今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

乾癬

2021年4月の乾癬

投稿日:

 2021年1月、2月と3月は比較的調子がよかった。

 腰の痛みもなく、手の甲やおでこを含めた顔面、ひじ、ふくらはぎなど、自分の目で見える範囲はそこそこ改善してきて、痒みも少なかった。このまま消えて無くなればいいのにな、という期待さえするほどだった。

 しかし、3月下旬ごろから自分の目では見えない場所だが、背中の中央から腰にかけての部分の痒みが増してきた。触ってみるとゴソゴソしていて、爪で引っ掻くと鱗屑が落ちてくる。

 写真を撮影してもらうと、少しガサガサしてきたなぁっというときの写真がこれ。↓

 現在の写真は、ちょっと載せられないなぁという程度にひどい。黒い点は、毎晩お灸をする場所の印。

  痒みも増してきて、いつも椅子の背もたれに押し付けてズリズリやったり、孫の手を使ったりしている。

  見えないところだから、人目を気にしなくていいのは助かる。これから薄着になって半袖シャツが着られないのはつらい。それがないだけまだマシ。

 そして、今までの経験上、悪化もある程度まで行けばそこから回復してくるのもわかってきたので、この先どうなってしまうだろう?という不安も以前より少なくなっている。

 今はこの部位がひどいけど、きっとそのうち改善してくる。でもまた違う場所がひどくなってくる。それの繰り返し。そう認識している。

 「いつかきっと完全に治る時がくる」と思っている方がつらい。いかに上手に付き合っていくかという気持ちでいく。そして、この乾癬が出ているから守られている部分もあると思うこと。すべては悪者ではないという認識も大切かも思っている。「原因を探してそれを断てば治る」という考えだと厳しい。「乾癬が出ていた方が都合がいいから出ている」、そう思うようにしている。

 今から思うと、ステロイド軟膏を塗っていた時期の方が精神的に辛かった。ステロイド軟膏を完全否定するつもりはない。副作用も言うほど出なかったし、強烈な痒みは瞬時に消してくれた。使い方次第なのかなと思うが、それによって治っていくと言う実感はなかった。

 今は、鍼灸治療で気長に付き合っていくと言う感覚でいる。



-乾癬
-

執筆者:


  1. Aki より:

    まあボチボチとやってくださいませ、私のギックリ腰も似たようなものだけど、見た目は何ともないのでまだずっとマシかな・・・

    • KURI より:

      Akiさん、一進一退ですねぇ。鍼灸で少し良くなって、これで大丈夫かなって思いましたが、今は背中がすごいことになっています。でも、全身にステロイド軟膏を塗っていた頃よりもかなりマシだし、今はステロイド軟膏を塗っていないということだけですごい。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

乾癬・その後の経過

 その後の乾癬の経過  鍼灸を始めてからは、ステロイド軟膏は使わないで経過している。  最後に皮膚科に薬をもらいに行ったのはいつだっただろう?と考えちゃうほど。  おそらく10ヶ月は薬をもらいに行って …

乾癬は一進一退

 その後の乾癬の調子は、一進一退を繰り返している。  現在は、両手の甲と掌。  額の生え際、後頭部、両肘、耳の付け根に出ている。  痒みはひどくないものの、気がつけばカサブタを剥がすためにポリポリと手 …

乾癬の悪化

乾癬が悪化している。 毎年この時期は悪化するのだが、いつもよりもひどい。  それも鍼灸治療をはじめてからここまで悪くなることはなかった。今までの一番ひどい時くらいに悪化している。  額、鼻の下や鼻の穴 …

乾癬が改善してきた!

最初に  このページを訪れていただきありがとうございます。 まず最初に、ここに書かれていることは私個人の体で起こったことです。よって多くの人の乾癬にも当てはまるかどうかはわかりません。私も専門家ではな …

乾癬:夏から秋へ悪化

ここ数年は恒例なので、以前ほどは落ち込まないが 見えるところにひどく出ると、流石に凹む。  ステロイド軟膏はすでに使い終わってしまっているので塗ることはできないが、もし残っていても塗らないだろう。塗っ …