今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

切り躾(きりび)

投稿日:

 22日目の梅を干してみた。
 梅酢もしっかり上がり、赤紫蘇も鮮やかな色。
IMG_3423 (1).jpeg
 簾越しの日差しと、今日は少し乾いた風。
 休日の朝に漂う香りに、
 「こういう生活はマンネリとは別次元だな」って思う。
 らっきょう酢漬けも六日目。
 いい感じになってきた。
IMG_3425.jpeg
 ネギもすくすくと伸びて来ている。
IMG_3424.jpeg
 幼少の頃、雨の日に外へ出られず、
 洋裁の仕事をする母にまとわりついて
 「つまんな〜い、何かすることない!?」と駄々をこねた。
 「それじゃキリビ取りでもやってもらおうかな」
 その「キリビ」が「切り躾」と書くのを知ったのはつい最近のこと。
 オーダーの洋服で、実物の布での仮縫い合わせを行うときに付ける印。
 2本重ねの躾糸(しつけいと)で粗く塗ってから、長い縫い目の間を切る。
 そのキリビの用が無くなったら、毛抜きでひとつひとつ取り除いていくという単純作業なのだが、
 小学校低学年だった私には、母のそばに居られるだけでもうれしかったし、
 少しでもお役に立てて「はい、ありがとう」と言ってもらえるのが何よりうれしかった。
 なんでもないそんな単純作業でも、
 「つまんな〜い」からあっさり脱却できる。
 小さな植物を育てたり、梅仕事をしたり、常備菜を作ったり、
 本業とは違う、日常のキリビを取るような作業に、
 幸せを感じられるようになると、少し生きるのが楽になる。
 梅雨の合間の、窓から吹き抜ける一瞬の心地よい風にも、
 「あ〜、いい風」って、笑顔になれるのだ。
IMG_3024.jpeg

-乾癬

執筆者:


  1. 一般人 より:

    梅干し、美味しそう。

  2. Aki より:

    その頃の日曜はたいてい釣りに出かけて不在だったかな、今から思えばあれも涼を求めてたのかも
    母親の作業部屋は唯一水冷の冷房設備があったので、ちょっとは涼しかった、
    実家の祖母の診療室もエアコン完備、思えば子供の頃から暑いのは苦手だったなw

  3. アプリ より:

    切り躾、きりびと音で聞くと、何のことやらと思いますが。字を見るとなるほどそういうことなのねと納得できます。子供の頃はたいくつしてつまんないってことがありましたね。単純な作業がけっこうおもしろかったりするのですね。
    今は、本業のことをずっと詰めてできなくて、何にもしないぼっけとしている休憩を挟まないとつらくなってきて、本当はその隙間の時間でやりたいことを少し消化できるといいのですが、そうやって年をとっていくのかなという今日この頃です。

  4. KURI より:

    一般人さん
     ありがとうございます。これで味も良ければ最高です。(^_^)

  5. KURI より:

    Akiさん
     私もよく待合室に籠って女性週刊誌を読んだりしていました。子供と動物は涼しいところを知っていますよね。(^_^)

  6. KURI より:

    アプリさん
     ボケっとする時間が大切だとどこかで聞いたことあります。何かに夢中になる「無我夢中」も必要ですが、ボケっとする時間も意味があるようです。
     徐々にボーッと一日中テレビを見ている時間が増えてくるような気もしますが、まだまだ抵抗したいところです。(^_^)

  7. 匿名 より:

    >らっきょう酢漬け
     ⇒どんな味なんでしょう?
      からだにもよさそう。

  8. KURI より:

    しんちゃんママさん
     私もまだ未体験なので楽しみです。
     その名称からして、「らっきょう」のイメージが強すぎて、味のイメージも「らっきょう」から離れられません。(^_^;)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

旬の筍

 「旬」に竹冠を付けると「筍(たけのこ)」になるのですねぇ。  買って来たナマのタケノコを米糠を使って煮ました。水煮で売っているタケノコよりも香りがたって美味しい。  煮物とタケノコご飯などでいただき …

no image

雲りの琵琶湖

 曇った日の琵琶湖もなかなか美しい。  微妙な色の違いの青色が織りなす奥深い風景。  空と雲と湖と山とプリンスホテルが、それぞれ「青」の絵の具だけを持ち、その濃さで自己主張をしています。 画家がこの色 …

no image

天つゆをあんかけにして

 鶏むね肉と、カボチャとエリンギの天ぷら  天つゆで食べようかと思ったけど  あんかけにしてかけちゃおうかと  麺つゆと水と砂糖 そして、おろし生姜で天つゆを作って  水溶き片栗粉であんかけにしてトロ …

no image

琵琶湖疏水の竪坑(たてこう)

 近頃、日曜朝の散歩で行く小関越え。  旧東海道から小関町に入り、小関峠を登り切ると左手に小関地蔵。  そのまま舗装道路を進めば、藤尾奥町へいくが、  小関地蔵の先を左折して山に入れば逢坂山へ行ける。 …

no image

愛宕山登山 

 今日はひとりで愛宕山に登ってきました。  午前7時30分に家を出て、電車で三条京阪駅へ。  京都バスに乗り換え、1時間ほど嵐山方面に走り終点の「清滝」で下車。そこが愛宕山の登山口になります。  バス …