今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

30分で手打ちうどん

投稿日:

IMG_2949.jpeg
 こねて→寝かせて→足で踏んで→寝かせて→こねて→伸ばして→切って→茹でる
 合計3時間くらいかけて作ったが、
 今日は30分で手打ちうどんを作ってみる。
 粉は前回と一緒の中力粉(日清 手打ちうどんの小麦粉)
 ・中力粉  300g
 ・水    150ml
 これだけ。
 前回と大きな違いは「塩」が入らないこと。
 中力粉に水を回し入れて、両手の指先を立てて10本の指で円を描くように混ぜていく。
 小さいボウルだと難しいので、大きなボウルか大きな鍋でやるといいと思う。
 全体が粉っぽさがなくなり、細かいツブツブをたくさん作るように混ぜる。
IMG_2951.jpeg
 上の写真みたいになったら、まとめて一塊にする。
 最初からかたまりにしないように。そして、決して「こねない」ように。
IMG_2952.jpeg
 ボソボソだけど、これでOK。
 こねて・寝かせて足で踏んでってやると、きめ細かい生地になるが、今回はそうならない。
 生地を伸ばし始める前に、大鍋にお湯をたっぷり沸かし始めて、
 天ぷらの用意もしておく。
 今回の天ぷらは、ネギとニンジンとブナしめじと竹輪のかき揚げのみ。
 ↓ これが足で踏んだ後の美しい生地だが、今回は上の写真のような感じでOK。
IMG_2621.jpeg
 ボソボソの生地のまま麺棒で伸ばしていく。
 足で踏まないし、手でこねたりもしない。ただ水と小麦粉を混ぜてかたまりにしただけ。
IMG_2954.jpeg
 伸ばしても、ボソボソってきめの粗い感じ。
IMG_2955.jpeg
 厚さ3mmくらいまで伸ばしたら、折り畳んで包丁で切る。
IMG_2956.jpeg
↑ これで麺は出来上がり。
 粉の計量からここまでたった15分。
IMG_2957.jpeg
 沸騰した鍋にうどんを入れて、10分間茹でる。
 その間に、かき揚げも揚げる。
 180度の油で1〜2分で揚がる。
IMG_2960.jpeg
 かき揚げが揚がる頃に、うどんも茹で上がる。
 冷水に取ってもみ洗いしてから、水切りしてザルへ盛り付ける。
 天ぷらも大皿に盛り付け、めんつゆと薬味を用意する。
IMG_2959.jpeg
 初めて作る場合は、30分では無理だと思うが、
 何回か作って慣れてきたら、
 手打ちうどん食べたいなって思ってから、30分で出来る様になるだろう。
 この手軽な「こねないうどん」は、食べてみてもおそらく前回のうどんと区別つかないかもしれない。
 それくらいの出来栄え。
 塩も使わず、時間短縮も出来て簡単なのでこちらの方がオススメ。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    塩無しの麺はうどんではなくホウトウですね、そもそも塩を入れるのは腰を出すのが目的、入れる多場合はそれなりの量のお湯で下茹でしないと、塩気が強くて食べられません。
    麺の腰をそれほど望まないならホウトウが簡単、沸いただし汁に直接生めんを入れるのが一般的かな、まあどう作って食べても麺は美味しい♪

  2. KURI より:

    Akiさん
     確かにホウトウと一緒ですよね。
     今回参考にしたのは以前友人から教えてもらった「毛呂山華うどん」です。微妙にそれとは作り方が違うかもしれませんが、出来上がった感じは、前回のうどんとほぼ一緒と思うほどでした。
     仕上がりが一緒だと、塩を入れる意味があるのかな?って思ってしまいます。コシもそれなりにありました。(^_^)

  3. 匿名 より:

    やる気が出てきました。
    うどん作りって、20数年ぶりかも・・・。楽しみ。
    まずは粉さがし粉さがし。
    松戸になければ、月曜に鍼の帰りにさがします。

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
     中力粉って置いていないお店が多いですからねぇ。地場産の地粉があれば最高なんですけどね。少量だったら大袈裟な道具がなくても出来そうです。

  5. あかいみ より:

    西日本のうどんって、香川という「メジャーだけど特異点」を除いて、基本的に「コシ」をもとめていない、ちゅ~かどちらかというと否定するところあるよね。汁の色がどうのこうの論議する前に東との差異はそこが絶対的だと思うんだけど。KURIさんの舌は、今どっち派??

  6. KURI より:

    あかいみさん
    お店に入って「うどん」と「そば」があれば間違いなく「そば」を選ぶので、外食でうどんを食べる機会が意外と少ないんですよ。おっしゃるように「コシ」は「もとめていない」という表現がピッタリ! 「にぼうと」には腰がないし、翌朝の更にコシが抜けた「にぼうと」も好き。
     だから丸亀製麺も、いまだに一度も行ったことがないのよ。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

長崎・芋焼酎「ちょうちょうさん」

 今日から飲み始めるのは長崎で唯一作られている芋焼酎である「ちょうちょうさん」です。長崎の「蝶々夫人」からのネーミングだそうです。  芋焼酎って、麦よりも蕎麦よりもクセ強いですねぇ。でもそれがまた美味 …

no image

DVD「ホテルハイビスカス」

 沖縄が舞台の映画です。見た目は古い2階建ての民家。そこで客室ひとつしかないのですが、ホテルやっています。ホテルの営業がメインの話ではなくて、その家族、特に小学生の娘が主人公となって巻き起こすドタバタ …

no image

北野天満宮

 今日は京都を歩いてきました。京阪京津線に乗って京阪三条駅で下車。三条大橋から三条通りをひたすら西へ歩き、西大路へぶつかったら北上して今出川通りまで歩けば北野天満宮へ到着です。およそ1時間半くらいの散 …

no image

まだまだ紅葉

 暖かかったり寒かったりの変な気候のおかげで、まだまだ紅葉が楽しめます。 今日はもう散っているかな?と思いながら出掛けましたが、なんのなんのまだまだ紅葉真っ盛りでした。    写真はどちらも膳所城趾公 …

no image

オクラ

 マイミクのアプリさんの日記に話題になったオクラなのですが、我が家で一番ポピュラーな食べ方はこれです。  1~2分茹でて、マヨネーズかけて食べる。これだけです。 時々、刻んで納豆に入れたり、冷や奴の薬 …