今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

捨てられない片手鍋

投稿日:

IMG_4424.jpeg
 取っ手の取り付け部分が熱で焼けてしまって、
 取っ手がクルクルと回るようになってしまった。
 熱いものが入っているときに、取っ手がクルリと回ってしまい、
 とても使いづらい。
IMG_4422.jpeg
 一度、取っ手を取り外し、もう一度しっかりと付けられないかと思うのだが、
 いくら回しても取れない。
 切断するのも大変だし、どうしたものか?
 それほど高価な鍋でもないし、
 もう40年ほど使ったから買い直せばいい。
IMG_4423.jpeg
 18歳で一人暮らしをするときに、
 「とりあえずこの鍋と電気コンロがあれば、お湯も沸かせるしラーメンやうどんも作れるし」と、
 ホームセンターの鍋のコーナーにいくつか並んでいた片手鍋の中から、
 一番良さそうなものを選んでカゴに入れてくれた母。
 初めての一人暮らしで、
 男子寮の小さな部屋で、
 即席ラーメンを作り、鍋ごとラーメンをすすった。
 それからずっとずっと使ってきた片手鍋は、
 即席ラーメンはもちろん、
 ジャムも煮物も、佃煮も、炒め物さえも作ってきた相棒。
 自分の料理の歴史全てを知っていると言ってもいいかもしれない。
 なかなかお別れが出来ないし、
 今のところお別れするつもりもない。
 どうにか直してみようと思っている。

-乾癬

執筆者:


  1. カラス より:

    おはようございます。
    物を大切に使うことはいいことですね。
    ご主人の青春時代からずっと使い続けているなんて、ロマンの領域です。
    厚手で良品なので、何かと便利に活用できそうです。
    ウチでも雪平の片手鍋を長いこと使用しています。
    取っ手が木製だったので、グラグラし始めた時に外しましたが、取っ手ナシの状態で布巾で押さえ、インスタントラーメンや、少量の茹で物などに使っています。焦げ付きに強いということが第一条件ですね。

  2. アプリ より:

    片手鍋は毎日と言っていいほど頻繁に使いますね。
    40年も年季が入ってますね、でも、使い込むと愛着があって捨てられないのでは?それに今はゴミは減らそうということなので直して使えるならそれもありですね。
    家にも40年ほど使っているだろう片手鍋があって持ち手は問題ないけど、底がもう平ではないから、私は別の新しいのを使ってますが、主人や義母はそれをよく使ってます。一人分のインスタントラーメンを作るとか、うどんの一人分を作るとかには重宝します。
    鍋、両手鍋でホウロウのものがあって、シチューを作ったり、大目の煮物を作ったりとよく使っているのですが、鍋底の外側のホウロウが剥げてきているので新しくしようかと、迷っています。たぶん、昔、頂いたものなのですが。

  3. KURI より:

    カラスさん
     おはようございます。
     
    >取っ手ナシの状態で布巾で押さえ
     そうなんです! それが理想なんですよねー。これを機に、どうにか修理してみようかな。(^_^)

  4. KURI より:

    アプリさん
     「愛着」それなんですよね。義母の遺品の片手鍋はまだ使えそうでしたがあっさり処分して、自分の壊れたものはまだ捨てられずにいます。
     「便利」よりも「愛着」なんでしょうね。その壊れた取手も、扱いに慣れるとそれなりに使えるしって。(^_^;)

  5. 一般人 より:

    修理はさておき、安全のため、新しい物を買うのが良さそうな。

  6. KURI より:

    一般人さん
     片手鍋はこれ以外にあと2つあるので、緊急性はないのですが、おっしゃるように安全性を考えると今の状態で使うのは考えもんですよねぇ。

  7. Aki より:

    写真には写ってないけど、たいてい取っ手固定部の下面に釘を打つ穴があると思うけどどうかな?
    ウチも小さな鍋を家内が大きな五徳のところで使うのでやっぱり焦げて、何度か交換しています。なおかつ釘だと不安なので木ネジで固定。
    交換用の木製の取っ手は数種類ホームセンターで売ってます、あるいはいろんなデザインのものが通販サイトでたくさん出てます。
    仕事で使ってるハンドエンジンでアルミは簡単に削れるので、修理したらよろしいかと♪

  8. 匿名 より:

    愛着がおありなんですね。
    しんちゃんママは使い捨て派です。
    でも、1個だけお気に入り鍋があり、
    厚くてしっかりしていたので、
    取っ手が壊れた時、取っ手をはずし、
    ボールに変身させました。(今もあります)

  9. KURI より:

    Akiさん
     ちょいと分解してみました。取っ手固定部の下面に釘を打つ穴はないタイプみたいです。金属の棒を本体にねじ込んで取っ手を固定している感じ。説明が難しいですけど。
     また後日「追記」として写真をアップしますね。(^_^)

  10. KURI より:

    しんちゃんママさん
     ひとり立ちするときに、亡き母に買ってもらったものなので、こういうのって捨て難いですねぇ。(^_^;)
    >取っ手をはずし、 ボールに変身させました。
     それもいいですよね。取っ手が付けられなかったらそうしてみようと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

塩麹で焼きそば

 市販の安い蒸し焼きそばを使って、  塩麹焼きそばを作ってみました。  味付けは、塩麹と黒コショウと顆粒中華だしだけ。  冷蔵庫にある肉と野菜(今回はウインナーとキャベツとピーマンだけ)を適当に刻んで …

no image

延暦寺は拝観停止中

 コロナの影響で延暦寺は閉まっています  それより前に、根本中堂は3〜4年前から大改修が始まっていて、倉庫みたいになっちゃっています。10年かかるそうです。 売店も休憩所も、御朱印もおやすみです。 誰 …

no image

本能寺

 「敵は本能寺にあり!」と主君に反旗を翻したとされる明智光秀が目指したのはココ。本能寺であります。でもこんなに狭い入り口じゃ攻め込むのも取り囲むのも大変かも。  本能寺の裏通りからの入り口がここになり …

no image

夜這い

 現代で「夜這い(よばい)」と聞くと、ちょっと穏やかじゃない。  平安時代の昔も、明治大正時代までも地域によっては普通にあった慣習であったらしい。  「あの真面目な二宮金次郎だって夜這いをしていたんだ …

no image

葦(よし)

 湖岸のあちこちにある「葦(よし)」です。あちこちにあると言ってもかなり減りました。この葦の根元で魚が産卵しふ化した稚魚が育ちます。でもそのゆりかごは年々減っています。  パスカルは「人間は考える葦( …