今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

WOWOWドラマ「空飛ぶタイヤ」全5話

投稿日:

池井戸潤原作の、大企業のリコール隠しに切り込む衝撃の社会派ヒューマンサスペンス。巨大組織の暗部とそれに立ち向かう人々を描く。主演は仲村トオル。
運送会社社長の赤松は、自社トレーラーのタイヤ脱輪による死傷事故が原因で警察から執拗な捜査を受ける。家族も周囲から孤立し、仕事も激減するが、社員を信じて事故の再調査を訴える。一方、ホープ自動車の沢田はリコール隠しのための秘密会議の存在を知る。そして系列のホープ銀行では調査役の井崎がホープ自動車への甘い稟議を求められていたが、友人の記者・榎本からホープ自動車内に疑念があることを知り、判断出来ずにいた。

出演:仲村トオル、田辺誠一、萩原聖人、水野美紀、ミムラ、袴田吉彦、柄本佑、甲本雅裕、相島一之、尾野真千子、遠藤憲一、本上まなみ、西岡徳馬、戸田菜穂、大杉漣、國村隼

 1話50分ほどで、全5話。なかなか見応えのあるドラマだった。映画版を先に観たが、両方観てみると、映画版がこれをよく2時間でうまくまとめたものだと、そっちに感心した。

 映画版のキャスティングも、ドラマのキャスティングもどちらも甲乙付け難くどちらも良い。

 1番の悪役である大手自動車メーカーの加納常務は、映画では岸部一徳、ドラマでは國村隼。どちらも憎たらしい感じなのだが、岸部一徳の方が腹立たしく感じた。お見事です。

 主役は、映画な長瀬智也、ドラマが仲村トオル。これはどちらも素敵。その主役に最終的に味方になる大手の販売課長は、映画がディーンフジオカで、ドラマが田辺誠一。こちらも甲乙付け難い。どちらも素敵。

 映画もドラマもどちらもよくできた作品だった。

 ドラマに出演していた大杉漣さんと斎藤洋介さんが既に鬼籍に入っていることが残念だった。

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    すごいキャストですね。適役(?)適所。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       WOWOW連続ドラマは、映画レベルで作られている感じがありとても贅沢。どの作品も見応えがあります。

  2. Aki より:

    お亡くなりになったお二人はほんとに残念ですよね、どちらも好きな俳優さんでした。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「勝手にふるえてろ」

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告ら …

映画「ランボー」

 公開されたのが38年前。   もうそんなになるんだなぁ。最初に観たのが、劇場だったのか地上波のテレビだったのかも覚えていない。もっと長い映画と思っていたらたったの97分。とてもインパクトのある映画だ …

映画「閉鎖病棟 それぞれの朝」

 山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説「閉鎖病棟」を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督・脚本で映画化。長野県のとある精神科病院にいる、それぞれの過去を背負った患者たち。母親や妻を殺害した罪で …

映画「世界でいちばん長い写真」

 内気でいつも自身のない男子校生(高杉真宇)が、改造された大版パノラマ写真機を手に入れたことから少しずつ前向きに積極的になっていく気持ちの良い青春ドラマ。  最初の数分間、結婚式の新婦控室で、新婦と主 …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …