今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

馬鹿力と金剛力とシャカリキ

投稿日:

 「馬鹿力」と「金剛力」と「シャカリキ」。
 「馬鹿力」は、みんながあきれるほどの強い力。人並み以上の大きな力を「あきれたり」「ののしったり」していう言葉。
 「金剛力」は、金剛力士のような大力。
  金剛力士といえばコレ。
IMG_4263.jpeg
 ↑ 以前、「奈良東大寺」に行ったときに撮影したもの。
 この金剛力士さんの力だから相当なものだろう。人の力とは思えないような力。決してあきれたり罵ったりはしない。
 気になるのは「シャカリキ」だ。
 漢字で書くと「釈迦力」となるらしい。
 このシャカリキ、実はよくわかっていない。
 「お釈迦様が衆生のために尽くす様」とも言う。
 その力の大きさと言うよりも、その行動自体を言っているような感じ。
 「シャカリキに働く」は、私利私欲のために働くと言うよりも、社会貢献として献身的に働くイメージが見えてくる。
 しかし、今自分がイメージしている「シャカリキ」は、
 どちらかと言うと「ガムシャラ」とどう違うのだろう?とさえ感じる。
 「ガムシャラ」は、「我武者」と接尾語の「羅」が合わさった単語。
 「我武者」は、「我が強いワガママな武士」。
 ガムシャラ=なりふり構わず一生懸命な様子、と言う説がある。
IMG_4272.jpeg
 「なりふり構わず」からイメージしていくと、
 「おおわらわ」と言う単語を思い出す。
 漢字で「大童」と書く。
 「童」は3歳くらいから元服までの子供。
 髪型は束ねず下に伸ばしている。岸田劉生の童女像「麗子」のイメージだろうか。
 「大童」は、武士が戦場で一心不乱になりふり構わず戦っていて、
 束ねていた髪を振り乱し、兜を脱ぐと大きな童が髪をボサボサにした状態。
 そんな状態を「おおわらわ」と言うらしい。
 他にも「なりふり構わず」的なものでは、「遮二無二」(=前後の見通しも考えないで、むやみやたらとガムシャラにやること)と言う言葉もあり、
 「てんやわんや」や「にっちもさっちも」とか、
 似たような言い回しがたくさんあるのが不思議だ。
 「てんやわんや」は、私が子供の頃に人気だった漫才師を思い出すが、「手に手に」の「てんでん」と、「わや」と言う「無茶苦茶や」と言う言葉が合わさった言葉という説もある。。
 「にっちもさっちも」=「二進も三進も」そろばんの割り算から出た言葉で、「物事が行き詰まり、身動きのとれないさま。」
 ひとつひとつ調べていって、その微妙なニュアンスの違いや語源を辿ると実に面白い。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    あまり漢字のイメージでとらえてない単語ばかりですね、
    シャカリキって空回りしているイメージでしょうか…

  2. KURI より:

    Akiさん
     私もそんなイメージです。そんな日本語が思ったよりたくさんあるなぁって。話し言葉を無理矢理あとから漢字をあてたんじゃないかと思うような言葉多い気がします。言葉を文字にするって大変だったろうなって思います。

  3. 匿名 より:

    今回もテーマもおもしろいですね。
    >「ガムシャラ」は、「我武者」と接尾語の「羅」が合わさった単語。
      ⇒勉強になりました。
    >「金剛力」は、金剛力士のような大力。
      ⇒なるほど・・・。お遍路さんの時、持って歩くのは金剛杖。これからお大師様のお力をいただけるのでしょうね。旅館に入る時はバケツの水で泥を落として、きれいなタオルで拭いて、部屋まで持っていく作法。床の間のあるお部屋は床の間に置く。パワーのもとなので、大事にするんですね。納得!!!

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
     金剛杖は、旅館ではそういった作法があるのですね。知りませんでした。どこかのお宅にお邪魔した時に、その金剛杖が床の間に飾ってあるのを見たことがあります。色々と腑に落ちます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

大文字山(山科・毘沙門堂裏・如意道・山頂・南禅寺・蹴上)

 この夏一番の猛暑。  京都中京区では38.7度を記録した日。  いつものマルさんと一緒に山科駅をスタートした。  山科駅から北上して、洛東高校脇を抜けて山科毘沙門堂。  青紅葉が美しいが、すでに気温 …

no image

嵐電で嵐山へ

 今日もいつもの友人と京都へ出掛けました。  まずは京阪に乗って太秦へ。「蚕の杜」と「広隆寺」を見て、国宝の弥勒菩薩も拝んでから、今度は嵐電に乗り換えて一路「嵐山」へ。  嵐電に乗るのはこれが初めてで …

no image

映画「ジャンパー」@地デジの民放

たまたまテレビをつけたら放映していたのでそのまま家内と長女と鑑賞。  テレポーテーション(瞬間移動)を身につけた若者と、それを追う組織との戦いを描く映画です。  自由に瞬間移動が出来るというのは、その …

no image

ラッキョウを漬けました

ラッキョウを漬けたのは、何年ぶりだろう? 覚えていないくらい前だと思う。 スーパーでたまたま目に入って、衝動的に購入。 最初にスーパーで見たときは、泥付きらっきょうと洗いらっきょうと両方あったが、 次 …

no image

塩揉み

 先日は塩揉みをせずに作りましたが、今回はきゅうりとナスを塩揉みして、ミョウガ、九条ネギ、味の素、醤油少々で味付けしてみました。竹輪はなしです。 あれはあれで、これはこれで美味しいです。どちらが美味し …