今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

先回り

投稿日:

 「先回り」という言葉に、懐かしさを覚えた。
 どうしてあの頃の自分は、あんなに急いていたのだろう?
 何に「間に合わない」と思っていたのだろう?
 不思議の国のアリスの白ウサギのように、
 雨の降る予報でもないのに傘を持ち、
 いつもちらちらと時計を気にしつつ、
 アリスとの会話もまともに出来ていない。
 あの頃の自分は、あの白ウサギのようだったかもしれない。
IMG_4913.jpeg
 ある日、私と息子がそれぞれの車で、ある場所に向かって走っていた。
 信号でギリギリ黄色になり、先を走る私は通過し、
 息子は停車した。
 しかし、先に目的地に到着したのは息子の車。
 咄嗟に「きっと、あっちの細い道で先回りしたんだよ」と妻に言う。
 近道も、細かったり、人通りが多かったりすると避けるようになった。
 極力リスクのない道を選ぶようになった。
 少し時間がかかっても、シンプルな道へ。
 ただでさえ、時の過ぎゆくのが早く感じる。
 心がのんびりしてきたのかなぁ?
 「先回り」と言う言葉に、
 なんとなく懐かしさを覚えた。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    急がば回れですね、事故りたくないし・・・

  2. KURI より:

    Akiさん
     ホントそれです。
     車幅感覚も、反射神経も、動体視力も自信がなくなってきたしなぁって感じです。それだけに、停止線きっちり止まって、スピード遵守になりました。

  3. カラス より:

    『先回り』というコトバを久しぶりに見聞きしたように思います。
    子供の頃であれば、別の近道を通り誰かを驚かそうとする程度のことかもしれない。
    オトナ社会であれば、先を見通し行動することだろうか。
    どちらも、それなりの意図があって行動するわけだから、エネルギーが要りますね。
    我々くらいの年齢以上になると、そのエネルギーの出し方が、若い頃と違って来るのかもしれません。

  4. KURI より:

    カラスさん
     こんにちは。そうそう、そう言う感じです。(^_^)
     近頃「先を越された」と焦る気持ちも悔しい気持ちもなくなってきたのも同じ感覚ですかねぇ。これを良しとするか、遺憾と思うか。「それもよし」って程度に思っています。
     

  5. 匿名 より:

    どんなに近くでも、助手席に乗って、安全確認係。
    マンション敷地から県道に出る市道が鬼門。
    スーパーが近くにあるので、お年寄りの自転車は左右の確認なく、直進。
    お年寄りの歩行者は道の真ん中をゆっくり歩く。
      ⇒クラクションを鳴らして、転びでもしたら大変なので、
       通り過ぎるのを待つ。
    おばさんやおじさんの一部は自転車で看板のかげから飛び出してくる。
    毎回、4つの目で確認しています。

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん
     義父母がそうでした。駅までのちょっとしたお迎えでも助手席に義母が乗ってアシスト。義祖母が生きていた時は後ろに義祖母も乗せて娘(妻)を送り迎え。
     私も徐々にそうなりつつあります。特に見えにくい夕方は助手席に乗ってもらうと安心します。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

巨鳥

 湖岸を歩いていて、時々出会うのがこんな大きめの鳥。  とても臆病で、近づくとすぐに逃げてしまいます。  そーっと近づいても、カメラを構えた瞬間に逃げてしまうことが多いのですが。  かなり望遠で狙った …

no image

カツカレーのこだわり

 妻と外食する時の90%はとんかつ定食。  悩んだ挙句に、結局とんかつ屋さんに入店する。  選ぶメニューは、これもあれこれ悩んだ挙句に  いつも「ロースとんかつ定食」になる。  とんかつが大好きなのだ …

no image

劇場映画「ONCE ダブリンの街角で」@滋賀会館シネマホール

 今日もいい映画に出会えました。  アイルランドのダブリンの街角でギターを抱えて自分の歌を唄う40代のストリートミュージシャン。女にフラれ、今は母の亡くなったあと父親の仕事を手伝いながらの父子二人暮ら …

no image

憂鬱

 「憂鬱」というのはどうしてこんなに難しい漢字を使うのだろう。  これだけ何回も見ている漢字なのに、今でも書けない。  これだけ大きくしてみても、まだ書ける気がしない。  意味は。  1、「鬱蒼(うっ …

no image

延暦寺最古のお堂は、元は三井寺の金堂だったと言う事実

↑延暦寺西塔の「釈迦堂」 広辞苑で「山」を引くと、 1番目に「平地よりも高く隆起した地塊。」とあるが、 2番目に、「特に比叡山(ひえいざん)、また、そこにある延暦寺(えんりゃくじ)の称。 とある。 ち …