今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

100歳まで生きようとするのは99歳の人だけだ

投稿日:

 人生うまく行っている時は、年老いても永遠の生命が欲しいと思うし、
 その逆の状況では、若く元気な肉体があろうとも自らその命を断とうとしてしまう。
 99歳の誕生日を病院で迎え「早く死にたい」と嘆く瀬戸内寂聴さんと、
 「『今』が全てで『今』が最高です」という84歳の横尾忠則さん。
 日々の体調不良で嘆いてばかりの瀬戸内さんでも「最後に書いてみたい小説がある」という意欲もあるというから凄い。
91DR0HUhdbL._AC_SL1500_.jpg
 クリント・イーストウッド監督主演映画「運び屋」。
 家族をないがしろに仕事一筋で生きてきた90歳の老人が、家も仕事も金も失い孤独な生活を余儀なくされた。
 そんな時に「車の運転さえすればいい」と言われて引き受けた仕事が実は「コカインの運び屋」だった。
 仕事ばかりで娘の結婚式にも参列しなった。
 夫らしいこと、父親らしいことはまったくしてこなかったために、家族から疎まれ口も聞いてもらえない。
 しかし、ただ荷物を運ぶだけで高額の金を手に入れることが出来る。
 途中で自分が犯罪を犯していることに気づくのだが、稼いだ金を家族に渡し、金に困っている人たちへと振る舞う。
 そんな中で主人公が、
 「大きな代償を払って、やっと家族が大事だと気がついた」と吐露する。
IMG_3202.jpeg
 そんな折、不仲になっていた妻が、病気でもう長くないと知る。
 運び屋としての仕事中であったが、妻の元に立ち寄り1ヶ月間ほどの最後を看取る。
 最期の時に妻から「どうしてそんなにお金を持っているの? そばにいるためにお金なんて要らないでしょ?」と言われる。
 「100歳まで生きようとするのは99歳の人だけだ」
 長く生きるということは、それだけで大変なことだ。
 近親の死でそれを実感させられる。
 それまでは「生きていくって大変なことなんだね」ってこともよくわからず生きてきた。
 みんな寂しいから寄り添って生きていこうと思っている。
 だけど何が邪魔をするのだろう?
 「あの時あんなことを言うべきではなかった」
 そんなことの繰り返し。
 「もっとやさしい言葉を言ってあげればよかった」
 と、思うばかり。

-乾癬

執筆者:


  1. 匿名 より:

    義父の口癖は「90歳まで生きる!子供の世話にはならん!」。
    倒れる2日前にしんちゃんパパ・義父と3人でランチして、
    倒れる前日に、一人で床屋さんに行き、身ぎれいにして・・・。
    お通夜の席でおばさんたちに、
    「兄さんらしい。あっぱれ!」と言われました。
    89歳4か月で亡くなり、90歳の目標は達成できませんでしたが・・・。
    義父は物忘れ外来に通院していて、
    自分の年齢を90歳だと思っていたので、それはそれで・・・。
    数え年なら90歳ですから。。。
    今でも義父と最後のランチしたお店の前を通ると、思い出します。

  2. あかいみ より:

    子供のころはやった歌に、~青春時代が夢なんて、あとからほのぼの思うもの。青春時代の真ん中は、道に迷っているばかり。。~なんつうくだりがあったなと、思い出した。KURIさんの話と合わせると、この歌詞実はこの世を卒業した人の視点であり、生きてる時間はすべて青春時代ともいえるんじゃないかと、、いや、解った様なふりをするつもりはないが・・想った。思い出すのも恥ずかしい言動・行動、数知れずとってきたが、まあまあ、、それも仕方がなかったんじゃないかと、死ぬまで青春時代なんだとすれば(苦笑)。

  3. KURI より:

    しんちゃんママさん
     なんとも「あっぱれ!」という言葉が似合う引き際。誰もが望むピンピンコロリを実践出来たことは、やはりそう願う強い意思から来るものなのでしょうか。あやかりたいものです。(^_^)

  4. KURI より:

    あかいみさん
     この曲は我らが中学生の頃だったでしょうか。自分が青春時代の真ん中にいる感覚はまったくなくて、この曲の歌詞もピンと来なかったのを覚えています。
     この歳になってあらためてこの歌詞を読むと、「青春時代が夢なんて、あとからほのぼの思うもの」というのはすごく響く。
     今生きているこの時も、10年後には「あの頃は若かった」と思うのだろうね。
     「死ぬまで青春時代」はいい言葉です。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

大文字山(山科駅~毘沙門堂~Aコース~山頂~日向大神宮~インクライン~蹴上駅)

1ヶ月半ぶりの大文字山となりました。 待ちに待ったいつものAコースの開通!さてどんな状態になっているやら。 今日はいつものマルさんとその同級生の方と3人です。 山科駅から洛東高校の脇を通り、疎水の安朱 …

no image

おばすて

no image

讃岐うどん

先日、「UDON」というDVDをレンタルして観て以来、無性に讃岐うどんが食べたくて仕方なかったのです。そして、一昨日スーパーへ買い物に行った折りに生の讃岐うどんが売っておりましたので、思わず買ってしま …

no image

白いたい焼き

 近くの駅前に新しいフランチャイズのお店が出来ました。  「白いたいやき」を売っています。  白い部分は、何と言うか餅のようなウイロウのような。どうやらキャッサバから作るタピオカの粉を使っているようで …

no image

コアユ釣り 5月15日

 真夏日もあったGW中から変わり、再び気温が冷え込んでからはコアユ釣りの釣果も比例して下がってきたように感じます。一昨日の夜は洗車機の中にいるような豪雨でありました。昨日もあまり釣れていなかったという …