今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

サラダ 常備菜 料理

10月の常備菜

投稿日:

道の駅で買ったかぼちゃ。250円。

まずはこれを甘煮に。

お醤油とお砂糖と日本酒。適当にジョボジョボって入れたから分量は適当。

 いつもこんな感じで仕上がる。

きんぴらごぼうは、ニンジンとぶなしめじ と。

ごま油と鷹の爪で炒めて、お醤油とお砂糖を大さじ3ずつ。

 最後にすりごまをまぶしてこんな感じ。

 小芋(里芋)の水煮を作っておく。

 洗って一面を包丁で落としてから、一度茹でこぼし。

 皮を剥いてから本茹で20分。

 軽くお醤油をまぶしておいて冷蔵庫で保存。

 後日、他の料理で使う。唐揚げにしたり煮物に入れたりいろいろ楽しめる。

いつものポテトサラダ。

毎回どこかしら違うことをするが、今回は玉ねぎなし。

ジャガイモ、茹で玉子、塩もみキュウリ、茹でたニンジン、マカロニ、ロースハム、コーン缶、黄色いたくあんのみじん切り。

味付けは、塩コショウ、砂糖、マヨネーズ、乾燥パセリ、バジル、シナモン、オリーブオイル、練りからし、粉チーズ。

 マヨネーズ以外を入れてよく混ぜ合わせ、味が決まったら最後にマヨネーズで仕上げる。マヨネーズで味を整えようと思うとついついベチャベチャになる。



-サラダ, 常備菜, 料理
-, , , ,

執筆者:


  1. Aki より:

    サトイモの季節になってきましたね~

    • KURI より:

      Akiさん
      最近のお気に入りは、里芋の揚げ物。居酒屋でいただいた里芋の唐揚げが美味しったのがきっかけ。外がパリパリで中がねっとり。味の染み込んだ里芋の煮物を揚げてあるので、味わい深いです。手間かかるけど、この季節に何回か食べたいレシピです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

焼きビーフン

時々食べたくなる。 安くて嵩があって、栄養もあって、野菜もたくさん摂れる。 作り方は、袋の裏に書いてある通りに作れば失敗なし。 味もビーフン自体に付いているので、下手なことをしなければまず失敗しないは …

シャトルシェフで煮豚

 友人にいただいた中古のシャトルシェフはこの冬大活躍だ。  今回は煮豚に挑戦。  フライパンで豚肩ロースの塊の表面に焦げ目を入れてからシャトルシェフに移す。  シャトルシェフには、  醤油 1カップ  …

グリルパンで作る料理【3選】

 具材をグリルパンという小さな鉄のフライパンに盛り付けて、ガスコンロの魚焼き用グリルに入れて焼くだけ。グリルも汚れず洗う手間もなく、上下から高温で短時間に焼くことができて、そのまま食卓に出せてちょっと …

揚げ物の失敗

 見た目はさほど失敗した様には見えないのだが、  正直食べ切るのがキツかった。  何が失敗かというと、  下味の塩加減。  塩を入れ過ぎた。  料理の失敗の最大の原因は「塩加減」と「焼き過ぎ」「生煮え …

百日祝い(ももかいわい)

 ありがたくも、いわゆる「お食い初め」の儀式に呼んでいただいた。  自分たちの時は、一人目の子供には真似事のようなことを自宅で行ったが  4人目、5人目に至っては、その儀式をやったかどうかも覚えていな …