今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

サラダ 常備菜 料理

10月の常備菜

投稿日:

道の駅で買ったかぼちゃ。250円。

まずはこれを甘煮に。

お醤油とお砂糖と日本酒。適当にジョボジョボって入れたから分量は適当。

 いつもこんな感じで仕上がる。

きんぴらごぼうは、ニンジンとぶなしめじ と。

ごま油と鷹の爪で炒めて、お醤油とお砂糖を大さじ3ずつ。

 最後にすりごまをまぶしてこんな感じ。

 小芋(里芋)の水煮を作っておく。

 洗って一面を包丁で落としてから、一度茹でこぼし。

 皮を剥いてから本茹で20分。

 軽くお醤油をまぶしておいて冷蔵庫で保存。

 後日、他の料理で使う。唐揚げにしたり煮物に入れたりいろいろ楽しめる。

いつものポテトサラダ。

毎回どこかしら違うことをするが、今回は玉ねぎなし。

ジャガイモ、茹で玉子、塩もみキュウリ、茹でたニンジン、マカロニ、ロースハム、コーン缶、黄色いたくあんのみじん切り。

味付けは、塩コショウ、砂糖、マヨネーズ、乾燥パセリ、バジル、シナモン、オリーブオイル、練りからし、粉チーズ。

 マヨネーズ以外を入れてよく混ぜ合わせ、味が決まったら最後にマヨネーズで仕上げる。マヨネーズで味を整えようと思うとついついベチャベチャになる。



-サラダ, 常備菜, 料理
-, , , ,

執筆者:


  1. Aki より:

    サトイモの季節になってきましたね~

    • KURI より:

      Akiさん
      最近のお気に入りは、里芋の揚げ物。居酒屋でいただいた里芋の唐揚げが美味しったのがきっかけ。外がパリパリで中がねっとり。味の染み込んだ里芋の煮物を揚げてあるので、味わい深いです。手間かかるけど、この季節に何回か食べたいレシピです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

豚ロース薄切り生姜焼き丼

 豚ロース薄切り肉は、  ・オイスターソース ・麺つゆ ・焼肉のタレ ・ごま油 ・塩、黒コショウ ・料理酒 ・おろし生姜  で、下味。  肉とは別に、玉ねぎを炒めて、味ぽんで味付け。  ご飯、玉ねぎ、 …

ブロッコリーは醤油をかけておひたしで!

醤油だけでいいじゃない?  北関東で生まれ育った私は「カキナ」という菜の花のおひたしが好きで仕方がない。でも春先しか食べられない。しかも、関西に引っ越してからはそのカキナも食べられなくなってしまった。 …

ワッフルとあんことチョコレートソース

 見栄えは今ひとつだがご勘弁。  業務用スーパーで買っておいた冷凍ワッフルを  トースターで8分焼いて、  甘さ控えめのあんことチョコレートソース。  ここにホイップクリームと苺やブルーベリー、ラズベ …

アジの南蛮漬け

 ウロコ、頭、セイゴ、内臓が処理してあったので楽々だった。  10匹以上入って198円。  2盛り購入して南蛮漬けに。  南蛮液は、醤油、日本酒、水、酢1カップずつ、それと砂糖大さじ4くらいを煮切って …

砂糖120gのアンコ 2020.10.25

1袋の小豆で通常砂糖の量は200g〜300g。 当初は、甘いもの好きの妻のために320gほど入れていた。 さすがに甘すぎて、食べていてなんというか「やばいよな」って感覚があった。  300gから250 …