今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

WOWOWドラマ「空飛ぶタイヤ」全5話

投稿日:

池井戸潤原作の、大企業のリコール隠しに切り込む衝撃の社会派ヒューマンサスペンス。巨大組織の暗部とそれに立ち向かう人々を描く。主演は仲村トオル。
運送会社社長の赤松は、自社トレーラーのタイヤ脱輪による死傷事故が原因で警察から執拗な捜査を受ける。家族も周囲から孤立し、仕事も激減するが、社員を信じて事故の再調査を訴える。一方、ホープ自動車の沢田はリコール隠しのための秘密会議の存在を知る。そして系列のホープ銀行では調査役の井崎がホープ自動車への甘い稟議を求められていたが、友人の記者・榎本からホープ自動車内に疑念があることを知り、判断出来ずにいた。

出演:仲村トオル、田辺誠一、萩原聖人、水野美紀、ミムラ、袴田吉彦、柄本佑、甲本雅裕、相島一之、尾野真千子、遠藤憲一、本上まなみ、西岡徳馬、戸田菜穂、大杉漣、國村隼

 1話50分ほどで、全5話。なかなか見応えのあるドラマだった。映画版を先に観たが、両方観てみると、映画版がこれをよく2時間でうまくまとめたものだと、そっちに感心した。

 映画版のキャスティングも、ドラマのキャスティングもどちらも甲乙付け難くどちらも良い。

 1番の悪役である大手自動車メーカーの加納常務は、映画では岸部一徳、ドラマでは國村隼。どちらも憎たらしい感じなのだが、岸部一徳の方が腹立たしく感じた。お見事です。

 主役は、映画な長瀬智也、ドラマが仲村トオル。これはどちらも素敵。その主役に最終的に味方になる大手の販売課長は、映画がディーンフジオカで、ドラマが田辺誠一。こちらも甲乙付け難い。どちらも素敵。

 映画もドラマもどちらもよくできた作品だった。

 ドラマに出演していた大杉漣さんと斎藤洋介さんが既に鬼籍に入っていることが残念だった。

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    すごいキャストですね。適役(?)適所。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       WOWOW連続ドラマは、映画レベルで作られている感じがありとても贅沢。どの作品も見応えがあります。

  2. Aki より:

    お亡くなりになったお二人はほんとに残念ですよね、どちらも好きな俳優さんでした。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「天間荘の三姉妹」と「しが割」クーポン

漫画家・高橋ツトムの代表作「スカイハイ」のスピンオフ作品「天間荘の三姉妹」を実写映画化。 天界と地上の間にある街・三ツ瀬で、老舗旅館「天間荘」を切り盛りする若女将の天間のぞみ。妹のかなえはイルカのトレ …

映画「インディージョーンズ 魔宮の伝説」

スティーブン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス原案&製作総指揮、ハリソン・フォード主演によるアドベンチャー映画の金字塔「インディ・ジョーンズ」のシリーズ第2作。前作より1年前の1935年。上海のナ …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …

映画「Love Letter 」

「Undo」「花とアリス」の岩井俊二監督の長編第1作。事故で婚約者の樹を亡くした博子は、国道になってしまったという彼が昔住んでいた住所に届くはずのない手紙を出した。しかしその手紙は、婚約者と同姓同名の …

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」

小栗旬が文豪・太宰治を演じ、小説「人間失格」の誕生秘話を、太宰を取り巻く3人の女性たちとの関係とともに描いたオリジナル作品。「ヘルタースケルター」「Diner ダイナー」の蜷川実花がメガホンをとり、脚 …