今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

効率の共有ってむずかしい

投稿日:

 「こうすればもっと楽にできるのに・・」と言うコツは、人それぞれあると思う。
 その人にとってはそのやり方が何度も経験を積み上げた上での効率のいいやり方なのかもしれないが、
 それが自分にも効率の良いやり方とは限らない。
 自分の経験から編み出した、効率の良いやり方も、
 相手にとってはそうでもないことも多い。
 人それぞれ効率の良いやり方があって、
 それはひとつではない。
 人それぞれ特性が違うように、
 やり方も千差万別。
 であるから、「〇〇のコツ」と書かれたものも、そのうちのほとんどはピッタリ当てはまることはない。
IMG_4871.jpeg
 でも最初にあるやり方を覚えてしまうと、効率の悪いやり方でも、
 それを何度も続けて慣れていくと、それが一番効率の良いやり方になっていたりする。
 「今までずっとそのやり方でやってきたの?」と言わて、
 「え?みんな違うの?」
 と言うこともある。
 息子がある道具を左右逆に使っていた。
 「右利きなんだからこっち向きで使ったほうが楽じゃないの?」
 「いやぁ、もうずっとこれでやってきたから・・」
 その起源を探ると、
 そのやり方を教えたのは、「左利き」の姉だった。
 そして、またひとつ。
 久しぶりに家族が揃った時に、
 「ねぇ、ちょっと『』って言う漢字書いてみて!」と息子。
 みんな一人ずつスマートフォンのメモ画面に「葉」と言う漢字を書いていった。
 問題となったのは「5画目」。
 「世」の横棒を引いた次の縦を「L」と書くか、「Ⅱ」と書いてから横を引くか。
 正解は「Ⅱ」を書いてから横棒なのだが、息子は「L」だった。
 漢字には自信があった息子としては、
 どうしてこの漢字だけ書き順を間違って覚えてしまったのかが納得がいかないようで、
 きっとまた姉か他の家族に教えてもらったことが原因かと思ったらしい。
 果たして、家族みんな正しい書き順だった。
 書き順が違っても、日常まったく不都合なことはないが、
 どうしてその漢字だけ? と言うことだろう。
 書き順に関しては、一番バランスが良く書ける順番かもしれないが、
 それも人それぞれ。
 左利きの人とっては、どの漢字も書きづらい。
 効率を共有するとこと、効率を一本化すること、
 そして、経験と慣れとの折り合いをつけるのは意外とむずかしい。
 ましてや、長年の「効率の共有」ともなると、
 そこからの脱却はなかなかの苦難の道のような気もする。

-乾癬

執筆者:


  1. 一般人 より:

    書き順は自信がないです。
    右と左、違うはずですが、いつも同じ。

  2. アプリ より:

    「一」いちという漢字、左から右へ書くのが自然の流れだから、左利きの人は書き難いのかな、でも、慣れてしまえばそうでもないのかなと想像しています。
    書き順は自信がなくて、たまにスマートフォンのアプリで確認したりしています。昔、そんなのちゃんと漢字が書けていればいいのではと思っていましたが、今は書き順も大切かなと、でも、昔覚えてしまった誤った書き順はなかなか直せないです。「飛」とか覚えられないです。

  3. 匿名 より:

    〝必〟の書き順は正確だと思います。

  4. KURI より:

    一般人さん
    「右」と「左」、どっちが横棒からだったのか思い出せません。(^_^;)

  5. KURI より:

    アプリさん
     ペンで書くのはまだしも、筆で書く書道は難しいみたいです。
     「飛」の書き順を確認してみましたら、思っていたのと違っていました。書き順は難しいですね。

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん
     「必」はたまたま以前に調べて覚えていました!
     確か、中央の「ソ」から書くんですよね。その前は、左の点から書いていました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

お絵描きで「しりとり」

 高校生の長女が小学生の頃によくやった遊びです。今回は、長女と次女と3女と私でやりました。 お絵描きでしりとりをするのですが、いざやってみると難しいのです。 「リス」を描こうと思っても、頭の中ではイメ …

no image

白粉花と金木犀とやらかい日差し

 線路沿いに毎年咲いているオシロイバナ。  今年の開花もそろそろ終わりだろうか。  朝は、ほとんどの花が開いていない。  「夕化粧」と呼ばれるくらいなので、夕方から花ひらく。    子供の頃は、タネを …

no image

今日の散歩

 今日のお天気は下り坂の予報。    午後からは雨が降るかも。  昼まで降られずに歩けたらラッキーと思いながらスタート。  といいながら、いつもよりも長いコースを選択。  近江大橋を渡って対岸へ行きま …

no image

攻略本

息子が探して買って来てくれた「世界樹の迷宮」の攻略本。 地下30階までの詳細な地図と敵データやキャラの特性はもちろん、基本的な攻略の仕方が事細かに書かれています。何だか久しぶりにゲームに燃えてます。 …

no image

映画「アンナと過ごした4日間」@WOWOW

 以前から家内に頼まれて録画してあった映画をやっと家内と観ることが出来ました。  ネタバレ注意。  暗い雰囲気の少し変態なおじさんの話。  ポーランドのある病院で火葬の仕事をしている中年男性レオンは独 …