい良い食べっぷりなのでいいのだが、

 再び学校に帰っていくと、寂しい反面少しホッとするところもある。

 大量のおかずを作らなくて済むと言うことからの解放とでも言うのかな?

 今はせっせと毎食彼女をお腹いっぱいにさせることだけを考えながら生きている。



-揚げ物, 料理, 豚肉, 鶏むね肉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ナスとキノコの和風スパと榮太棲の一口羊羹

 ヒラタケ、ぶなしめじ、アク抜きしたナスを炒めて、麺つゆと水。  そこへ更に、味の素とほんだし。  ラーメンや炒飯、たらこスパゲティなどもそうだけど、この手の料理は旨味調味料を入れたら入れただけ「美味 …

キムチと焼き豚で、うどんとラーメン

 まずは冷やしうどん。  茹でうどんはお湯で湯掻いてから冷水へ。  ツユは、麺つゆと胡麻ドレッシングとお酢少々と水。これで冷やし中華っぽくなる。  具材は市販のキムチと焼き豚。そして、もやしとしめじを …

一周まわって普通のカレー

 今までいろいろなカレーを作ってきた。  各社のルーを試したり、それをブレンドしたり、隠し味を入れたり、その隠し味をブレンドしたり。  市販のルーを使わずに香辛料を調合してオリジナルカレー粉を作ったり …

3月中旬の常備菜

3月中旬もまだまだアブラナ科  3月中旬も、まだまだアブラナ科の野菜が主流です。基本的にサッと茹でて保存するだけで簡単。 菜花は熱湯で2分、すぐに水にさらします 菜花は、鍋にお湯を多めに沸かして、 茎 …

ねじれそばと竹割そば

 「三度の飯より〇〇が好き」  ご飯を食べるのも忘れてしまうほど何かに熱中してしまうことだが、  ご飯も好きだけど、蕎麦の方がもっと好きと言う意味で  三度の飯より蕎麦が好きって言っています。  蕎麦 …