今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

ルーブル美術館展@京都市美術館

投稿日:2009年7月2日 更新日:

画像

 今日は遠くから友人が来てくれたので、まずは京阪電車で東山へ。そこから歩いて京都市美術館で開催されている「ルーブル美術館展」へ行ってきました。男二人でいく絵画鑑賞はなかなか微妙ですが、この展示はそんな微妙さを吹き飛ばすほどの素晴らしさでした。どうして400年以上前に描かれた絵画がこんなにも美しいのでしょう。もうため息ばかりでした。
 そこから東山界隈を歩いて、知恩院、八坂神社、祇園と歩き、北政所ねねの菩提寺高台寺へ。ここにはルーブルと同じく400年前に描かれたふすま絵がありましたが、こちらは色が抜けてしまっていて見る影もないので、あらためてルーブル美術館展の絵画の美しさが引き立ちました。
1年坂、2年坂と歩き、もうすぐ清水寺というところまで歩きましたが、ちょっと喉が渇いてビールを補給。そこからまた頑張ってJR京都駅まで徒歩でおやじ二人で歩き通しました。友人が万歩計を付けていたので、帰りに見てみたら22000歩。
 今日も良く歩きました。来週の木曜日も来てくれるそうなので、次は比叡山延暦寺から京都へ降りて大原三千院の方へ行って見ようかと思っています。

-乾癬

執筆者:


  1. 麦風 より:

    まあ、良かったですね。
    男二人の美術館。
    雑誌の題名のようです。
    私もルーブル美術館展見たいなあ。
    本当に、絵も音楽も時を超えて胸打たれますよね。

  2. KURI より:

    「ルーブル美術館展」良かったですよ~!
    もうため息ばかりでした。パソコンのモニターや印刷物で見ているのとはまったく別物ですよね。
    やっぱり本物を自分の目で見ないとどうにもなりません。フランスにも行けない私がこんな凄い絵を目の前で見られるなんて、夢のようです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

シロツメクサ

あちらこちらでシロツメクサが咲いてきました。 「四葉のクローバー」を探そうと今までどのくらい時間を費やして来たでしょう。    私は本当に本当に縁がないようで、一度も発見したことがありません。  自分 …

no image

映画「2001年宇宙の旅」@NHK BS2

 実は初めて観ました。  1968年の作品とのこと。  私がまだ5歳。  日本では、パナカラー、キドカラー、トリニトロンとかのカラーテレビが出始めたころに、アメリカではこんなに美しい宇宙映像の映画が作 …

no image

ビデオ「リリィ・シュシュのすべて」

 なんて痛々しい映画なのでしょう。胸が張りつめて息苦しくなるほどでした。そして、なんと美しい映像なのでしょう。自分の頭の中の中学時代の想い出の映像がそのまま映画になったようでした。そして、なんと美しい …

no image

鶏ごぼうおこわ

 赤飯で使ったもち米がまだ少し残っていたので、白米と半々で鶏ゴボウおこわを作ってみました。  鶏もも肉とごぼうを醤油と砂糖などで甘めに煮込んで、それをお米ともち米と一緒に炊き上げました。  炊きたても …

no image

 地球から一番近い星は、  「月」  そこまでの距離は  およそ36万3000km 。 そこそこ遠い。  どのくらい遠いのかというと。  東京駅から新幹線で新大阪駅までが、556kmで2時間30分。 …