今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

古いアルバム 2

投稿日:

 「夫婦ふたりでいろいろな困難を乗り越えてきた。」
 そんな言葉をよく聞く。
 「夫婦ふたりでたくさんの楽しい時間を過ごしてきた。」
 という言葉よりも、最初の困難や辛いことの方が多い印象だ。
カップル2.jpeg
 人はつらかったことの方をよく記憶する気がする。
 再びつらいことが起きないように、
 つらいことが起きても、
 次はうまく乗り越えられるようにと。
 写真はつらかったことはあまり記録しない。
 楽しい時、うれしい時に写真を撮る。
 だから古いアルバムは、
 楽しかったことのオンパレードだ。
カップル1.jpeg
 その時は楽しかったけど、
 今となっては思い出したくない写真というのもある。
 そういう写真はアルバムから取り除く。
 アルバムというのは、
 自分の人生のハレの部分だけにしたい。
 人生終盤に、
 妻とふたりで
 古いアルバムをめくりながら、
 ひとつひとつの写真についての思い出話がしたいなって思うのだが・・・
 そのアルバムを断捨離しなければ、とも思っている。
 さて、古いアルバムをどうしよう。
 今がその人生終盤と思って、
 空いた時間にふたりで古いアルバムを開いて語り合うか?
 最後は突然に来るものだろうし、
 その時に古いアルバムを開く余裕なんてあるかどうか?
 かと言って、今はまだ人生を振り返る気分でもないし。
 さて、
 古いアルバムというは、いつ開かれるのだろうか?

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    さすが5人も子供がいると、そうなりますよね、
    うちは一人っ子だからアルバムなんて無し、そもそも学生時代はともかくカミさんと同じ写真に納まるなんて結婚式以降記憶に無いかも、断捨離の必要もないみたいです^^

  2. 一般人 より:

    一人で暇な時に見るにかぎります。
    写真以外の記憶がよみがえり、口喧嘩の元に。

  3. KURI より:

    Akiさん
     アナログな妻がそれを趣味にしているものですから尚更他所より多いかもしれません。年代別はもちろん、イベント別など様々なアルバムがあってこれからも増えて行くかもです。
     私の撮影する写真は枚数は膨大ですが、すべてデジタルなので場所は取らないけど、データ保存用の容量確保に毎月課金が掛かります。どっちがいいのやら?

  4. KURI より:

    一般人さん
    >一人で暇な時に見るにかぎります。
     なるほど、メモしておきます。(^_^)
     言わなくてもいいことをつい無意識に口にしてしまうことが多くなりましたから確かに危険です。

  5. 匿名 より:

    夫婦の写真はほとんどないけれど・・・。
    あぁ、アルバムの断捨離せねば・・・。
    今秋の目標にしましょう。

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん
     義母がほぼ全ての写真を潔く処分したのは、亡くなる数年前。その時は「え?! その写真も捨てちゃうの?」と思うくらい本当に潔かったです。そんな義母は87歳で亡くなりました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

続・哲学の道

哲学の道に沿って流れる琵琶湖疎水には大きな鯉が泳いでいます。川底に口を突っ込んでもしゃもしゃやっています。食事中の鯉の横を泳ぐ数匹の20cmほどの魚。なんだろうな?と思ってよく目を凝らして見てみると、 …

no image

ラブリー近鉄京都線

 京都と奈良を結ぶ線路はJRとこの近鉄線があります。  なかなかラブリーな車両で好感がもてます。

no image

立木観音初詣

 元旦の朝から鎮守の神様に初詣。その日の午後には近江国一宮の建部大社に参拝。その境内にあった伊勢遥拝所でお伊勢さんへ遥拝。  そして、昨日は厄よけ観音で有名な立木観音さまにお参りに行きました。  80 …

no image

甘酒と味噌を使った豚生姜焼き

  JKが帰省中。  「何食べたい?」と聞けば、ほぼ100%の確率で  「肉ゥー!」と答える。   やっぱそうだよねぇ。  ということで、豚生姜焼き。  薬屋さんでサービスでもらった甘酒が一人前あった …

no image

比叡山ケーブル80周年

近所を走る京阪電車が、またまた衣替え。今度は比叡山ケーブル(坂本ー比叡山)が開業80周年ということで、それを記念して、比叡山ケーブルと同じ色に塗られていました。 これが比叡山ケーブルです。 そしてこれ …