今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

投稿日:

 夢はよく見る。
 毎日見ているだろうけど、朝食の時まで鮮明に覚えているのは少ない。
 先日見てまだよく覚えている夢がある。
 独立して20数年になるが、その夢はまだ勤め人だった頃のこと。
 これもよくある夢だと思うが、寝坊して遅刻する夢だった。
 夢を見ている間にも、色々と矛盾は感じているのに、話は進行していく。
 夢の中でも「これは夢だな」ってわかっている時もある。
 でも「まぁいいか」と流れに身を任せている。
IMG_1871.jpeg
 30代や40代の頃もそうだっただろうか?
 もっと「ヤバイやばい!」と慌てていたような気もする。
 夢を見ている時は眠りが浅いのだと思うが、
 その浅い眠りでも今は以前よりもっと浅くなっているのかもしれない。
 寝ている間にも何回も目が覚めて、
 何度も夢が途切れる。
 3本立て、4本立てと上映されることもあるのだ。
 続きが気になる夢でも、その夢の続きが見られることはほぼない。
IMG_5929.jpeg
 今までにとてもいい夢を見たことがある。
 半世紀以上生きてきても、おそらく数回だけ。
 「お願い!この夢をこのまま終わらせないで!」
 と、思ってもそんな時に限ってブチッと終わる。
 夢の続きを見たいと思ってリスク承知で二度寝をしてみても、
 まずその続きを見られることはない。
 いや、一度だけ奇跡的にも続きを見られたことがあるのだ。
 しかし、その夢の続きは期待した通りのものではなかった。
 その前があまりにも良い夢だっただけに、却って落胆は大きかった。
 自分の人生が終わる時、
 ストンと永遠の眠りについた後。
 画面が真っ暗になって、
 IMG_1878.jpeg
 エンドロールが始まる。
 呆然としながらも、
 エンドロールに流れていくよくよく知った名前を目で追う自分。
 そして、最後に館内の照明が明るくなっていくという
 「夢落ち」
 人生ってそんなものかもしれないと思ったりする雨の一日。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    以前よく見てたけど近頃ぜんぜん見なくなった夢。
    すっかり現在のように開業しているのに、なぜか大学で臨床実習中、あー今年も○○の単位が足りなくてクリアできないけど、ライセンスは持ってるからまあいいかぁーってか、なんなんでしょうね・・・
    それと夢の続きを見るのが得意かな、この先をもうちょっとと思うと、一度ならず何度でも目が覚めてはまた眠って楽しい夢の続きを見てます、楽天的なのかな・・・

  2. 匿名 より:

      昨年、修了演奏会で演奏するパイプオルガンの曲が弾けず、
      レッスンで先生におこられる夢を何回も見ました。
      実際に弾けなかったので、ストレスで胃痛になりました。
      コロナで中止になり、ホッとしました。
        ⇒パイプオルガン門下生は超仲良しだから、
         コロナ禍でもみんなとメールで近況報告。
         レッスンはやめたくないんです。
        
      最近、エレクトーンのレッスンの夢をみて、
      先生が即興でアンサンブルしてくれました。
      夢でも最高に幸せ!
      
      
      
     
      
      
      

  3. KURI より:

    Akiさん
     夢の続きを見るのが得意という人は初めて。それも楽しい夢ってなかなか聞かないです。
     学生時代の単位が足りない夢、国試に落ちる夢、翌年もまた落ちる夢。国試に落ちたことないのにねぇ。「レポート書かずに寝ちゃった!」という夢もよく見たなぁ。

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
     演奏会の本番で間違える夢は見ました。それはバンドやっていた頃で今は見なくなりました。演奏始めたら、みんなとキーが違うとか、演奏中にギターの弦が次々切れていく夢とか。ありとあらゆる失敗を想定して夢見ていたような気がします。
     ライブが成功して大喝采、サインしてください!って女の子が押し寄せるって夢が見たいのに。(^_^;)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

映画「パコと魔法の絵本」@WOWOW 2回目

 1回目はひとりでDVDを鑑賞しましたが、今回は長女と家内と一緒にヒャッヒャと笑いながら観賞。  2回目というのが良かったのか、誰かと一緒に観たのが良かったのか、今回の方がとっても楽しめました。  涙 …

no image

金星の太陽面通過

 写真ではまったくわかりません。m(_ _)m  日食めがねでは、かろうじて「あれかなぁ?」という程度に見えました。  太陽の中心の左隅っこのあたりなんですが、写真ではまったく見えません。  撮影は午 …

no image

京都のトゥーンタウン

 京阪東山駅から白川沿いに平安神宮へ向かう途中にあるおうち。  この歪み加減がなんとも絶妙。  あきらかに土台よりも上の部分の方が大きいように見えるが、これはこれでいいのか? 屋根は間違いなく波打って …

no image

ポトフ@圧力鍋

 寒い日にはこんな煮込み料理が温まっておいしいです。  圧力鍋なら具材を放り込んで短時間に出来上がります。  鶏手羽元、ジャガイモ(メークイン)、玉ねぎ、にんじん、ウインナー、キャベツをそのまま放り込 …

no image

単行本「お腹召しませ」浅田次郎

 「明日への遺言」という、崇高な男気を見せてもらった後のこの作品。表題作の「お腹召しませ」は、武士だって死ぬのは恐いんだぞ~、という話。  主人公の武士は、たった80石の弱小士族だったが、そこに旗本か …