今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ウェブリブログ 子育て 散歩

フローティングスクール

投稿日:2007年2月25日 更新日:

画像

昨日と一昨日で次女が小学校からフローティングスクールと言って、上の写真の船に乗り込んで琵琶湖をクルージングしながらたくさんの体験をしてきました。船内で宿泊します。このイベントは滋賀県内の小学生はすべて体験するとのことです。夏でしたらカッターみたいなボートに乗ったりするようですが、この寒い時期ではそれは出来ないのが残念。それでも琵琶湖に浮かぶ竹生島に行ったり、滋賀県北部の長浜市に上陸して市内でのオリエンテーリングなども楽しんで来たようです。船内での宿泊も楽しかったようで、昨夜はいろいろとその時のことを話してくれました。

画像

昨夜の散歩は一人で大津港まで往復してきました。いつものようにiPod Shuffleで音楽を聴きながら歩いていると、いきなり懐かしい山下達郎の「クリスマスイブ」が鳴りだしました。すでにクリスマスは過ぎ去って2月も終わろうとしている時期ですが、この曲を聴くと瞬時に若い頃のクリスマスの時にタイムスリップしてしまうのが不思議です。
40過ぎのオヤジであっても、10代20代の頃はあった訳で、それなりの「ときめき」もあったのです。その光り輝く時代のバックに鳴っていたこの曲を聴くと条件反射のようにいくつものシーンが目まぐるしく頭の中を駆け巡ります。
つい昨日のことのように感じるのに、すでにその時から20年以上も経過しているという現実に少し唖然とする自分がいたりします。人生なんて本当に短いもんだなぁと思います。
しかし、40過ぎたとはいえ、まだまだこれから。もしかしたら半分も終わっていないかもしれません。

画像

-ウェブリブログ, 子育て, 散歩

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    >滋賀県内の小学生はすべて体験
    ⇒さすが、琵琶湖が生活に密着してる街だけありますね。
    >山下達郎の「クリスマスイブ」
     ⇒これを聴くと、いつでも「胸キュン!」。
      季節はずれでCDを聴いています。

  2. KURI より:

    「クリスマスイブ」これは名曲ですよね。パッヘルベルのカノンを下地にしたこの曲は何とも「胸キュン!」。このコード進行はたくさんの曲で使われていますが、カノン進行ならぬカノン信仰のようです。このコード進行で曲を作るとみんな名曲になっちゃう。ここ最近ヒットが出ないねぇ。それじゃひとつカノン進行のバラードでも出して起死回生を試みるかってところでしょうか。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ちいさなお菓子屋さん

   連休中。  家の中の掃除や片付け。  どこかに旅行に行くでもなし。  お互いに時間が空いたので、妻と街歩き。  「そうそう、この近くにお菓子屋さんがあるらしいけど探してみない?わかりづらいから見 …

横断歩道

散歩をしていますと、横断歩道を渡る機会も多くなります。信号のある横断歩道であれば問題はないのですが、信号のない横断歩道を渡る時は、なかなか渡れない時があります。交通量の少ない道路なら良いのですが、やた …

ゲーム談議

 息子とのゲーム談議が楽しい。  たまに帰省したときに「今、ゲームは何やってるの?」からはじまるその会話は、彼が家を出てから会うごとにってほどではないが続いている。  息子には小さい頃から散々ゲームを …

ウェブリブログからWordPressへのお引越し【Mac】【2】

前回の「ウェブリブログからWordPressへのお引越し【1】」で、とりあえず引越し完了と書いたが、  画像データがまだ引っ越しできていないことに気付いた。(気付かせていただいた)  でも、引っ越し先 …

四ノ宮神社

 数日前の桜の満開を過ぎて、近江国四ノ宮(天孫神社)の桜は掃き清められていた。  この日の日中は夏日で日差しも鋭かったので、午後遅くに散歩へ出掛けた。  墓参りを済ませてから小関峠へ向かうと、峠途中の …