今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

パスタとスパゲティとマカロニウエスタン

投稿日:

 月に一度の床屋さん。
 70代後半の店主さんとの会話が楽しい。
 店主さん「近頃はスパゲッティーのことをパスタとかいうんですね」
 私「今でもスパゲッティだと思いますよ」
IMG_2528.jpeg
 昔の言い方が「スパゲッティー」で、今は「パスタ」に変わった訳じゃなくて、
 「パスタ」の中には、「マカロニ」「ペンネ」「ラザニア」そして「スパゲッティ」がある。
 数あるパスタの中で、紐のようなやつが「スパゲティ」ということだ。
 私の子供の頃は、スパゲティと言えば、
 ミートソースとナポリタンしかなくて、「ペンネ」や「ラザニア」なんて知らないし、「マカロニ」は「マカロニサラダ」しか知らなかった。
 まさかこんなにバリエーションが増えるなんて、あの時は想像もしなかった。
 「マカロニ」と聞くと「マカロニウエスタン」という単語を思い出した。
 「太陽のほえろ!」という刑事ドラマにも「マカロニ」という愛称のデカがいて、萩原健一が演じていた。
 「マカロニウエスタン」ってなんだったけ?
 マカロニウエスタンは、「イタリア」で製作された「西部劇映画」のことでした。
 有名な西部劇映画の「夕陽のガンマン」とか「荒野の用心棒」とかがそうだ。
 クリント・イーストウッドやジュリアーノ・ジェンマがヒーローだった。
o1024071214243122179.jpg
 その映画ってハリウッド映画かと思っていたけど、イタリア映画だったのね。
「荒野の用心棒」のストーリーは、黒澤明の「用心棒」がそのまま使われていて、後に盗作で訴えられている。
 最初に日本に入ってきたときは、「スパゲティーウエスタン」だったのが、淀川長治さんが「スパゲッティーじゃ細くて貧弱そうだ」ってことで「マカロニウエスタン」になったとか。
 日本での「マカロニウエスタン」は、その後「木枯らし紋次郎」や「必殺シリーズ」「子連れ狼」を生み出したっていうから面白い。
 話を食べる方のスパゲッティーに戻して、
 スパゲッティーは、学生時代からよく食べてきた。
 ミートソースとナポリタンという二つだけのメニューから脱却したのは、
 高校時代、市内に新しくスパゲティー専門店が開店した。
 そこへ行こうと友人に誘われた。
 「変わったスパゲッティがあるんだぜ!」
 その時に食べたのが「納豆スパゲティ」だったのか「和風きのこスパゲティ」だったのか、「たらこスパゲティ」だったのか、
 それは覚えていない。
 かなり衝撃だった。
 大学時代は、松本駅前にあった「CASA(カーサ)」というパスタ専門店。その後、本町通りに移転して、数年前に惜しまれつつ閉店となった。
 今から40年ほど前、ジャパニーズスパゲッティーしか知らなかった私にとって、本格的なイタリアンは衝撃的だった。
 トマトを煮るという概念もなかったし、料理に生クリームを入れたり、ニンニクを効かせたオリーブオイルなんてものも、すべてが刺激的だった。それをオープンキッチンで目の前で作ってくれたもんだから、毎回行くたびに厨房を睨みつけていたものだ。
 それからは様々なスパゲッティーを作るようになった。そんな私のスパゲッティの原点がCASAだったと思う。
 毎週末はスパゲッティだったが、近頃はその頻度も減ってきた。
 今年、この5ヶ月間で数えたらまだ9回しか作っていない。
 そのうち5回がチキンのトマト煮込みのスパゲティー。
 これは間違いなく「シャトルシェフ」のせい。
 ということで、今年に入って作ったスパゲッティーの写真の数々。
 鮭とキノコのクリームソース
IMG_1428.jpeg
 和風キノコソース
IMG_1897.jpeg
 フキノトウとアスパラとベーコンのガーリックバター
IMG_1768.jpeg
 鶏もも肉トマト煮込みソース
IMG_2983.jpeg
 ツナとニンニク醤油
IMG_3109.jpeg
春菊と小エビのわさびマヨ
IMG_0342.jpeg
 スパゲティーは、どう作っても美味しい。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    数日前に読んだヤマザキマリの文書がとても共感できました。
    『私はトマトスパゲッティーが嫌いだ。』
    あちらでは貧乏の代名詞らしく(確かに材料費は激安)、日本でいうネコまんまあたりかな?食べ過ぎて飽きた感バリバリw
    もちろん他人が作ったものは美味しく頂くけど、自分で作るのは高めの既成ソース(ウニとかカニとか)か、明太子シメジくらい。たまにはスカンピや子持ちのワタリガニ(すっかり見かけなくなった)で、高級スパゲッティー作ってみたいな・・・

  2. KURI より:

    Akiさん
     「貧乏の代名詞」とは想像もしませんでした。
    スカンピや子持ち渡蟹のスパゲティ食べたい!

  3. 匿名 より:

    >今年に入って作ったスパゲッティー
     ⇒お店のメニューみたいですね。おいしそう。
      先週、超のびたナポリタンを作りました。
      6~7分茹でのスパゲティを10分茹でて、そのまま5分放置。
      しんちゃんパパの辞書にはアルデンテという単語はないので、
      「これだ!」と大喜び。
      チューブのニンニクをたっぷり入れましたが、気づかず・・・。
      アルデンテは一人の時に作ります。
      
    >ヤマザキマリ
     ⇒テレビでよくコメントされていますが、おもしろい。
      テレビで映画をほとんど見ませんが、〝テルマエ・ロマエ〟は大好き。

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
     >「これだ!」と大喜び。
     うちの妻もそれが大好きです。お子様ランチの脇についている具のないケチャップのスパゲティーがいいみたいです。
    (^_^)

  5. 匿名 より:

    奥様もお好きですか・・・。
    >スパゲティーは、どう作っても美味しい。
     ⇒同感です。
      ケチャップたっぷりでのびのびスパゲティ、おいしかったです。

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん
    >ケチャップたっぷりでのびのびスパゲティ、おいしかったです。
     私も嫌いじゃないです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

小鉢いろいろ

ブロッコリーとほうれん草の和え物。  シーチキンと摺ったショウガ、麺つゆ、すりごま、砂糖で味付け。 もやしとアスパラとキュウリのごま和え。 すりおろし生ニンニクも入って、爽快な味。  寄せ豆腐に、フレ …

no image

ねるねるねるね

ねるねるねるねってご存知でしょうか?子供の駄菓子なのですが、これが面白いと言って子供たちがハマっています。滅多に買わないのですが、珍しく大人買いをした時のレシートが「ねるねるねるね」が並んで妙に面白か …

no image

子猫

 湖岸に犬の散歩に行きましたら、犬が凄い勢いで木に登ろうとします。何事かと木の上を見上げると、暗くて見えませんが、目を凝らしてみて見ると何かが動いています。  しばらくすると「みゃ~」と頼りない小さな …

no image

昭和歌謡

 Apple Musicで「邦楽ヒッツ」を年代別に聴いて行った。  リアルタイムで聴いていたと思うギリギリのラインは1971年だった。  1971年というと、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」がレコード大 …

no image

マンホールのふた

 びわ湖ホール前にあるマンホールのふたです。  「OTSU100」と書いてありますのは、1998年の市制100周年を記念したものです。  琵琶湖に花噴水、遊覧船ミシガン、大花火大会、琵琶湖大橋、大観覧 …