今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

収まるべきものが、収まるところに収まった

投稿日:

IMG_4648.jpeg
 パソコンのキーボードが壊れた。
 壊れたというのはメーカーさんに失礼かもしれないが、
 ついに「エンターキー(リターンキー)」が反応しなくなった。
 他にもいくつか反応しないキーがあったが、どうにかなってきた。
 しかし、リターンキーがやられるとなかなか面倒。
 決定をするのにいちいちクリックをしなければいけなくなり、文章を打つのにやたらと時間がかかり、
 文章を考えていられなくなる。
IMG_4649.jpeg
 重い腰を上げてキーボードの掃除にかかった。
 問題のリターンキーを外してみると、こんな感じ。
 細かいゴミ、ホコリ、皮脂でいっぱい。
 エアーブロウと綿棒とでキレイにしてみた。
IMG_4784.jpeg
 中央のシリコン製の部品を取ろうと試みるが、
 外れにくく、外したら再び元通りに付けられる自信もないのでやめておいた。
 他の反応しないキーも外してみると、リターンキー同様の汚れ具合。
 ひとつひとつ掃除していったが、なかなか根気のいる作業。
IMG_4651.jpeg
 一通り終わって、電池を入れて、Bluetoothで接続してみると、
 リターンキーはちゃんと復活していたが、
 以前から反応がなかった「esc」キーは、掃除をしても復活しなかった。
 他にも復活したキーと変わらず使えないキーがある。
 ん〜、買い替え時かなぁ〜。
IMG_4785.jpeg
 今回リターンキーが使えなくなったことで、スムーズに文章が打てなくなり、
 文章を考えることさえ難しくなった。
 書で言えば、筆が使えなくなるようなもの。
 空海こと弘法さんだったら・・・・。
 「外付けのキーボードが使えないなら・・・」と何か妙案を出してくれるだろうか?
 「弘法筆を択ばず」というのは、文章が書けないのを「道具のせいにするな」という意味なのか、
 「道具の良し悪しではない」ということか、「道具を大切にしろ」ということなのか。
 職人であった亡き義父は、道具を大切にしていた。
 作業机はいつもキレイに整頓されていて、使う道具も研ぎ澄まされて美しかった。
 「作業机を見れば、仕上がる作品も想像がつく」と言っていた。
 色鉛筆で絵を描く娘も、24色やら32色やら豪華な色鉛筆セットは使わずに、
 ほんの4〜5本程度の色鉛筆を重ねて、複雑で色鮮やかな絵を仕上げる。
 プロは良い道具を選び、それを大切に手入れしながら使うというイメージ。
 パソコンのキーボードでは当てはまらないかもしれないが、
 毎日文章を打っていると、キーボードのカタカタという音ひとつでも、
 ちょっとしたキーの跳ね返りに違いでも気になってきてしまう。
 万年筆で手紙を書くときもそうで、
 その万年筆と紙との相性で、書いていて気持ち良かったり、
 これ以上書きたくないと思ったり。
 そんなことにも惑わされることなく、
 いつも平常心でいつもの作業が出来ればいいのだろうが、
 なかなかその域までは達せられない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  結局、リターンきーは一度は復活したものの、
 その数日後に再び反応がなくなった。
 やはりこれは買い替えどきかと思い、安価な純正ではないキーボードを購入した。会社の名称まで「ANKER」。
IMG_4792.jpeg
 価格の割にはよく出来たキーボードではあった。
 しかし、微妙に純正とは配列が違うために、
 なかなか馴染めない。
 若い頃ならすぐにその違いに対応できたのかな?と思うが、
 もうどうにもならず、文章を打っていても誤字脱字、誤変換の嵐。
 修正しようとしたら、今まで書いていたものまで全部消えたり。
IMG_4835.jpeg
 ↑マジックパッドとの、この少し段差も気になって仕方がない。
 やはりいつもの配列の、いつものタッチの純正品を買わなければいけないようだ。
 ・
 ・
 ・
 その後、中古の純正キーボードを見つけたので早速注文。
 プリンターのインクもそうだけど、
 結局いつもこうなる。
 悔しいけど、最初から純正買っときゃよかった、と。
 ・
 ・
 ・
 要らなくなった安いキーボードは、
 今までのことをどこから見ていたかのように、
 長女が、
 「お父さん、パソコンのキーボードって何か余ってない?」と声をかけてきた。
 iPad用に小さいコードレスタイプのものが欲しいという。
 なんというタイミングだ。
 ということで譲ることにした。
 こうやって収まるべきものが、収まるところに収まった。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    幸いにして今までキーボードが壊れた経験は無いけど、ゲーム用のUSBコントローラーは消耗品かな、今のエレコム製のモノは各PCに一つづつ付いて3台運用中、すでに数年使っているけど、以前のモノは3か月で皆壊れゴミ箱行きw
    でも今の機種も製造中止で新品が2倍以上の値段で販売、いつまでゲームやってるかわからないけど、高耐久のモノが出てきてくれないかなぁって思うこの頃。

  2. 一般人 より:

    テンキーが付くと、昔ながらのIBM互換かもしれないです。

  3. KURI より:

    Akiさん
     ゲームのコントローラーは確かにほぼ消耗品ですねー。壊れるのは毎回ジョイスティックなので、その部分だけ簡単に安価で交換できるようになってくれればなぁって思います。 

  4. KURI より:

    一般人さん
     確かにおっしゃる通りです!
    controlとcapsの位置が、昔のIBM互換機と同じですよね。なんだか懐かしいです。(^_^)

  5. 匿名 より:

    キーボードのよく使う文字(3つ)が消えかかっていて、
    自分だけがわかるしるしをつけていました。
    それを見たしんちゃんパパが予備キーボードに交換してくれました。
    タッチが微妙に違いましたが、すぐに慣れました。

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん
     さすがパパさん、仕事がお早い。
     キーのタッチって結構こだわります。ピアノの鍵盤もそうですが、ヘタクソなのにそんなところばかりにこだわってしまいます。ギターは、指板を押さえた感じよりも、ボディーの抱き心地と音の鳴りなんですけどね。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

クラブハリエ

今日もまた家内とドライブして八日市のクラブ・ハリエへ行って来ました。 ここのバームクーヘンは最高です。  家族にはこのバームクーヘンを買って帰りました。  私たちは車の中でちょっと食べるのに、「ベリー …

no image

掘り出し物

 家内の実家をがさごそしていると色々なものが出てきます。義母の物持ちの良さには感心するばかりですが、今回出て来たものがコレ。  「天然色写真」です。  京都の観光ではなく「観光の京都」です。 この天然 …

no image

鯖寿司

 鯖寿司は大好きなんですが、買うと高価なのでなかなか食べられません。 それなら作ってしまえと思い、作ってみました。 思う以上に簡単で安くおいしく出来ました。 スーパーで買った塩さば(290円)。 腹骨 …

no image

穂高神社の紋章

再び安曇野の穂高神社の話題。 穂高神社の紋章は14菊花紋。 天皇家は16菊花紋。 ユダヤ王の紋章も16菊花紋章。 伊勢神宮の灯篭には16菊花紋とダビデの紋章(六芒星)。 元伊勢籠神社の奥宮である真名井 …

no image

薄力粉と片栗粉で水無月 &梅仕事の仕上げ

 今年も水無月を作ってみた。  上新粉や団子粉などを使わず、  ういろうの部分はいつも常備してある「薄力粉」と「片栗粉」でやってみた。  薄力粉  大さじ5  片栗粉  大さじ1  水    150c …