今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

サラダ 常備菜 料理 炒め物

9月上旬の常備菜

投稿日:

いつもと似たような料理ですが。

  • ポテトサラダ
  • こんにゃくのごま油炒め
  • かぼちゃの甘煮
  • ニンジンのキンピラ

ポテトサラダ

 ジャガイモとニンジンと玉子を大鍋で茹でる。

 キュウリはスライスして塩もみ

 玉ねぎは氷水でさらしてから塩もみ

 マカロニは茹でてから、オリーブオイルと塩胡椒

 他は、コーン缶詰とハム、黄色いタクアン。

 味付けは、塩、コショウ、砂糖、酢、牛乳、粉チーズ、味の素、パセリ、そして、マヨネーズ。

 塩コショウでほぼ味を決める。マヨネーズで塩加減を調整しようと思うと、結局たくさん入れることになってベチャベチャになるので注意。

かぼちゃの甘煮

 一口大に切ったかぼちゃを鍋に入れて、

 鍋底から5mmほどの水、醤油大さじ2、砂糖大さじ2、日本酒大さじ2を入れて、落とし蓋をして、鍋ぶたをして火にかける。

 7〜8分で水分が8〜9割なくなってきたら、火を止め、

 鍋を振って煮汁を全体に絡めて放置。

 冷めて行くときに、残った煮汁がかぼちゃに染み込んで行く。

 水分がすべてなくなるまで煮ると焦がし易い。

ニンジンのキンピラ

 ニンジンは千切り。

 他に、冷蔵庫の中のもので入れられるものは入れてしまう。

 今回は、中途半端に残っていた椎茸、1本残った竹輪を入れた。

 フライパンにごま油をひいて、材料を入れて炒めるだけ。

 味付けは、醤油大さじ2、砂糖大さじ2、日本酒大さじ2。

 最後に炒りごまやすりごまをふる。

こんにゃくのごま油炒め

 板こんにゃくは、手でちぎるか、そうでなければ表面に細かく切れ目をたくさん入れておく。味が染み込み易い。

 小鍋で軽く下茹でしておく。

 フライパンにごま油をひいて、こんにゃくを炒める。

 味付けは醤油と砂糖と味の素。

 辛いのが好きな人は、最初から鷹の爪を入れて炒めるか、最後にたくさんの七味を振って仕上げる。

 最後に削り節をまぶす。



-サラダ, 常備菜, 料理, 炒め物
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

納豆キムチ蕎麦

 いつもの蕎麦を茹でて、  いつもの麺つゆで、  上に納豆と市販のキムチをのせただけだが、  これがうまい。  蕎麦にキムチなんて邪道だろう!  と言われそうだが、  カレー蕎麦が美味しいように  こ …

酢鶏

 鶏むね肉が常備してあるものだから、酢豚よりも酢鶏を作ることが多い。  甘酢あんを甘い目にすると、甘党の家族も喜ぶのでよく作るメニュー。  緑色は通常ピーマンを使うのだろうが、私が乾癬でナス科の食材を …

メンチカツとミンチカツの思い出

 関東で育って、関西で暮らしている私にとって、メンチカツというのは不思議と色々な思い出のある揚げ物。  子供の頃、忙しかった母が  「今夜はメンチとコロッケでいい?」 と言って、それを肉屋さんで買って …

なんちゃってミネストローネ

 完成写真を撮影するのを忘れていて、「なんちゃってカルボナーラ」の写真です。奥のスープが「なんちゃってミネストローネ」  材料は野菜室に入っているものを適当にサイコロ状に切って入れてくれればいいのです …

シイラのムニエル、野菜クリームソース

 クセのない白身魚のシイラが一切れ100円ほどだったので、ムニエルにしてみました。  塩・胡椒してから小麦粉をまぶします  フライパンにバター  表面カリカリに両面焼きあげてお皿の上へ  ソースは作っ …