今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

まさかのメダカ仲間

投稿日:

 人のご縁というのは誠に不思議なもので、
 知り合いの家に寄ったら、
 家の前に水の張った発泡スチロールのケースが置いてあった。
 もしやと思って覗き込むと、
IMG_3619.jpeg
水草の中に小さな稚魚がたくさん泳いでいた。
いつの間に飼い始めたのだろうと聞いてみると、
まだ半年余りとのこと。
IMG_3620.jpeg
たった半年余りで6鉢。
どの鉢にも大小様々なメダカが元気に泳いでいた。
育て方のコツ、増やし方などコツをたくさん教えてもらって、
水草やメダカまでいただいて帰ってきた。
帰り道、住宅地を2kmほど歩いて帰ってきたが、
意識して庭先を見ながら歩いてくると、
今までは植物ばかりに目がいっていたが、
今度は水を張った睡蓮鉢を探して目が動く。
そうしたら、意外なことに睡蓮をはじめとする水生植物を育てておられる家も多く、
その中にはかなりの頻度でメダカが泳いでいた。
IMG_3631.jpeg
今までもそこにあったのだと思うが、まったくそれを認識していなかった。
人間の目というのは、そこにあるのに見えていないものもたくさんあるものだと思うばかり。
IMG_3630.jpeg
我が家のメダカ鉢もまた少し進化して、
水草もメダカも少し賑やかに。
思わぬところにメダカ仲間も見つかって、
メダカ談義に花が咲きそう。
今はワクワク感しかない。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    メダカってプロの方も発泡スチロールで繁殖されてますしね、
    睡蓮鉢にこだわる必要がなく場所さえあればすぐにでも水槽が増えそうです^^

  2. 匿名 より:

    ♬めだかの学校♬
      川の中ではなくて、街のあちこちにあるんですね。
      涼しげで、いいですね。

  3. 一般人 より:

    めだかはレアな色を作るのがマニアでは流行りらしいです。

  4. アプリ より:

    近くにメダカを飼われている方がいて頼もしいですね。
    飼われて半年ですか、メダカの卵は250℃ぐらいを経過すると産まれるらしいです。(20℃なら×12日ほど)今年5月に産まれたのはもう大きくなって1センチほどになりました。そちらの方が暖かいし、きっとたくさん稚魚が産まれたのでしょう。
    今日見たら、また卵をぶら下げているので隔離しました。1シーズンに何回も産むようです。
    kURIさんのところもこれから、卵を産む可能性がありますよ。
    確かに、植物には目がいくけど、まさかメダカを飼っているとかまでには気がつかなかったですね。

  5. KURI より:

    Akiさん
     「メダ友(メダカ友だち)」さんも、スーパーの搬入口に行ってもらってきましたって言っていました。
     陶器のものはオシャレなんですが、とにかく「重い」。そして、凍らせると割れやすいとか、なかなか扱いが大変そう。そして、買うと数千円しますから、なかなかねぇ。
     「メダカごときに、そんなの勿体無いですよ〜」って言っていました。(^_^)

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん
     ホント、街のあちこちにありました。今、それなりにメダカブームみたいです。久しぶりにホームセンターのお魚コーナーに行きましたが、以前はグッピーやらネオンテトラ、そしてディズニー映画のキャラクターの熱帯魚が多かったのが、今ではメダカだけで全体の半分以上でした。

  7. KURI より:

    一般人さん
     そうなのですか! 錦鯉みたいですねー。
    私はまだまだそんなレベルじゃないので、まずは卵産んでもらって増やしてみたいです。(^_^)

  8. KURI より:

    アプリさん
     同じ趣味の仲間がいるのはうれしいものですよね。一気にボルテージ上がりました。(^_^)
     250度ですか。まだ水温を測ったことないので調べてみますね。
    >1シーズンに何回も産むようです。
     そうみたいですね! 先日その「メダ友」さんにそう聞いて驚きました。ワンシーズンに1匹が1回たくさん産むのかと思ったら、何回も産むとは。こりゃ本当にネズミどころではなさそうです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

イタく感動する

 この漢字を使うって知らなかったなぁ。  「痛く」じゃないとは思ったけど。  「甚く」  これで「甚(いた)く感動する」と読む。  程度の甚(はなは)だしいさま、非常に、ひどく。  「ムッチャやばいん …

no image

初めての遠出

幼稚園の末娘が自転車の補助輪が取れて、初めて遠出をすることになりました。遠出と言っても歩いて30分ほどの場所です。そこまでは信号もあり、車もびゅんびゅんと走る場所もあります。 ひとつ上の姉に一緒に走っ …

no image

DVD「魂萌え!」

 夫が退職して3年で急逝した。その葬儀の時に夫の携帯が鳴り、相手は10年来の浮気相手だった。  突然の夫の死への戸惑い、息子と娘との確執、次々と出てくる夫の知らないこと。主演の風吹ジュンは頭がおかしく …

no image

山田屋まんじゅう

 近所の百貨店に舟和の芋ようかんを買いに行ったら売り切れだったので、  代わりに買ってきたのがこの「山田屋まんじゅう」。  化粧箱にも、包み紙にもドーンと大きく「梅鉢紋」が入っている。  梅鉢紋という …

no image

東海道五十三次 保永堂版

読売新聞にて「東海道五十三次 保永堂版」が配布されることになり、それを保存するためのファイルを購入。 900円だがなかなかの作り。  裏側はこんな感じ。  まずは前半の日本橋から掛川までです。  「読 …