今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

古いアルバム 2

投稿日:

 「夫婦ふたりでいろいろな困難を乗り越えてきた。」
 そんな言葉をよく聞く。
 「夫婦ふたりでたくさんの楽しい時間を過ごしてきた。」
 という言葉よりも、最初の困難や辛いことの方が多い印象だ。
カップル2.jpeg
 人はつらかったことの方をよく記憶する気がする。
 再びつらいことが起きないように、
 つらいことが起きても、
 次はうまく乗り越えられるようにと。
 写真はつらかったことはあまり記録しない。
 楽しい時、うれしい時に写真を撮る。
 だから古いアルバムは、
 楽しかったことのオンパレードだ。
カップル1.jpeg
 その時は楽しかったけど、
 今となっては思い出したくない写真というのもある。
 そういう写真はアルバムから取り除く。
 アルバムというのは、
 自分の人生のハレの部分だけにしたい。
 人生終盤に、
 妻とふたりで
 古いアルバムをめくりながら、
 ひとつひとつの写真についての思い出話がしたいなって思うのだが・・・
 そのアルバムを断捨離しなければ、とも思っている。
 さて、古いアルバムをどうしよう。
 今がその人生終盤と思って、
 空いた時間にふたりで古いアルバムを開いて語り合うか?
 最後は突然に来るものだろうし、
 その時に古いアルバムを開く余裕なんてあるかどうか?
 かと言って、今はまだ人生を振り返る気分でもないし。
 さて、
 古いアルバムというは、いつ開かれるのだろうか?

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    さすが5人も子供がいると、そうなりますよね、
    うちは一人っ子だからアルバムなんて無し、そもそも学生時代はともかくカミさんと同じ写真に納まるなんて結婚式以降記憶に無いかも、断捨離の必要もないみたいです^^

  2. 一般人 より:

    一人で暇な時に見るにかぎります。
    写真以外の記憶がよみがえり、口喧嘩の元に。

  3. KURI より:

    Akiさん
     アナログな妻がそれを趣味にしているものですから尚更他所より多いかもしれません。年代別はもちろん、イベント別など様々なアルバムがあってこれからも増えて行くかもです。
     私の撮影する写真は枚数は膨大ですが、すべてデジタルなので場所は取らないけど、データ保存用の容量確保に毎月課金が掛かります。どっちがいいのやら?

  4. KURI より:

    一般人さん
    >一人で暇な時に見るにかぎります。
     なるほど、メモしておきます。(^_^)
     言わなくてもいいことをつい無意識に口にしてしまうことが多くなりましたから確かに危険です。

  5. 匿名 より:

    夫婦の写真はほとんどないけれど・・・。
    あぁ、アルバムの断捨離せねば・・・。
    今秋の目標にしましょう。

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん
     義母がほぼ全ての写真を潔く処分したのは、亡くなる数年前。その時は「え?! その写真も捨てちゃうの?」と思うくらい本当に潔かったです。そんな義母は87歳で亡くなりました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

アルバム聴き

 「アルバム聴き」という言葉があるらしい。  といっても、私たちの世代ではそれが当たり前だったから、あえてそんな言い方はしなかっただけ。  レコードに針を落として、1曲目から順番に聴いていくこと。   …

no image

食用菊

 今日は知り合いの人に食用の菊の花である「坂本菊」をいただきました。坂本菊については↓こちらを参照。 http://www.wnpbiwa.com/2005_yougokaisetu/tabibito …

no image

DVD「舞妓Haaan!!!」

 やっぱり阿部サダヲはクドカンの脚本で本領発揮ですね!! いやはや最高です。「グループ魂」のテンションがそのまま映画になった感じです。  堤真一もクライマーズハイを観た後ではちょっと引きますが、三丁目 …

no image

琵琶湖ホテル・ランチバイキング@THE GARDEN

家内と二人でランチに行ってきました。  琵琶湖ホテルに入ったのが2回目。食事をしたのは初めてでした。5000円分のギフト券をいただいていたので忘れないうちに使わせていただこうということで、急遽ランチ決 …

no image

「啓発録」

・稚心を去る:父母への依存心を断ち、幼き心と決別する。 ・氣を振う :本気を出す。人に負けるなという気概。 ・志を立つ :目標を決めてそこへ向かってコツコツと努力をする。 ・学に勉む :目標を達成する …