今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 散歩

横断歩道

投稿日:2007年2月26日 更新日:

画像

散歩をしていますと、横断歩道を渡る機会も多くなります。信号のある横断歩道であれば問題はないのですが、信号のない横断歩道を渡る時は、なかなか渡れない時があります。交通量の少ない道路なら良いのですが、やたらと交通量が多くしばらく待っていても一向に車が途切れる気配がない。開かずの踏切ではありませんが、渡れずの横断歩道。子供であれば「手を挙げて」とやれば車も止まってくれるのでしょうが、大人だとなかなかそれが出来なかったりします。

まず、横断歩道を渡ろうとしてひたすら待っていても止まってくれる車はまず皆無。渡る方としては「そのうち止まってくれる人もいるかも」とちょっと期待するところはあるのですが、これはほとんど期待出来ません。

しかし、大人であっても横断歩道のところで「手を挙げれば」9割ほどの車は停まってくださいます。これは本当にお見事です。

私も車を運転しますのであまり人の事は言えませんが、横断歩道で渡ろうとして待っていても、運転者にとってはただ横断歩道の近くで立ち止まっているだけ、あるいは迎えの車を待っている、のではないかと思って素通りしちゃいます。でも、手を挙げれば間違いなく「横断歩道を渡る」か「タクシーを呼んでいるか」となりますから、自分がタクシーの運転手でなければ「お、渡るのか。停まってあげなくては」と停まってくれる人がほとんどです。

だから、横断歩道を渡る時は「誰も停まってくれやしない」と怒るくらいなら、遠慮なく手を挙げてみましょう。と言ってもなかなか挙げられないんですよね。子供が一緒なら挙げさせるのですけど。(^_^;)

-ひとりごと, 散歩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

働くことがつらいなら

 周期的に働くことがつらくなる。  あ〜〜、もう全部投げ出したい! そしてひとりで何処かへ行ってしまいたい。  働いても働いて、いろんなところに搾取されて、手元には何も残らないって思ってしまったりする …

お盆の不思議な出来事

 散歩中、  遊歩道に桜の木の枝が垂れ下がっていた。  その太い枝の根元を見ると、  こんな場所で折れていた。  この大雨で根元から折れてしまったのだろうか?  元々腐っていたのだと思うが、それにして …

とんかつ屋にて

 「え? なんて? そうそう、そうなんよ。あれには参ったわ。」  妻とトンカツ屋に入って、隣の席から聞こえて来る少し大きめの声。  「それでな、そいつのかあちゃんはまだ出てこうへんねん。おかしいやろ? …

正しい食べ方

 正しい食べ方ってなんだ?ってことだが、  例えばこのラーメンを食べるにあたっても、どんな手順で食べるか人それぞれだと思う。  最初にレンゲでスープを一口含んで味を確認してから麺を食べ始める人もいるだ …

「手」というスタッフ

 うちには10名の作業スタッフがいる。  みんなそれぞれ特性があり、こちらがあれこれ指示しなくともよく働いてくれる。  10名は大きく「R」と「L」の二つのグループに分かれており、  メインの作業は「 …

PREV
盛越川
NEXT
エビ豆