今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

2021年4月の乾癬

投稿日:

 2021年1月、2月と3月は比較的調子がよかった。

 腰の痛みもなく、手の甲やおでこを含めた顔面、ひじ、ふくらはぎなど、自分の目で見える範囲はそこそこ改善してきて、痒みも少なかった。このまま消えて無くなればいいのにな、という期待さえするほどだった。

 しかし、3月下旬ごろから自分の目では見えない場所だが、背中の中央から腰にかけての部分の痒みが増してきた。触ってみるとゴソゴソしていて、爪で引っ掻くと鱗屑が落ちてくる。

 写真を撮影してもらうと、少しガサガサしてきたなぁっというときの写真がこれ。↓

 現在の写真は、ちょっと載せられないなぁという程度にひどい。黒い点は、毎晩お灸をする場所の印。

  痒みも増してきて、いつも椅子の背もたれに押し付けてズリズリやったり、孫の手を使ったりしている。

  見えないところだから、人目を気にしなくていいのは助かる。これから薄着になって半袖シャツが着られないのはつらい。それがないだけまだマシ。

 そして、今までの経験上、悪化もある程度まで行けばそこから回復してくるのもわかってきたので、この先どうなってしまうだろう?という不安も以前より少なくなっている。

 今はこの部位がひどいけど、きっとそのうち改善してくる。でもまた違う場所がひどくなってくる。それの繰り返し。そう認識している。

 「いつかきっと完全に治る時がくる」と思っている方がつらい。いかに上手に付き合っていくかという気持ちでいく。そして、この乾癬が出ているから守られている部分もあると思うこと。すべては悪者ではないという認識も大切かも思っている。「原因を探してそれを断てば治る」という考えだと厳しい。「乾癬が出ていた方が都合がいいから出ている」、そう思うようにしている。

 今から思うと、ステロイド軟膏を塗っていた時期の方が精神的に辛かった。ステロイド軟膏を完全否定するつもりはない。副作用も言うほど出なかったし、強烈な痒みは瞬時に消してくれた。使い方次第なのかなと思うが、それによって治っていくと言う実感はなかった。

 今は、鍼灸治療で気長に付き合っていくと言う感覚でいる。



-乾癬
-

執筆者:


  1. Aki より:

    まあボチボチとやってくださいませ、私のギックリ腰も似たようなものだけど、見た目は何ともないのでまだずっとマシかな・・・

    • KURI より:

      Akiさん、一進一退ですねぇ。鍼灸で少し良くなって、これで大丈夫かなって思いましたが、今は背中がすごいことになっています。でも、全身にステロイド軟膏を塗っていた頃よりもかなりマシだし、今はステロイド軟膏を塗っていないということだけですごい。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

フィラデルフィア美術館展

京都市立美術館で開催されている「フィラデルフィア美術館展」を観て来ました。 京都市立美術館は一昨日演奏会を聴きに行った京都会館のすぐ側で、上の写真の平安神宮のこの鳥居の右側(東側にあります。 重厚な造 …

no image

ポトフ@圧力鍋

 寒い日にはこんな煮込み料理が温まっておいしいです。  圧力鍋なら具材を放り込んで短時間に出来上がります。  鶏手羽元、ジャガイモ(メークイン)、玉ねぎ、にんじん、ウインナー、キャベツをそのまま放り込 …

no image

「にぼうと」を作る

 寒い冬の晩ご飯に、次女と一緒に「にぼうと」を作りました。  「煮ぼうとう」「おきりこみ」などと呼ばれますが、私の実家(群馬東部)の方では「にぼうと」と呼んでいます。  大鍋にお湯を沸かし、そこへ大根 …

no image

踏みつけるぞ!

 次女が撮影した1枚。  末娘が4女に踏まれそうになっています。キャー!  よくまぁいろいろ考えますねー。 時にはこんな風景写真も撮影しています。少しずつ腕をあげてきているかも。  

no image

映画「ウォンテッド」@WOWOW

何だか久しぶりの映画です。 SFXを駆使したアクション娯楽作品です。 不平不満ばかりの冴えない若手会社員のウェスリー。 そんな彼があれよあれよと言う間に暗殺グループの一員となり訓練を受けて最強の暗殺者 …